ポーカーのサイトが60以上の仮想通貨の取扱を開始予定

アメリカンカードルーム(ACR)の子会社ウィニングポーカーネットワーク(WPN)は、ビットコインを通貨として2014年に使い始め、以来オンラインポーカーで最も大規模な仮想通貨の支持組織でした。
そしてこの度、ACRは近いうちに60種類以上の仮想通貨の取り扱いを始めるところで、多岐にわたるデジタル支払の受付が可能な初めてのポーカーサイトになります。ACRの目標は、多くの種類の仮想通貨を預託、使用が可能なだけでなく、仮想通貨の引き出しも可能にする事です。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

ACRのスポークスマンによると、今のところビットコインについて多くの意見をプレーヤーから受け取っていて、大抵は伝統的な法定通貨よりも処理が速いことや、手数料が安いことなどについてだという事です。
「こういった肯定的な反応を踏まえると、この支払処理方法を拡大することが理にかなっているでしょう。とはいえ、私たちは仮想通貨の専門家ではないので、特定の通貨を他より薦める事はしません」
ACRはユーザーがポーカーをするために仮想通貨に両替することに注意をうながしています。
というのも2014年にビットコインを利用できたポーカーサイトの多くはもはや存在していないからです。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ビットコインカード】WirexとSBIがパートナーシップ

  2. 【2018年には1兆ドル?】ビットコイン・仮想通貨の未来

  3. 【多額の利益!?】スウェーデン政府がビットコインを売却

  4. 【2017年版】仮想通貨に投資するリスクとは?

  5. ビットコインのETF(上場投資信託)は進むか?

  6. 【2017】金はビットコインの流れについてこれない?

  7. 【ビットコイン】時価総額がAppleを超えるかも?

  8. 【ビットコイン】規制はされるけど禁止されないのはなぜ?

  9. 【WindingTree】ブロックチェーンで旅行を安く!

PAGE TOP