ビットコインをビジネスに導入すべき?

多くのビジネスマンが抱えている疑問に、次のようなものがあるでしょう。「ビットコインを使うべきか?今のビジネスに適合するんだろうか?」

今日ビットコインは、どこにでも見られるようになりました。仮想通貨については、まだ人々は懐疑的で、同時に規制の強化を試みる流れがあるにも関わらず、多くの業界で商品やサービスの支払いに使われています。
海外も含めれば、マイクロソフト、ディッシュネットワーク、ホールフーズ、サブウェイやオーバーストックドットコムといった巨大企業でさえもビットコインでの支払いを認めています。
では、ここで最初の疑問に戻ります。ビットコインはあなたのビジネスにも取り入れるべきなのでしょうか?ビットコインの採掘サービスを提供するジェネシスマイニングの専門家は、Yes、と言っています。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

より多くの顧客獲得

これはビジネスの基本ですが、支払いにおいてより多くの種類の通貨を承認する事で、より多くのお金を得る事ができます。アメリカドルやユーロを拒まないのと同様に。もし、あなたがより会社をグローバルに発展させたいなら、よりデジタル化を加速させるべきでしょう。そのような観点から、ビットコインは、他の通貨と相違はありません。あなたが潜在顧客を排除すべき理由はないでしょう。

よりシンプルな支払い

グローバルビジネスにおける最大の難点は、国際取引における多額の決済手数料の支払いが発生することです。ビットコインはそのような手数料を圧倒的に削減します。なぜなら、仮想通貨というのは取引国や取引銀行という概念がないからです。これは同時に、外国送金の承認手続きの省略やそれに係る税金等のコスト削減を可能とすることを意味します。

セキュリティが鍵

近年、信用調査機関でさえ、個人情報の取り扱いを安全に行っているのか疑問がある中で、不正やデータ改ざん等のリスクに対して消費者は懸念しています。ビットコインによる支払いを認めることで、銀行システムの脆弱性に依存しない、よりセキュアな代金決済を可能とします。また、ビットコインウォレットサービスを通して、より簡便な支払いも可能となります。
まとめ
ビットコインは、ソーシャルメディアによる単なる流行ではなく、支払方法における最善の策として高い関心を集めています。「もし仮想通貨を無視し続けるならば、ビジネスをやっていけなくなる可能性さえある」と主張する専門家もいます。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ポーカーのサイトが60以上の仮想通貨の取扱を開始予定

  2. 【Ripple社CEO】「ICO規制は歓迎すべきこと」と発言

  3. 【2017】日本はビットコイン受け入れの最前線へ

  4. JPモルガンCEO「もうビットコインについては何も話さない」

  5. ブロクチェーン投資で抜きん出るSBIとGoogle

  6. 【ビットコイン創始者】「サトシ・ナカモト」の謎

  7. 【コインベース】バグ・バウンティ・プログラムとは?

  8. 【ロシア】政府が発行の仮想通貨「Cryptoruble」

  9. 【2017】バヌアツがビットコインによる市民権獲得を承認

PAGE TOP