【ベネズエラ】インフレにつきビットコインのブーム到来!?


ベネズエラの人々はボリバルの下落から身を守るため、仮想通貨の普及が進んでいます。

1400%。政治的混乱数年後に起こっている南米の紛争によって、ベネズエラのインフレ率は世界一高くなっています。ベネズエラの経済の屋台骨である石油価格の急落は金融恐慌を激化させ、国の貨幣であるボリバルはほとんど無価値になってしまいました。実際、100ボリバル紙幣はたったの2セントにしかなりません。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
この状況はべネスエラの人々を仮想通貨の利用に走らせました。仮想通貨は少なくともオンライン上での取引の助けにはなるからです。
「デジタルであるがゆえに他国でも機能し、市場へのアクセスを可能にする通貨を持つことができるのは大きな意味を持ちます」とベネズエラの行政官、Liliana Carvajal氏は言います。ベネズエラではビットコインのマイニングが規制されていないため、ユーザーは政府の取締りを最も恐れているという状況です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコインはコンピュータコードから作られる仮想通貨で約9年前、金融恐慌のさなかにナカモトサトシと呼ばれる人物を開発者として突如現れました。早期の支持者たちが調整したビットコインの魅力は、銀行と政府を迂回し、より安く金融取引を行える方法を提供することでした。
すべての取引は承認と同時にコンピュータネットワークによって管理されるブロックチェーンと呼ばれる公共の台帳に記録されます。匿名ではありますが、インターネット上のすべてのユーザが個人取引を閲覧できるようになっています。それらのデータは、コンピュータによるコード化・脱コード化処理、すなわちデータの暗号化によって守られています。

現実世界のUSドルやユーロと違い、ビットコインには中央銀行が無く、いかなる政府にも管理されていません。他の通貨と同じく、ビットコインも商品やサービス、さらには他の通貨も相手が受け入れるならば提供できます。
ビットコインのユーザーコミュニティが通貨の管理と規制を行いますが、自由主義者を引き込む取引の匿名性が犯罪に悪用される懸念を増やすことになります。透明性の欠如も、投機的な取引によって価値が変動するという懸念に拍車をかけています。
ビットコインは9月初めに5000ドルに届きそうになりましたが、JPモルガンのトップが仮想通貨を「詐欺」だと非難した後一気に値下がりし、中国が取引の終了を強いたため、より広範囲の取締りに対する恐れをかきたてました。しかし、9月の中旬に3000ドルを下回った後に、ビットコインは1か月で75%も価値が急騰したという経緯があります。

まずはおためし!
ビットコインが買えるのはココ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【オーストラリア】ソーラースタートアップがICOで3400万AUDを調達

  2. JPモルガンCEO「もうビットコインについては何も話さない」

  3. 【ビットコイン】リー氏の予想「2万5千ドルの価値になる」

  4. 【2017】ビットコインを愛するセレブvs嫌いなセレブ

  5. 【2017年10月】仮想通貨の取引所ランキング!ビットコインをどこでどう買う?

  6. 【オーストラリア】ビットコインによるマネーロンダリング防止法

  7. 【ビットコイン】AmazonやAppleよりも”はるかに大きなアイデア”

  8. 【マカフィー氏】「銀行家はビットコインを恐れている」

  9. 【2017年版】あなたが死んだら仮想通貨はどうなる?

PAGE TOP