【ビットコイン】オーストラリアで盛り上がりを見せる

ビットコインとオーストラリア

オーストラリアはビットコインを大歓迎?

オーストラリアではビットコインの勢いがおさまりません。
中国当局によるICO(イニシャル・コイン・オファリング)の禁止、ロシア当局によるビットコインの規制、差し迫るビットコイン分裂情報などがあったばかりの状況下で、今回の価格上昇が発生しました。

ブロックチェーンイノベーションと最近の価格上昇が多くの投資家の間で広く受け入れられたことで、今回の価格上昇が起こったと考えられます。地元の両替所では、毎日オーストラリアドルを仮想通貨に両替えにくる新規のお客さんが目立つと話しています。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

次々に誕生する投資家

シドニーのビットコイン取引所Independent Reserveの最高責任者Adrian Przelozny氏によると「毎日100から200人ほどの新規投資家がここを訪れます。ビットコインに対する規制がオーストラリアではしっかりしているので、みんな安心してビットコインに投資を始めています。いろんな違ったタイプの人達がやってくるので、世界のトレンドなんだと実感します。通常口座開設には2万ドルから5万ドル、法人だと400万ドルから始めるところも」とのことです。

ビットコインが金融業に組み込まれたのはオーストラリア当局だけではなく、日本でも金融庁により、11の仮想通貨取引所のライセンスが認められました。中国のICO禁止が発表された後ですが、日本と韓国ではここ最近、ビットコイン取引のボリュームが増えています。

シェアは日本が1位

中国国内ではビットコインが3000ドルまで下落したと「バブル崩壊」ニュースを流しましたが、日本と韓国では強気な回復が見られました。Crypto Compareによるとビットコイン出来高では現在日本円がトップ、58%のシェアを持つ最も大きな市場となっているそうです。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【2018年には1兆ドル?】ビットコイン・仮想通貨の未来

  2. 【Apple共同創業者】「ビットコインは金やドルよりも優れている」

  3. 【ビットコイン】途上国には欠かせない存在に?

  4. 【2017年版】ICOのキホンの「キ」をおさらい!

  5. 【2017】バヌアツがビットコインによる市民権獲得を承認

  6. 【2017】金はビットコインの流れについてこれない?

  7. 【ビットコイン】時価総額がAppleを超えるかも?

  8. 【ビットコイン】受け入れの進む次の国々はここ!

  9. 【ビットコイン】規制はされるけど禁止されないのはなぜ?

PAGE TOP