ブロクチェーン投資で抜きん出るSBIとGoogle

多くの産業と企業がビットコインなどの仮想通貨を可能にするテクノロジーであるブロックチェーンに目を向ける中、法人による投資となるとSBI、Google、Overstock.com、シティグループ、ゴールドマンサックスが抜きん出ています。
これはCBインサイトのニュースレポートによるもので、ブロックチェーンに投資している企業は今年、過去最高の91社を数え、このテクノロジーに投資しているベンチャーキャピタルの数より4つ少ないだけだそうです。今年そういった企業で3億2700万ドルがブロックチェーンに投資され、2016年を通してブロックチェーンに投資された合計額である3億9000万ドルに既に迫っています。

投資額1位は日本のSBI

CBインサイトによれば、ブロックチェーンのスタートアップに投資する企業の中で、日本の金融サービス企業のSBIホールディングスはもっとも活動的とのこと。この企業はブロックチェーンアプリをつくるための銀行グループであるR3のような企業8つと、仮想通貨の取引所であるKraken社に投資しています。


2番手のGoogleは、ビットコインウォレットのスタートアップと、ブロックチェーン技術を使った送金をするRipple社に投資しています。レポートによると3位はOverstock.comで、ビットコインを支払い方法として受け付けています。この分野の投資に関してシティグループは4位で、ゴールドマンサックスは5位です。
CBインサイトのレポートによれば、「大銀行と金融サービス企業は大規模にブロックチェーン投資を始めた最初の企業で、これが驚くに当たりません。というのも、ビットコインを支えるこの技術がどれだけ金融サービスにおいて専門的にも一般的にも役立つのかを考えれば、当然のことだからです」「2014年の中頃以来、全世界で50以上の主要な金融サービス機関がこの分野に投資してきました」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

高まる関心vs批判

ブロックチェーン技術に対する企業の関心は、ビットコインがその記録を更新し続けているさなかで高まっていますが、規制とウォールストリートからの反発にも直面しています。JPモルガンのCEOジェイミー・ダイモンは、その背後にあるブロックチェーン技術には信頼を置いていると述べている一方で、ビットコインを「詐欺」と呼んでいます。

ビットコインを始めよう!
ここからスタート!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【IMF専務理事】「仮想通貨は銀行に取って代わるだろう」

  2. ビットコインが過去最高値を更新できた5つの理由とは?

  3. 【2017】仮想通貨はこのハードウェアウォレットに保管

  4. 【ビットコイン】次の主要な市場はロシアとなるか?

  5. 【ロシア】政府が発行の仮想通貨「Cryptoruble」

  6. 【ビットコイン】現金にとって代わる可能性はある?

  7. 【NYC】ビットコインで払えるレストラン

  8. 【Ripple社CEO】「ICO規制は歓迎すべきこと」と発言

  9. 【多額の利益!?】スウェーデン政府がビットコインを売却

PAGE TOP