【2017年版】仮想通貨に投資するリスクとは?

仮想通貨、仮想通貨マイニング(採掘)に関してのブログやニュースなど最近よく目にします。最近流行にのっかり仮想通貨へ切り替える人も多いようです。
今回は一度足を止めて、「仮想通貨ってどんなリスクがあるんだっけ?」という点について今一度おさらいしてみましょう。

仮想通貨は既存通貨に取って代わる存在?

仮想通貨について見て聞いてきたことは、おそらく仮想通貨には「将来性がある!」という良い話ばかりだと思います。でもこの新しい通貨、いずれ既存通貨の「置き換え」になるのでしょうか?既存通貨と並行してそのうち「共存」していくのでしょうか?もしくは、これをデザインした人が一時的な流行として「高騰」させておいて、のちに「暴落」させる目的なのでしょうか?
占い師ではないので、この仮想通貨がどれだけの寿命がありどれだけ成功するのか予見は難しいですが、仮想通貨投資を始める前に、知っておくべきポイントをいくつかご紹介します。

実体のない通貨?

仮想通貨とは「デジタル通貨」です。「不換通貨(つまりは普通のお金)」として、例えばアメリカドルをビットコインに、ビットコインをイギリスポンドに、ビットコインを日本円に換金することができます。私たちが現金を別の通貨に両替する場合と大きく違うところは、「実物がない」というところです。1ビットコインの紙幣があるわけでもなく、ATMや銀行から引き出すこともできず、ポケットやお財布に入れることもありません。全てデジタル空間にある訳です。例えば近所のスーパーでビットコイン使いたいという場合には、今のところは、円などの「不換通貨」に換金しないといけません。

仮想通貨を換金しつつ利益を出す方法はいくつかありますが、一番簡単な方法は、まずは仮想通貨を円のような不換通貨を使って買います。そしてその仮想通貨の価値が上がった時に、その仮想通貨を円か他の不換通貨に売り、その差額が利益になるという訳です。そういった取引は「仮想通貨取引所」にて行う事ができます。日本国内では「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「Coincheck(コインチェック)」が有名どころですね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

価値の変動が大きい?

仮想通貨の長所は未来への「投機的投資」というところです。デジタルコインの相対的価値は時間ともに変動します。短期間でも長期間でも利益が見込まれるということになります。
仮想通貨のリスクは「投機的投資」なので動く金額も大きいというところ。そこを世界のハッカー達が狙っています。不正アクセスでホストに侵入して仮想通貨から利益を盗む機会を狙っています。実際に2016年に「The Dao」が何者かにハッキングされ約5000万(約50億円)ドルが流失しました。「The Dao」のハッキング事件により、「イーサリアム」の通貨「イーサ」も大暴落しました。このような事態は予測不可能であり、多くの投資家達を震え上がらせました。

ひと息ついて投資しましょう

仮想通貨の投資や取引は大きな儲けの可能性は高いです。しかし、激しい変動を目にしたり、マスコミ報道が騒ぎ出したり、お隣さんがいつ買っていつ売った方がいいとアドバイスを始めたら、ちょっと一息ついてみましょう。仮想通貨の投資や取引はまだ新しい市場です。相場の変動は激しく投資するにはとても魅力的ですが、新しい銘柄はかなり不安定なので、投資前はよく考えましょう。期待できる利益とそれに伴うリスクをよく検討して、自分にあった正しい判断をしてください。

ビットコインの購入はこちら
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【2017】金はビットコインの流れについてこれない?

  2. 【オーストラリア】ビットコインによるマネーロンダリング防止法

  3. 【オーストラリア】仮想通貨規制法案を導入

  4. 【ビットコイン】ビットコインゴールドの誕生により後退?

  5. 【ビットコイン】ETFの承認はされる?されない?

  6. 【ビットコイン】AmazonやAppleよりも”はるかに大きなアイデア”

  7. 【ロシア】政府が発行の仮想通貨「Cryptoruble」

  8. 【ベネズエラ】インフレにつきビットコインのブーム到来!?

  9. 【ビットコインカード】WirexとSBIがパートナーシップ

PAGE TOP