【IMF専務理事】「仮想通貨は銀行に取って代わるだろう」

IMFの専務理事であるクリスティーヌ・ラガルドは、ビットコインやその他の仮想通貨が、仲介業者や第三者サービスの必要性を排除することにより、銀行および既存の金融システムに取って代わることになるだろうと確信していると述べました。

クリスティーヌ・ラガルド

仮想通貨は「技術的な挑戦」

経済教育財団(FEE)よりシェアされた調査書によると、ラガルドは「現時点において、ビットコインといった仮想通貨は不換紙幣や中央銀行の現存する秩序に対して少しも、または全く難題をもたらしません。これは何故でしょうか?なぜならそれらは不安定過ぎるし、リスクが高く、根底にある技術の規模を現段階では拡大できないからです。その多くは監査機関にとって不透明であり、あるものはハッキングされました」
「しかしこれらの大半は時間の経過と共に乗り越えられる技術的挑戦ということができるでしょう。少し前に、ある専門家はパーソナルコンピューターは採用されるべきでなく、タブレットは高価なコーヒートレイとしてのみ用いられることになると論じていました。そのようなわけで、仮想通貨を退けるのは賢明でないと私は感じます」と書いています。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

仮想通貨が支配する未来

ラガルドが強調したように、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨の大半は、その根底にある規模の拡大に関する問題を解決するのに奮闘しています。以前に、イーサリアムの共同設立者であるヴィタリック・ブリテンは、韓国の中央日報とのインタビューにおいて、「公共分散型ネットワークが2レイヤーおよびオンチェーンスケーラビリティのソリューションを基準化するには2~5年かかるだろう」と述べています。
しかしながら、一度ビットコインが何百もの取引が毎秒成立するキャパシティに対応できた場合において、ビットコインの非集中的な性質は、一般コンシューマーへ国際銀行インフラストラクチャーに取って代わる、より効率的で、しっかりしていて、安全で、コスト率が高い金融ネットワークを提供することができるとラガルドは説明しています。
さらにラガルドは、ビットコインと仮想通貨の採用が、中央銀行や有数の金融機関の権力低下をもたらすことになると述べています。中央銀行や地元の金融機構が財産を操作することができなくなるため、不換紙幣はもはや価値を持たなくなるのです。


「現在の中央銀行は公認ディーラー、または大手の銀行を通じて財産価値に一般的に影響を与え、それに固定された額で流動性を付与しますが、これは一般的に公開市場操作と呼ばれているものです。しかしこれらの銀行が新しい金融世界においてより低い関連性を持つことになり、さらに中央銀行預金残高への要求がなくなるとしたら、金融政策の波及は効果的であり続けるのでしょうか?」とラガルドは続けます。

数年後の世界は・・・・?

既にビットコインコア開発チームの基準化およびトランザクションマレアビリティー解決策Segragated Witness(SegWit)を通じて、ビットコインは取引とブロックのサイズを縮小することである程度まで基準化することができるのです。さらに、ゴールドマンサックスやフィデリティーといった数十億規模の金融機関が、仮想通貨トレーディング業務やマイニングを含む投機的企業を立ち上げることで、人気が上昇中の仮想通貨に取り組み始めたほど、ビットコインと仮想通貨市場への要求は高まっています。

今後数年間において、適切な基準化解決策および二層基準化プラットフォームの統合化を通じて、ビットコインは金融混乱の最前線においてその立場を確立し、銀行や金融機関と拮抗する世界金融システムへ進化することになるでしょう。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【韓国】IMFの改革要請後にビットコインの監視を強化

  2. ビットコインをビジネスに導入すべき?

  3. ビットコインの価格に影響を与える要因ってどんなこと?

  4. 【インド】ビットコインのニーズが上昇中!?

  5. 【ビットコイン】ビットコインゴールドの誕生により後退?

  6. 【ビットコイン】リー氏の予想「2万5千ドルの価値になる」

  7. 【MUFGコイン】日本最大の銀行の仮想通貨

  8. 【Stayawhile】「ビットコインで家賃が払えます」

  9. 【ビットコイン】途上国には欠かせない存在に?

PAGE TOP