【2018年には1兆ドル?】ビットコイン・仮想通貨の未来

2017年ICOは人類の進歩?

ほとんどの人々が仮想通貨、ビットコイン、ブロックチェーン、特にICOについて今何が起こっているのか理解していない現状がありますが、興味を持っていたとしても、まだまだその可能性を甘く見ている人が多いと思われます。
多くの人々が2017年のICOによる20億ドル以上の資金調達に舞い上がっており、これこそが人類最大の進歩の瞬間だと考えている人も多く見受けられます。本当にそうなのでしょうか?更に大きなブレイクスルーの瞬間は訪れないのでしょうか?
2018年にはICOに200億から250億ドルが投資されると見られていますが、パズルのピースがピタリとはまり、本当の大勝負が始まれば、それでは済まないでしょう。そうすれば・・・大爆発です!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

”兆”に向かって

仮想通貨の価値が爆発し時価総額が5億ドルを突破すれば、1兆ドルへ向かうでしょう。それも極めてシンプルに、機関の投資を通じて。そしてその準備はもう万端です。
部分準備銀行制度が行き詰まる中、量的緩和政策は法定通貨の価値をさらに下げ、消費能力をむしばんでいます。人々が安全な避難場所を探す中、さらに多くの人々が仮想通貨に賛成するようになるでしょう。

また、ロシアや日本をはじめとした国々は中央銀行により仮想通貨を発行し、それらはBTCと交換可能になり仮想通貨シーンをリードする事になるでしょう。
更に新たなブロックチェーン/仮想通貨ファンドが、投資家にこの市場での売買の機会を提供し、根底にある不安定性を減少させるでしょう。
すべての資産と特に株式が分割される中、状況は急速に整ってきていて、それによって詐欺師たちは一掃され、ICOが資本を集める手段として好まれるようになるでしょう。この変化は思いのほか早く訪れているので、準備を怠らないでください!「知は力なり。」今こそより大きな計画をたて、動き出す時です。

ビットコインを始めよう!
ここからスタート!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【2017】仮想通貨ベンチャーが1億5000万ドルの資金調達へ

  2. 【韓国】IMFの改革要請後にビットコインの監視を強化

  3. 【NYC】ビットコインで払えるレストラン

  4. 【IMF専務理事】「仮想通貨は銀行に取って代わるだろう」

  5. JPモルガンCEO「もうビットコインについては何も話さない」

  6. ビットコインが過去最高値を更新できた5つの理由とは?

  7. 【ゴールドマンサックスが比較】仮想通貨vs金?

  8. 【中国】ICO・仮想通貨は地下取引へ?規制の解除されるか?

  9. 【2017】仮想通貨はこのハードウェアウォレットに保管

PAGE TOP