【Dragonchain】ディズニー発のブロックチェーン-ICO開始

ディズニーからオープンソース化されたDragonchain

2014年、ディズニーのシアトルオフィスはDragonchain(ドラゴンチェーン)として知られるブロックチェーンの開発を始めました。今ではディズニーはもはや関与していませんが、ICOの開始により、商業化されるのも近いかもしれません。
Business Insider誌の報告によれば、ディズニーは資産管理プラットフォームとしての利用を目指してブロックチェーンの構築に2年を費やしました。しかし、プロジェクトは実施に至らず、オープンソースライセンスでリリースされることになりました。
しかし、そのプラットフォームの活用方法や商業的ポテンシャルを認識したディズニーの元従業員らのグループがソースコードを維持するため、2017年1月にDragonchain財団を設立しました。現在はプラットフォームを商業化してDragonchain株式会社を産み出そうとしています。

既存のブロックチェーンとの架け橋に

開発者らはDragonchainを一般的なブロックチェーンとオリジナルなブロックチェーンの混成であると話しています。どちらか一方ではビジネスのニーズを完全には満たすことはできないとの事です。この構造により、会社は全体のコントロールと内部データのセキュリティを維持することができるだけでなく、ビットコインなどの既に公になっているブロックチェーンとの懸け橋になります。

「私たちは、確実に信頼できる古典的なソフトウェア・アーキテクチャ(安全性とスケーラビィリティ)に、分散型ブロックチェーンシステム、ブロックチェーン未経験者のための簡易化したシステムを混ぜ合わせようとしている。同時に、コミュニティや公のネットワークに関する心配なく、組織が自身のデータ、処理、ネットワークの完全で明確なコントロールを保持できるようにしたい」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Dragonトークンの発行

Dragonchainのプラットフォームは、他企業がブロックチェーンテクノロジーの利益を、高度な専門性を持つ開発者を雇うことなく享受できるよう手助けする事も目指しています。Java、Python、NodeやC#などの既存の言語を使ってプログラミングが可能な、開発者に優しいプラットフォームだけでなく、企業がすぐに使える製品、たとえばコード化済みのスマートコントラクトなどを提供しているとされています。
プロジェクトを立ち上げるため、Dragonchainはトークンの販売を始めました。10月2日から1か月続く予定です。トークンは”ドラゴン”と呼ばれており、プラットフォーム内の商業的要素にアクセスするための支払いに使われます。全体の55%にあたる、約2億3800万のドラゴンがDragonchainのICOの期間中に配布される予定です。

まずはおためし!
ビットコインが買えるのはココ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ビットコイン】ビットコインゴールドの誕生により後退?

  2. 【香港】仮想通貨取引ができるスペースがオープン!

  3. 【億万長者談】冒険者は財産の10%をビットコインに投資すべし

  4. 【2017年版】あなたが死んだら仮想通貨はどうなる?

  5. 【2017】ゴールドマンサックス、ビットコインに興味あり

  6. 【フィリピン】中央銀行「ビットコインは簡便で素早い」

  7. 【オーストラリア】ソーラースタートアップがICOで3400万AUDを調達

  8. 【IMF専務理事】「仮想通貨は銀行に取って代わるだろう」

  9. 【McAfee×ビットコイン】マカフィー氏の挑戦

PAGE TOP