【ビットコイン】受け入れの進む次の国々はここ!

その受け入れが続く限り、ビットコインは歴史上のおなじみのパターンをたどるでしょう。
北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの第一世界の人口が多い国々は、ビットコインのフィーバーを最初にキャッチし、市場を確立し、最初に規制をしました。こういった国々での早期のビットコイン取引は基本的に制限が泣く、証拠金取引やハイレバレッジなどができましたが、多くの信用貨幣がビットコインにどんどん流入したため、政府と中央銀行は線引きを始めた訳です。最近では、韓国での「これ以上はほっとけない!」という厳しい規制がしかれた事例を、市場は目の当たりにしました。
中国の事例をみると、その時点までは仮想通貨市場で多大な投機的影響力を持っていたICOと非課税取引を制限する事が決定されました。しかしながら、世界各国での受け入れと規制の増大にかかわらず、ビットコインはいつも新たな「開拓地」を見つけ出します。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

バーレーン

バーレーンは産油国として以外で名を上げたいと望んでいるようです。バーレーンはブロックチェーンテクノロジーの採用において素早い動きを見せており、ビットコインに関しても有利な立場にいます。経済開発庁の最高責任者カリッド・アル・ルマイリは、バーレーンの財務大臣と「この分野のパイオニア」になるべく働いています。彼らはこの地域の公的取引とその他のインフラのための健全な収益体制を確立するために、サウジアラビアや近隣諸国に共同事業を提案しているところです。

スウェーデン

スウェーデンはこと財政に関しては革新的です。今日、この国の6つのうち5つの主要銀行は現金での運営がされておらず、スウェーデン人の大多数がすべての買い物に銀行のカードを使っています。「最初の現金を持たない文明」になることを目指しており、ビットコインがその役割の一端を担うと見ています。
デジタル財政システムの最も大きな問題はプライバシーだと人々は考えていますが、ビットコインはこのニーズにマッチし、他の決済手段よりも優れた匿名性が確保されているのです。

シンガポール

シンガポールフィンテック協会は、中東やその他の国との仮想通貨ネットワークを作るために活動する組織です。
このフィンテックのリーダーは協調的フィンテック環境を確立し、「シンガポールを通じて中東とアジア市場の新興企業間の交流増加の道筋をつける」ため、UAE、アブダビ、バーレーンなどと契約を結んでいます。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ビットコイン】現金にとって代わる可能性はある?

  2. 【ビットコイン】オーストラリアで盛り上がりを見せる

  3. 【2018年には1兆ドル?】ビットコイン・仮想通貨の未来

  4. 【ビットコインvs金】優秀な資産はどっち?特徴を比較してみた!

  5. 【2017年版】あなたが死んだら仮想通貨はどうなる?

  6. 【イーサリアム】メトロポリスのアップデート初期段階を延期

  7. ビットコインのおすすめ取引所はココ!

  8. 【Apple共同創業者】「ビットコインは金やドルよりも優れている」

  9. 【2017】日本はビットコイン受け入れの最前線へ

PAGE TOP