【ビットコイン】ETFの承認はされる?されない?

ビットコインETFは承認される?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン上場投資信託の承認が下りるのはいつでしょうか?今年の3月、ウィンクルボス兄弟のビットコインETFの承認がSEC(アメリカ証券取引委員会)によって却下されました。それを受けて、投資管理会社であるVanEckとETFの専門化であるRex SharesはSECへのETFの申請を取り下げました。SECは、これらの企業はその将来性が約束されるまでは、ビットコインETFの申請を承認する事はできないと主張しています。しかしながら、ウィンクルボス兄弟は諦める事なく、SECが(事業への見方を変える事で)許可することを期待して、再申請を行っています。


ACSIファンドのCEOで、過去ニューヨーク証券取引所のETF上場会社のトップあったPhil Bak氏は、サービス提供者が直面している課題は、単純にタイミングの問題であると言います。「未来の契約に基づくSECのETFへの承認には前例がありません。そのため、SECが申請を却下したことも不思議ではありません。発行者は、できるだけ早く承認が取れるよう列をなしており、一旦ビットコインの承認が下りてしまえば、昨年却下された商品以上に多くが承認を受ける事になるでしょう」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

「承認はもはや先送りできないだろう」

初期の技術チェーンの管理開発会社で知られるCoinsiliumのCEOであるEddy Travia氏は、SECが申請を却下した理由としてこのように述べています。
「(SECが却下の判断を下した原因となった問題については)どの問題も解決可能であり、仮想通貨は新しい資産のデファクトスタンダードになるでしょう」「個人と企業の両方のレベルにおいて、投資家からの需要は、規制当局が整備された金融市場において仮想通貨取引を行うことの承認をもはや先送り出来ないレベルにまで、成長しています」
「仮想通貨産業が成熟するにつれ、民間投資家がビットコイン価格のリスクに晒される環境を求めるようになるのは時間の問題だろう」と、Bread WalletのCMOであるAaron Lasher氏は述べています。

まずはおためし!
ビットコインが買えるのはココ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. イーサリアムでのスマートコントラクトを始めるためのガイド

  2. 【2017年版:ICOとは何か?】新しい投資のカタチ

  3. 【利益50000%!?】ウィキリークスもビットコイン長者?

  4. 【中国】ICO・仮想通貨は地下取引へ?規制の解除されるか?

  5. 【Stayawhile】「ビットコインで家賃が払えます」

  6. 【ICO】資金調達が30億ドルを突破の快挙

  7. 【2017】仮想通貨ベンチャーが1億5000万ドルの資金調達へ

  8. JPモルガンCEO「もうビットコインについては何も話さない」

  9. 【2017】「なぜビットコインを買った?」と詰め寄る銀行

PAGE TOP