【インド】ビットコインのニーズが上昇中!?

昨年、インド連邦共和国は一夜にして、流通する85%の貨幣の使用を禁止しました。不正に使われているとされる「闇紙幣」に対処する方法として、政府の政策立案者たちはインドルピー(INR)の価値の回復が課題でした。そして国民は、法定通貨の代替案を模索し始めました。

インドの現金戦争

インドは世界最大の民主主義国家で、10億人以上の人口を抱え、政府は数多くの問題を解決するためにいつだって苦労しています。そしてこれは金融政策において特に当てはまります。
ある日、これまで合法だった500と1000インドルピー紙幣が使えなくなりました。インドの人々は銀行に押し寄せ、残されている(かもしれない)個人資産を取り戻そうとしました。
アメリカで例えるなら、10と20ドル紙幣が使えなくなる事に相当するかもしれません。

まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

インドで広がるビットコイン

インドでも世界の他の国々と同様の理由で、ビットコインが急騰しています。
Unocoinといったビットコインウォレットは増大する需要に合わせて成長しました。ザブペイやコインセキュアなどの取引所は、インドルピーをビットコインに換える手段として受け入れられています。
インドの人々はテクノロジーに長けており仮想通貨にも興味を示していますが、この巨大な国の政府のある部署は官民共同体である「Start-Up India」を立ち上げました。これはいわばビジネス保育器のようなもので、確立していないビジネスに対してお墨付きを与えるような役割をするそうです。


まずはお試し!
ビットコインを始めてみる!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ビットコイン】政府の監視VS仮想通貨の匿名性

  2. 【WindingTree】ブロックチェーンで旅行を安く!

  3. 【2017】ゴールドマンサックス、ビットコインに興味あり

  4. ビットコインのETF(上場投資信託)は進むか?

  5. 【ロシア】ビットコインの大物がアフリカへ進出

  6. 【サトシ・ナカモト】Forbesの富裕層リストに載るかも?

  7. 【ノボグラッツ氏の予想】ビットコインは1万ドルへ

  8. KYCブロックチェーンスタートアップが160万ドル調達

  9. 【中国】ICO・仮想通貨は地下取引へ?規制の解除されるか?

PAGE TOP