【ビットコイン】逆境を乗り越え活況&各国政府が仮想通貨発行?

立ち直りを見せるビットコイン

「ビットコインにとっては険しい9月であったかもしれませんが、角を曲がり、障害をものともしない立ち直りを見せています」
これはドイツの国際放送事業体(DW)が報道した内容です。DWからの報告の中で、専門家はデジタル通貨が重要な障害を乗り越えたように、持続的な記録の継続を迎えているかもしれないと主張しています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
先月、JPモルガンのCEO、ジェームズ・ダイモン氏がビットコインを詐欺と呼び、無価値と断じたことに加え、中国の監督官が市場を厳しく取り締まりました。1ビットコインあたり3000ドルまで下げるそれらの逆風にもかかわらず、立ち直ってきています。
コンサルティング会社、WavestoneのITマネージャーのジョナサン・ガーディン氏は次のように述べています。「ビットコインはそれら障害を乗り越え、発展を続けることができてきた。その回復力を見せつけたのだ」
現在までで、仮想通貨の価格は6000ドル到達に届きそうなほどにまでなっており、一時はゴールドマン・サックス社よりも市場価値が高まりました。しかしながら、市場は正しい方向に動いているように見える一方で、DWはこの不安定期が終わるかどうかについて疑問を抱いています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

各国政府が仮想通貨を発行?

ハーバード大学経済学・公共政策学のケネス・ロゴフ教授は政府が当該部門の成長を許容する一方で、デジタル通貨は最終的に規制されることになると考えています。
日本はそれが現実に起こりうる一例です。4月に、国はビットコインをはじめとする仮想通貨を法的な支払い手段として認める法改正を行いました。しかし、ロゴフ氏は日本当局がマネーロンダリングリスクを懸念してそれらの法律を変えうると考えています。
彼は付け加えてこう言っています。「政府は仮想通貨を通じて行われる匿名の取引をいつまでも見過ごすことはできないし、しないであろう」その代わり、「政府が自前のデジタル通貨を発行するだろう」と考えています。

ロシアは自前の国内仮想通貨を検討している国の1つです。月曜日にロシアのウラジーミル・プーチン大統領はCryptoRubleと呼ばれる国有のデジタル通貨の要請を出したと報告されています。この報告は、仮想通貨市場がリスクを孕んでいるため、ロシアは仮想通貨の採掘と供給を規制していくとプーチン大統領が言及したのと時を同じくして出されました。
ドバイもemCashと呼ばれる自前のブロックチェーンに基づく仮想通貨の開発していくことを明らかにしました。

まずはおためし!
ビットコインが買えるのはココ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【シンガポール】ビットコイン規制の予定は今のところ無し

  2. 【2017年10月】仮想通貨の取引所ランキング!ビットコインをどこでどう買う?

  3. 【Ripple社CEO】「ICO規制は歓迎すべきこと」と発言

  4. 【偽物のチート?】正体はビットコインマイナーだった

  5. 【2017】ゴールドマンサックス、ビットコインに興味あり

  6. 【2017年版】仮想通貨に投資するリスクとは?

  7. 【オーストラリア】仮想通貨規制法案を導入

  8. KYCブロックチェーンスタートアップが160万ドル調達

  9. 【ブラジル】中央銀行総裁「ビットコインはバブル」

PAGE TOP