【ビットコイン】比較される”チューリップ・バブル”とは?

ビットコインはバブルなのか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今月、ビットコインは一時的に$6000を超えました。現在の急激な仮想通貨の盛り上がりは各メディアの注目の的です。ビットコインに関する記事では「上げ相場ではあるが、ボラティリティについては不安が大きい」という内容のものが多く見受けられます。多くの投資家がブロックチェーン技術のポテンシャルには期待していますが、一方で多くの人々がビットコインといった仮想通貨をバブルやネズミ講と呼んでいる現状があります。
JPモルガンCEOのJamie Dimonは、17世紀にオランダで起きた「チューリップ・バブル」を引き合いに出してビットコインを批判しました。

チューリップ・バブルとは?

17世紀初頭、オランダでは富が拡大していました。その時代は、オランダのゴールデンエイジと呼ばれており、世界でも最も裕福な国の一つとなっていました。そして世界中の植民地との取引はますます盛んになっていきました。
16世紀の終わりにヨーロッパで起きたチューリップ・バブルは、長くは続きませんでした。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
チューリップはオランダの厳しい気候においても、他の花よりも比較的簡単に育てることが出来ます。そしてチューリップはオランダだけでなく、フランスにおいても間もなく人気に火がつきました。フランスの貴族が、自分の妻にチューリップの装飾の付いた服を買うために数百万ものオランダギルダーを支払いました。そして人々がチューリップの球根の取引によって多額の利益を得るようになるのには時間はかかりませんでした。1623年には、その国の平均的な年間収入は当時150ギルダーであるにも関わらず、人気のチューリップの種は1,000オランダギルダーほどにもなったのです。

まずはおためし!
ビットコインが買えるのはココ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ビットコイン】ETFの承認はされる?されない?

  2. 【インド】ビットコインのニーズが上昇中!?

  3. 【香港】仮想通貨取引ができるスペースがオープン!

  4. 【IMF専務理事】「仮想通貨は銀行に取って代わるだろう」

  5. 【多額の利益!?】スウェーデン政府がビットコインを売却

  6. 【Apple共同創業者】「ビットコインは金やドルよりも優れている」

  7. 【ビットコイン】規制や対応に終われる各国当局

  8. 【2017】「なぜビットコインを買った?」と詰め寄る銀行

  9. 【ビットコイン】現金にとって代わる可能性はある?

PAGE TOP