日本国内の仮想通貨取引所の比較

国内の仮想通貨取引所を中心に、取扱通貨や手数料などの項目で比較します。

取扱通貨 最大レバレッジ ロスカット率 入金方法 追証 手数料
bitFlyer BTC, ETHなど
計5通貨
10倍 50% クレジットカード
銀行振込
クイック入金
コンビニ決済
あり 無料
coincheck BTC, ETHなど
計13通貨
5倍 50% クレジットカード
銀行振込
クイック入金
コンビニ決済
あり 無料
Zaif BTC, ETHなど
計11通貨
25倍 30% クレジットカード
銀行振込
クイック入金
コンビニ決済
なし – 0.01%
bitbank Trade BTCのみ
計1通貨
20倍 20% 銀行振込 なし 0.1%
BITPoint BTC, ETH
計2通貨
25倍 100% 銀行振込 なし 無料
BTCBOX BTC, LTCなど
計3通貨
3倍 110% 銀行振込 あり 無料
Kraken BTC, ETHなど
計14通貨
5倍 40% 銀行振込 あり maker 0.16%
taker 0.26%
みんなのBitCoin BTC, ETH
計2通貨
25倍 110% 銀行振込 あり 無料
GMOコイン BTC, ETHなど
計5通貨
25倍 75% 銀行振込
クイック入金
なし 無料

仮想通貨取引所の特徴

大手仮想通貨取引所のビットフライヤーはビットコイン取引については国内最大となっており、安定した経営が口座開設者を安定的に増やしています。
また、コインチェックは仮想通貨の取扱い数が多く、2017年5月に「リップル(Ripple)」や「NEM(ネム)」が大きく値上がりした場合には、大きな利益となり、口座開設者が急増した経験があります。

検討するべき3つのポイント

仮想通貨の取引所があり、各社とも特徴を出そうと日々企業努力しています。その中で、どこに注目して比較すべきかをまとめました。

取扱い通貨の種類が豊富さ

時価評価額が高い通貨がそろっている事が大切。ビットコインはもちろん、イーサリアムやライトコインといった有名どころが取引できるかはチェックしましょう。

システムの安定

特に国内最大手の取引所であるビットフライヤーは、GMOやSBIといった大手企業が出資している事で知られています。

取引所としての実績

仮想通貨のこれまでの取引高はコインチェックが1位、ビットフライヤーが2位となっています。取引高はほとんどの取引所で増加傾向になっているようです。

PAGE TOP