【2017】日本はビットコイン受け入れの最前線へ

新技術の受け入れに寛容な日本

安倍晋三首相は2013年、日本経済の停滞を克服する計画を立てました。
現在も進行中のその計画「アベノミクス」は、日本経済にとっていくつかの独特な意味を持っています。一つ興味深いことは、幹細胞療法と幹細胞治療研究に対する国の意向です。研究資金と才能ある人材を集める事を目的とした法案が通され、そしてそれは機能しました。
倫理や幹細胞治療研究について、他の国々(例えばアメリカのような)では規制が勢いづいている一方で、日本はオープンで進歩的な立場を取っています。その結果、数十億ドルの資本が日本経済に流入し、安倍総裁の刺激策に重要な役割を果たしました。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

日本におけるビットコイン

では、これがビットコインと何か関係しているのでしょうか? 

過去12ヶ月間、主に過去数週間に渡って、いくつかの重要な動きが日本から生まれました。 この動きは、幹細胞治療などの議論の余地のある医療研究の分野に対してと同様に、政府が仮想通貨に対してオープンであることを示しています。
最近のニュースとしては、発電から電力供給までを全国へ行う「リミックスポイント」という会社が、ビットコインによる支払いの方法として採用しており、更にはビットコインで支払う顧客へ割引を適用しています。 

リミックスポイントはBITPointという子会社を持っています。BITPointは仮想通貨の取引所であり、支払いサービスプロバイダであり、ビットコインでの支払いはBITPointによって処理されます。 

まとめ

ビットコインでの公共料金の支払いは、まったく新しい物という訳ではありませんが、リミックスポイントのような規模の企業がビットコインでの支払いにインセンティブを与えるというのは、まさにビットコインの長期的な受け入れを推し進める要因になるでしょう。 

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ビットコイン先進国】スイスで仮想通貨の普及が進行中

  2. イーサリアムでのスマートコントラクトを始めるためのガイド

  3. 【ノボグラッツ氏の予想】ビットコインは1万ドルへ

  4. 【ゴールドマンサックスが比較】仮想通貨vs金?

  5. 【サトシ・ナカモト】Forbesの富裕層リストに載るかも?

  6. 【ビットコイン】AmazonやAppleよりも”はるかに大きなアイデア”

  7. 【2017年版:ICOとは何か?】新しい投資のカタチ

  8. 【2017年版】ICOのキホンの「キ」をおさらい!

  9. 【多額の利益!?】スウェーデン政府がビットコインを売却

PAGE TOP