ビットコインが過去最高値を更新できた5つの理由とは?

最終更新日:2017.10.26


10月12日、仮想通貨ビットコインが、痛烈な批判、特にJPモルガン・チェースのCEOジェイミー・ダイモンから「詐欺」呼ばわりされたにも関わらず過去最高値を記録し、勝利を収めました。なぜここまでこの仮想通貨が復活したのか、明らかな理由ははっきりしていませんが、投資家達が最高値を前もって想定していたと考えられる理由を5つご紹介します。

1. ビットコインのハードフォークへの期待

ビットコインをハードフォーク(分裂)させて、2つのナンバーワン仮想通貨を作り上げるという動きに投資家達がかなり期待、これによって仮装通貨の価値を上げる事になると期待しました。

2. 中国の規制緩和への期待

CryptoCompareのCEOチャールズ・ハイター氏は中国当局が仮想通貨の規制を緩和する可能性が高いと予測しました。先月北京ではビットコイン取引を停止したばかりでした。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

3. Amazon.comがビットコイン決済開始?

投資サイトSeeking Alphaによると大手通販会社Amazon.comがビットコインでの決済開始を四半期決算の発表の日10月26日に同時に公表するという噂が流れています。


4. 投資家心理

実際の通貨の為替相場が動くニュースを聞くと、投資者たちは気にせずには入られません。そうした投資者達の投資に対する依存がビットコインやその他の仮想通貨を上昇させていくのです。もちろんバブルの兆候は常に見え隠れするので心配が尽きない、というところが大変ではありますが。

5.ウォール街のベテランの期待

ウォール街のベテランのフォートレス・インベストメントの創立者の一人であるマイケル・ノボグラッツ氏は仮想通貨に500ミリオンドル(約500億円)投資し始め、CNBCの最近のインタビューではビットコインは次の6〜10ヶ月以内に1万ドルまで上がることになるだろう、と答えました。

ゴールドマン・サックスもビットコイン参入を検討しているそうです。そうなれば、ビットコインやそのライバルであるイーサリアムの新しいプラットフォームになるでしょう。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【中国】ICO・仮想通貨は地下取引へ?規制の解除されるか?

  2. 【2017】日本はビットコイン受け入れの最前線へ

  3. 【韓国】IMFの改革要請後にビットコインの監視を強化

  4. 【韓国】”ビットコイン投資”を謳った詐欺を警察が捜査

  5. ブロクチェーン投資で抜きん出るSBIとGoogle

  6. 【ロシア】政府が発行の仮想通貨「Cryptoruble」

  7. 【UpBit】カカオとBittrexが仮想通貨取引所を開設

  8. 【ビットコインカード】WirexとSBIがパートナーシップ

  9. 【WindingTree】ブロックチェーンで旅行を安く!

PAGE TOP