【StarJets】ビットコインが使える航空会社

スタージェット・インターナショナル(Star Jets International LLC)はプライベートジェットの支払い方法としてビットコインを認めました。この会社はアドバンスド・ディフェンス・テクノロジー社(Advanced Defense Technologies, Inc)の完全子会社で、顧客は国内では5000台、世界中では約15,000台が利用可能です。ビットコイン決済を可能にしたこの会社は、企業としての新たな可能性と顧客層を開拓したと言えるかもしれません。


ビットコインを始めよう!
ここからスタート!

先進的な航空会社へ

スタージェットのCEOリッキー・シトマー氏はビットコインは広く採用される支払い方法になってきていて、彼の会社も乗り遅れる訳にはいかなかったと述べました。「ビットコインは今後ますます採用される支払い方法となっています。私たちはその決済方法を通じた柔軟性を。顧客に提供したいと思っています。」
この会社はまた、株式の「ストップサイン」の廃止を決めました。そのアクションの1ステップとして、会社の名称をStar Jets International, Incへ変更しました。ビットコインでの支払いを受け付ける事と同様に、こういった変更は、この会社が利益の増大とデジタル時代での競争力を保つ方向へ舵を切った事を示していると言えるでしょう。

航空業界のビットコイン受け入れは進む?

概して、ビットコインの取り扱いをスタートする航空会社大手は多くありません。
とはいえ、業界の雰囲気は変わってきています。去る5月には、日本のピーチ航空はビットコインの取り扱いを始め、bitcoin.comがこの件について記事を書いています。
「去る4月に政府が支払い方法としてデジタル通貨を合法化してから、ビットコインは日本で知名度と取引量が急増しています。現在、日本で最大の格安航空会社ピーチ航空は航空券の支払いにビットコインの取り扱う日本で最初の航空会社になる事を発表しました」
プライベートジェットの企業としては、スタージェットはビットコインを取り扱う数少ない会社の1つです。
それよりも前には、イギリスのプライベートフライ社も取り扱いを始めています。上手くいけば、より多くの航空会社がデジタル通貨の取り扱いスタートする事となるでしょう。

あなたもビットコインで
世界中を旅しよう!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. KYCブロックチェーンスタートアップが160万ドル調達

  2. 【ゴールドマンサックスが比較】仮想通貨vs金?

  3. ポーカーのサイトが60以上の仮想通貨の取扱を開始予定

  4. 【Apple共同創業者】「ビットコインは金やドルよりも優れている」

  5. イーサリアムでのスマートコントラクトを始めるためのガイド

  6. 【ブラジル】中央銀行総裁「ビットコインはバブル」

  7. 【2017年版】あなたが死んだら仮想通貨はどうなる?

  8. 【IMF専務理事】「仮想通貨は銀行に取って代わるだろう」

  9. 【ビットコイン】現金にとって代わる可能性はある?

PAGE TOP