【ビットコイン】次の主要な市場はロシアとなるか?

政府がビットコインのマイニングを奨励し続け、同時に仮想通貨市場の統制の完成に近づくにつれ、ロシアが次の主要なビットコイン市場に進化する可能性が高まっています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ロシアの仮想通貨規制プラン

コインテレグラフは、ウラジミール・プーチン大統領が、暗号で保護された国家発行の仮装通貨であるクリプトルーブル(CryptoRuble)の発行を承認したことを明らかにしました。
一部のアナリストは、クリプトルーブルの発行で、ロシアがビットコインなどの仮想通貨の国内取引を禁止する可能性があると推測しています。しかし、プーチン大統領によると、そうではなく、ロシア中央銀行はビットコインなどの仮想通貨を管理する計画を持っているとのことです。

プーチン大統領は、政府が発表した声明の中で、米国、日本、韓国などの他の国々と同様に、仮想通貨取引や活動を適切に規制する枠組みが必要だと説明しました。プーチン大統領は仮想通貨を禁止することには興味を持っていないようで、こう述べています。
「多くの国が仮想通貨の流通を規制する方法を模索しており、必要な法的枠組み、立法上の規制制度を作り始めている。国際的な経験に基づき、市民、企業、州の利益を確実に保護し、革新的な金融商品を使用するための法的保証を提供する規制環境を構築する必要がある」
これは、この声明の一週間前の「犯罪目的での使用という潜在的な危険性を持っている」というビットコインへの非難からの大きな変化です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

完全な禁止は逆効果?

ロシアはいくつかの規制措置を維持するために、ビットコインなどの仮想通貨の完全な禁止の代わりに規制に目を向けています。ロシアが仮想通貨を禁止すれば、ほとんどの取引は、検閲と規制が極めて困難な店頭(OTC)市場とP2P(ピアツーピア)取引プラットフォームに移行してしまうでしょう。ロシア政府は、顧客確認(KYC)と反マネーロンダリング(AML)システムを備えた取引プラットフォームを使用して、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の不正使用を防ごうとしています。
一方、中国政府は先月、仮想通貨取引が犯罪行為に関連していることを懸念して、国内の仮想通貨取引のためのライセンスプログラムを導入する予定であるとの声明を発表しました。

まずはおためし!
ビットコインが買えるのはココ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


LINE@で質問や相談を受け付けてます!

質問する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【ビットコインvs金】優秀な資産はどっち?特徴を比較してみた!

  2. 【MUFGコイン】日本最大の銀行の仮想通貨

  3. 【ビットコイン】リー氏の予想「2万5千ドルの価値になる」

  4. 【ロシア】ビットコインの大物がアフリカへ進出

  5. 【ビットコインゴールド誕生】ビットコインの分裂と投資家の期待

  6. 【2017】仮想通貨はこのハードウェアウォレットに保管

  7. 【2018年には1兆ドル?】ビットコイン・仮想通貨の未来

  8. 【2017】「なぜビットコインを買った?」と詰め寄る銀行

  9. 【ナイジェリア】ビットコイン市場がスタート

PAGE TOP