【McAfee×ビットコイン】マカフィー氏の挑戦

昨年、サイバーセキュリティのレジェンドであるジョン・マカフィー氏は、サイバーセキュリティ企業としてのリブランディングを図ったMGTキャピタルインベストメントを率いることで、彼のネームバリューとブランドの再活性化に取り組みました。
マカフィー氏は「センチネル」と呼ばれるサイバーセキュリティネットワークに着手することを公表し、市場はその動向を見守っています。この製品は、マカフィーが市場に返り咲くという目標をいかに達成するかを目撃する機会を、投資家にもたらしていると言えるでしょう。

ビットコインを始めよう!
ここからスタート!

ビットコインの推進者としてのマカフィー氏

マカフィー氏は過去12ヶ月の間に、ビットコイン及び仮想通貨のマーケットリーダーのポジションを築く事に時間を費やしました。ワシントンではアメリカ国内最大級のビットコインのマイニング機関を立ち上げました。その機関は、ビットコインの資産価値の上昇にあわせて、進化しています。

彼は既にサイバーセキュリティで一時代を築いた人間ですが、仮想通貨の推進者として自身のリブランディングを行おうとしています。推測するに、彼が着手することを決めた背景としては、最先端の技術を取り込むことと、彼自身のポジションを以前の成功者としての地位以上に押し上げることを目的としている、と見る事ができるのではないでしょうか。
SECはウィンクルボス兄弟がビットコインによるETFを立ち上げる事を阻止しましたが、マカフィー氏のMGTによるビットコインマイニングは止められないだろうと言われています。

ビットコインを始めよう!
ここからスタート!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【2017年版】ICOのキホンの「キ」をおさらい!

  2. ブロクチェーン投資で抜きん出るSBIとGoogle

  3. 【香港】仮想通貨取引ができるスペースがオープン!

  4. 【2017】銀行のビットコイン受け入れが進む!?

  5. 【SAAVcoin】ICO:サーヴコインの概要&WhitePaper

  6. 【ブラジル】中央銀行総裁「ビットコインはバブル」

  7. 【ビットコイン】政府の監視VS仮想通貨の匿名性

  8. 【ビットコイン】ビットコインゴールドの誕生により後退?

  9. 【2017年版:ICOとは何か?】新しい投資のカタチ

PAGE TOP