【韓国】”ビットコイン投資”を謳った詐欺を警察が捜査


”ビットコイン投資”を謳ってネズミ講

韓国の当局は香港に本拠地がある仮想通貨仲買業者Ethtrade社を数百億ウォン規模の詐欺の疑いで捜査しています。報道によると、ソウル警察のサイバー犯罪課は、Ethtrade社が韓国の投資家をターゲットにしたネズミ講を行なっているという申し立てを元に調査しているとのことです。
Ethtrade社は月ごとに15%から20%の配当を謳って投資家を集めたとされ、その配当はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の投資利益から支払われるとしていました。しかし実際には、この企業は投資家に10%から25%の配当を、既存の投資家から勧誘された新たな投資家から集めたお金で払っていました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

過去に56の詐欺例

Ethtrade社は2015年に香港で開業し、去年の12月に韓国で業務を開始しました。今年の初めに香港の金融規制機関である証券先物事務監察委員会は、Ethtrade社は適切な許可なしで操業しているとして警告しました。韓国の被害者たちの代表弁護士によると、この仲買業者は2兆ウォン(18億ドル)を韓国の投資家から集め、5000億ウォンの利益を上げたとのことです。「この件の報告を受け、法執行機関に届け出ました」と韓国の金融監視機関である金融監督庁局長キム・サン・ロク氏と述べています。

Ethtradeの件は韓国で仮想通貨にまつわる最初の詐欺事件ではなく、過去3年間で金融監督庁は法執行機関に56の仮想通貨詐欺を報告しました。先月には、京畿道警察は1500億ウォンを35,000人の投資家から集めたとして、4人を逮捕、22人を勾留はしませんでしたが警察記録に登録しました。彼らは過去2年間の間に、元金の2倍の配当を宣伝してビットコインを真似た偽物を販売したとされています。

対応に追われる当局

急増する詐欺事件と急速な仮想通貨の発展に対応して、金融委員会と韓国の金融規制を担う金融監督庁は、地域市場を監視するために特別委員会を先月立ち上げました。この特別委員会の中では、「課題解決のカギとなる要素の1つは、仮想通貨に絡む詐欺に対し懲罰的な対応をすることです」「仮想通貨に絡む詐欺に特化した金融詐欺を規制する法律の改定を、この特別委員会は現在推し進めている」という発言がなされました。

ビットコインを始めよう!
ここからスタート!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【香港】仮想通貨取引ができるスペースがオープン!

  2. 【StarJets】ビットコインが使える航空会社

  3. ビットコインが過去最高値を更新できた5つの理由とは?

  4. 【SAAVcoin】ICO:サーヴコインの概要&WhitePaper

  5. 【ゴールドマンサックスが比較】仮想通貨vs金?

  6. 【2017年10月】仮想通貨の取引所ランキング!ビットコインをどこでどう買う?

  7. 【ビットコイン】規制や対応に終われる各国当局

  8. ビットコインをビジネスに導入すべき?

  9. 【ビットコインから分裂】ビットコインゴールド誕生

PAGE TOP