【2017】仮想通貨はこのハードウェアウォレットに保管

仮想通貨を安全に保管

現在、これまで以上に仮想通貨を安全安心に保管することが必要不可欠になっています。私たちは仮想通貨が普通に使われつつある時代を迎えており、仮想通貨への注目が増すと共に「盗まれる危険性」も増加しています。ハッカーは常に簡単に盗めそうな通貨を探しており、その魔の手に落ちないためにもよりいっそうの注意が必要です。
そのためには保有する仮想通貨をクリプトウォレットに保管する必要があります。クリプトウォレットとは、秘密鍵を保管する事によって仮想通貨の送金、受け取り、保管ができるようにするものです。
クリプトウォレットには以下の2種類があります。

  • ホットウォレット:オンライン上にあるウォレット
  • ペーパーウォレット:ビットコインを紙に印刷して保管する方法

まずはお試し
ビットコインを始めてみる!

ホットウォレットの問題点

ホットウォレットは取引に簡単に使う事ができますが、安全性に大きな問題があり、多額の仮想通貨をホットウォレットに保管することはお勧めできません。一方、ペーパーウォレットはとても安全です。もし多額の仮想通貨を保管する方法を探しているのであれば、絶対にペーパーウォレットを使うべきでしょう。しかしペーパーウォレットにも良い点ばかりではなく、やはり大きな問題があります。

ペーパーウォレットの問題点

ペーパーウォレットの主な問題点は、そこから直接、仮想通貨を使うことができない点です。ペーパーウォレットの中の仮想通貨を使う唯一の方法は、プライベートキーをホットウォレットに再インポートすることなのですが、そうすることによってそもそもペーパーウォレット使って用心していたことが台無しになってしまいます。いずれにせよプライベートキーをホットウォレットにインポートするのであれば、ペーパーウォレットを作る利点などあるのでしょうか。

ハードウェアウォレットを使おう

私達が求めているウォレットとは、ペーパーウォレットの安全性がありながら、同時に取引が非常に簡潔に行えるものです。仮想通貨を有害ソフトやハッカー達から守ってくれるでけでなく、仮想通貨の送金および受け取りをばかばかしいほどシンプルにしてくれるウォレットです。その全ての答えはハードウェアウォレットにあります。

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットとはプライベートキーを保管するフィジカルデバイスです。ハードウェアウォレットは普通の財布の様に実際に持ち運びができ、同時に使いたいときにいつでも使うことができます。USBケーブルがついており、取引をする際にはラップトップやデスクトップのコンピュータに差し込んで使います。

ハードウェアウォレットの長所

  • ペーパーウォレットなのでプライベートキーは安全です。キーはメインコントローラーの守られたエリアに保管されており、デバイス外に持ち出されることはありません。
  • スマートなデザインで簡単に持ち運びができます。
  • 取引が大変簡単に行えます。ウォレットを差し込み、指示に従うだけで取引を行えます。ウォレットのユーザーインターフェースは非常に使いやすくデザインされています。
  • 多くの場合、ソフトウェアはオープンソースなので、プライベートキーを安全に保つためにハードウェアウォレットの仕組みを知りたい際は、コード自体を簡単に見ることができます。
  • 万が一、ウォレットが悪人の手に渡ってしまったとしても、ウォレットは暗証番号で守られています。間違った暗証番号を3回入力すると、ウォレットは自動的にシャットダウンします。
  • なんらかの理由によりウォレットがシャットダウンした場合は、それぞれのウォレットについて来る復元用の詳細指示に従って、仮想通貨を取り戻すことができます。

ハードウェアウォレットの短所

  • フィジカルデバイスのため、傷ついたり壊れたりする可能性があります。
  • 全ての種類の仮想通貨をハードウェアウォレットに保管しておくことはできないかもしれません。Ledger Nanoはビットコイン、イーサリアム、ERC20や他のアルトコインをサポートしていますが、Trezorはビットコインとダッシュコイン(イーサリアムにコネクトした時)のみをサポートしています。
  • ハードウェアウォレットを買う時、無条件にそのウォレットを開発した会社を信用しなくてはなりません。もしその会社が何らかの理由で危うくなった時、全ての仮想通貨を失う危機に直面する事になります。
  • ウォレットを配達する会社も無条件に信用しなければなりません。新しいウォレットを入手する代わりに、中古の誰かが使ったウォレットを入手する可能性はあります。(中古のウォレットの使用は絶対にしてはいけない事です!)

