【韓国】IMFの改革要請後にビットコインの監視を強化


韓国は、国際通貨基金(IMF)との会談後、ビットコインを含めたデジタル通貨取引の管理および監視を強化する構造改革を進めています。

構造改革を後押しする韓国

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「IMFは労働生産性の向上と規制改革を韓国を含んだ主要国に訴えている」とSedailyは報告しました。この問題は、10月14日にワシントンで開催された第36回国際通貨金融委員会(IMFC)で議論されました。IMFの会合は、IMFの加盟国の中で、最高レベルの会議であると言われており、そこで金融テクノロジー(フィンテック)とビットコインに関して規制の必要性があると議題に上がりました。「フィンテックとデジタル通貨については、競合する金融市場や公平に競争できるシステムを確立する必要がある。」とIMFCは言及しました。

金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼財務大臣は会議に出席し、「成長を成し遂げるために、構造改革を積極的に推進しなければならない」と先週、同氏は述べ、さらに、「ビットコインなどの仮想通貨取引の管理と監視を強化する」と同氏の会話を金曜日のソウル新聞が引用しました。また同氏は、「バーチャルマネーは新しい分野であり、新たな分野として拡大しているが、規制がないので投資への被害を懸念している。何かできることがないか検討している。」とも述べました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

規制実施

金氏は10月21日、ビットコインなどの仮想通貨の役割を見直すことについて積極的であるとInews24は報道しました。「金融委員会は現在、政府レベルで仮想通貨に対する対策を準備しており、金融委員会は金融部門において経済の軸として扱われるべきだ」と述べました。韓国政府は、暗号通貨の規制方法ついて議論しており、7月には、ビットコイン規制の枠組みを決める対策本部が設置されましたが、暗号通貨はお金、資産、株券のどれに分類されるのか。など、ビットコインに付随する様々な法律上の問題があります。

9月に、韓国銀行の決済システム部門のチャ・ヒョンジン部長は、「バーチャル通貨は通貨や金融商品ではない」「バーチャル通貨のトレーダーは、公正取引委員会や地方自治体に電子商取引トレーダーだとして報告しており、ビットコインはコモディディーとして取引されている」と述べました。金融監督委員会(FSC)は、銀行に検証プロセスの強化や不審な取引の報告を要求するなどして、ビットコインなどのデジタル通貨に取り組む計画を発表しました。FSCの発表後、科学技術省、通信委員会は、ビットコイン交換を含む暗号通貨サービスのプロバイダーの立ち入り調査を行うことを発表しました。

まずはおためし!
ビットコインが買えるのはココ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ビットコインのETF(上場投資信託)は進むか?

  2. 【億万長者談】冒険者は財産の10%をビットコインに投資すべし

  3. 【ロンドン】ビットコインでしか買えない家!?

  4. 【2017】金はビットコインの流れについてこれない?

  5. 【MUFGコイン】日本最大の銀行の仮想通貨

  6. 【ロシア】政府が発行の仮想通貨「Cryptoruble」

  7. 【WindingTree】ブロックチェーンで旅行を安く!

  8. 【ビットコイン】比較される”チューリップ・バブル”とは?

  9. 【ビットコイン】次の主要な市場はロシアとなるか?

PAGE TOP