【ビットコイン先進国】スイスで仮想通貨の普及が進行中

ビットコインの普及が進むスイス

一部の国々でビットコインを禁止したり、規制を通じて仮想通貨の使用を制限したりする中で、スイスは、それを歓迎しているようです。今年7月にスイス金融市場監査局Finmaは、チューリッヒを拠点とするファルコン銀行にビットコイン資産管理会社の設立許可を与えました。
また、スイスのツーク州は仮想通貨の規制が緩く、フィンテックイノベーションのエコシステムの発展都市として有名になっています。同時にスイスはICOの震源地としても名が知れています。この国では仮想通貨が主要な決済シーンに組み込まれています。例えば、キアッソの市民は、税金をビットコインで支払うことができ、国の交通機関の運賃もデジタル通貨での支払いを認めています。

ビットコインを始めよう!
ここからスタート!

とはいえ政府は放置はしない

スイス人の多くはビットコインに親しんでおり、仮想通貨は金融機関におけるプライバシールールを変えました。金融システムの守秘義務において、この数十年でこのアルプスの国はプライベートバンキングのオフショア拠点としてのリーダーの地位を確立しています。
しかし、政府は常にバランスを保つように努めなければならないのも事実。近年、2008年の金融危機の時と同様、税回避を行う企業や個人に対し、金融機関を通じてより透明性を増すようにプレッシャーがかけられているといった数多くの報告があります。OECDは、税務目的のための共通報告基準を定めた自動的情報交換法を公布しました。スイスは、来年から38カ国に対して財務情報と顧客取引をシェアすることを予定しています。

ビットコインで便利になる生活

仮想通貨やブロックチェーン産業が始まった当初、国はフィンテック業界におけるリーダーシップを発揮していました。リサーチファームであるガートナーによると、ブロックチェーンの価値は2025年までに1億7千ドル以上にものぼるといわれています。ビットコインのような仮想通貨による公共サービスのエコシステムは、スイス政府のオペレーションの手助けとなり、フィンテックイノベーションハブとしてのマーケットポジションを築き上げるでしょう。例えば、仮想通貨都市であるツーク州は、既にイーサリアムブロックチェーンによるデジタル認証プロジェクトを始めています。

ビットコインを始めよう!
ここからスタート!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【McAfee×ビットコイン】マカフィー氏の挑戦

  2. 【2017年10月】仮想通貨の取引所ランキング!ビットコインをどこでどう買う?

  3. 【億万長者談】冒険者は財産の10%をビットコインに投資すべし

  4. 【2017ビットコイン】韓国でオフライン取引が人気

  5. 【ビットコインvs金】優秀な資産はどっち?特徴を比較してみた!

  6. 【ビットコイン】次の主要な市場はロシアとなるか?

  7. 【オーストラリア】ソーラースタートアップがICOで3400万AUDを調達

  8. 【シンガポール】ビットコイン規制の予定は今のところ無し

  9. 【ビットコイン】途上国には欠かせない存在に?

PAGE TOP