どのハードウェアウォレットを使うべき?

現時点では、市場を支配しているのは以下の2つのハードウェアウォレットです。

  • Trezor
  • Ledger Nano S
Trezor

ビットコインウォレットTREZOR

TREZOR

¥11,480

世界でも標準的に使用されているハードウェア型のビットコインウォレットです。

商品詳細
ビットコインウォレットTREZOR

www.amazon.co.jp
商品詳細

Trezor はプラハの会社で、これまででもっと簡単で便利なハードウェアウォレットを創り出しました。使い方は驚くほどシンプルで、スマートなデザインは心地よく持ち運ぶことができます。TrezorはWindows、Mac OS X、Linuxと互換性があります。使い方は単にラップトップのUSBドライブに挿入し、選んだインターフェースに接続するだけです。
Trezorを使えるインターフェースは以下の3つです。

  • My Trezor
  • Multibit
  • Electrum

My TrezorとMultibitはビットコインのみが使えますが、Electrumではビットコインとダッシュコインが使えます。
暗証番号は各取引ごとにランダムに生成されます。これにより仮想通貨の安全性をよりいっそう高めてくれます。悪意のある目的でアクティビティを記録するキーロガーがコンピュータにある場合でも、暗証番号は毎回変わるため、ウォレットにアクセスすることはできません。
暗証番号を入力後、本人のみが知っているパスフレーズを入力しなければなりません。それが終わったら、ウォレット全てにアクセスでき、いつでも資金を送金、受け取りすることができます。本当に簡単ですよね。

Ledger Nano S

Ledger Nano S

Ledger

¥8,412

その安全性を妥協することなしに、他社製品に比較して軽量且つ安価であることが特徴です。

商品詳細
Ledger Nano S

www.amazon.co.jp
商品詳細

Ledgerはパリの会社で、その素晴らしいNano S ハードウェアウォレットにより、仮想通貨の世界で旋風を巻き起こしています。Nano S はデータをスマートカードに蓄え、有害ソフトやハッカーから守ります。使い方は単純でラップトップに差し込むだけです。Ledger Nanoで使えるインターフェースは以下のものです。

  • Mycelium
  • Electrum
  • Green Address
  • Greenbits
  • CoinKite
  • Copay
  • MyEtherWallet

Trezorとは異なり、Ledgerはビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、その他のアルトコインおよびイーサリアムトークンを取り扱う事ができます。

まとめ

もし仮想通貨を長年(そしてたくさん)使っている人であれば、言うまでもなくハードウェアウォレットを持つ必要があります。資金を安全に保つだけではなく、取引を非常にシンプルにしてくれるのもミソですね。

まずはお試し
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【2017】ロンドンで仮想通貨でのビジネスプラットフォーム

  2. 【フィリピン】中央銀行「ビットコインは簡便で素早い」

  3. ブロクチェーン投資で抜きん出るSBIとGoogle

  4. ビットコインの価格に影響を与える要因ってどんなこと?

  5. 【ビットコイン】逆境を乗り越え活況&各国政府が仮想通貨発行?

  6. 【ビットコイン】政府の監視VS仮想通貨の匿名性

  7. 【2017ビットコイン】韓国でオフライン取引が人気

  8. JPモルガンCEO「もうビットコインについては何も話さない」

  9. ビットコインのおすすめ取引所はココ!

PAGE TOP