【ビットコイン】ビットコインゴールドの誕生により後退?

ビットコイン→ビットコインキャッシュ→ビットコインゴールド

デベロッパーたちがブロックチェーンを分裂させた後、新しい仮想通貨の潮流がスタートしました。ビットコインキャッシュが作られて3ヶ月も経たないうちに、ビットコインから派生して出来たビットコインゴールドと呼ばれる仮想通貨です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
どの国家・政府からも独立した存在というのがビットコインの特徴の一つですが、その事により、仮想通貨のコミュニティの中でも様々な見解がある中においては、”ハードフォーク”の影響を受けやすくなっています。
ビットコインゴールドはさておき、ビットコインの採掘者や開発者の間は、よりスピーディーな取引を可能とするプロトコルのアップグレードに関する議論が繰り広げられています。コンセンサスの欠如は、他の派閥に恐怖を引き起こしています。これは、前回同様、一般公開されたフェアなアクセスを必要とすることを意味すると、ビットコインゴールドプロジェクトのストラテジストであるRobert Kuhneは言います。良いフォークは、マイニングハードウェア製作者の不必要な時間稼ぎといった非難のような潜在的な悪口を回避することにつながります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

市場の反応

異なるデジタルネットワークを支持するグループや通貨優位競争をするグループによると、ビットコインゴールドは徐々に衰退していきていると言います。
ドス攻撃と呼ばれる方法で、ハッカーがユーザーのサイトへのアクセスを妨害したことで、オフィシャルウェブサイトは、火曜日にダウンしました。ビットコインゴールド開発者はツイッターで言うには、サイトは、毎分10百万回のリクエストを処理し、プロバイダーと一緒に攻撃を止めようとしました。

香港を拠点とするGatecoin Ltdのマーケティングヘッドであるトーマス・グラックスマンは、最近のビットコインの後退は、ハードフォークの到来によるトレーダーのちょっとした混乱に基づくものであると言います。ビットコイン取引所とウォレットコミュニティは、これらのハードフォーク論争を支持するか、却下するかで議論が分かれています。
ウェブサイトによると、ビットコインゴールドの革新は、デジタル資産を採掘するための特別なハードウェアなしでも人々がそれをするのを助けます。ビットコインに使われるASICsと呼ばれる強力な採掘機械の代わりに、ユーザーは、イーサリウムに搭載されているようなものと同様の標準的なゲームグラフィックカードと伴に、それを採掘することができます。分裂後、ビットコインのオーナーは、夫々のビットコインに対してビットコインゴールド1つを受け取る権利があります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

さらなる分裂が起こる?

コミュニティの一派閥は、他の派閥に反して、ビットコインのブロックサイズを短期取引に合わせて増加させたいと思っています。SegWit2xと呼ばれるこの計画の最初のフェーズは、8月に開始され、いくつかのデータをメインネットワークから抜き取りました。
ビットコインゴールドが広く受け入れられるためには、ハードルがあります。最も大きな仮想通貨取引所であるコインベースは、そのソフトウェアへの疑念から、ビットコインゴールドを支持しないと言っています。コインベースは、ビットコインキャッシュを取引していませんが、ビットコインオーナーが自動的に最初のフォークでビットコインキャッシュを受け取るため、この1月にウォレットと呼ばれるところからそれを引き出すことが出来るようにしました。

まずはおためし!
ビットコインが買えるのはココ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【2017】バヌアツがビットコインによる市民権獲得を承認

  2. KYCブロックチェーンスタートアップが160万ドル調達

  3. 【2018年には1兆ドル?】ビットコイン・仮想通貨の未来

  4. ビットコインをビジネスに導入すべき?

  5. 【StarJets】ビットコインが使える航空会社

  6. 【2017ビットコイン】韓国でオフライン取引が人気

  7. ビットコインのおすすめ取引所はココ!

  8. 【ビットコイン】逆境を乗り越え活況&各国政府が仮想通貨発行?

  9. 【MUFGコイン】日本最大の銀行の仮想通貨

PAGE TOP