【2017】「なぜビットコインを買った?」と詰め寄る銀行

なぜビットコインを購入した?

アメリカのPNC銀行が、とある預金者に「なぜビットコインを購入したか教えろ、さもなくばあなたの口座を閉鎖する」と脅したと報じられました。この銀行は「ビットコインとは関係を持ちたがっていない」とされている銀行とのこと。
この話題は仮想通貨の投資家の間でソーシャルメディアを介して大きな話題となっています。この預金者によると、「PNC銀行とは15年来の付き合いなのに、突然銀行から口座に異常な動きがあったと連絡があったんです。そしてなぜCoinbase(コインベース)や Xapo(ザポ)からビットコインを買ったか、何の目的でビットコインを買ったのか、と答えるように要求してきて、それを拒むと口座を強制的に閉鎖すると脅されたんです」とのこと。それでも答えなかったその預金者に対して、「実はセキュリティチームから、あなたとの契約を打ち切るよう打診されている」と口にしたそうです。


イノベーションにいざこざはつきもの?

これは仮想通貨と銀行の奇妙な関係を表しているように思えます。このように預金者の口座を銀行側が突然閉鎖するのはアメリカだけなく、ヨーロッパでも起こっていて、イギリスのバークレイズ銀行は特に行き過ぎた措置をとることで有名になりつつあります。

銀行のビットコインに対する措置や銀行の古い権威主義はJPモルガン・チェースのCEOジェイミー・ダイモンがビットコインは「詐欺」だと主張した話も含めて、仮想通貨の投資家たちから冷笑されています。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ビットコイン】AmazonやAppleよりも”はるかに大きなアイデア”

  2. 【ビットコイン】ETFの承認はされる?されない?

  3. 【ビットコイン】現金にとって代わる可能性はある?

  4. 【2018年には1兆ドル?】ビットコイン・仮想通貨の未来

  5. 【2017年版】ICOのキホンの「キ」をおさらい!

  6. 【ビットコイン】オーストラリアで盛り上がりを見せる

  7. 【ビットコイン】リー氏の予想「2万5千ドルの価値になる」

  8. 【ロンドン】ビットコインでしか買えない家!?

  9. 【2017】Ledgerがインテルとパートナーシップ

PAGE TOP