【2017年秋】今さら聞けない眉毛の描き方【パウダー/ペンシル/リキッドの使い分け】

最終更新日:2017.10.03

何を使って描けばいいんだろう?どうやって描けばいいんだろう?という今更聞けないような悩を解決するため、美容部員のあかねさんにコツを教えてもらいました!

リポーター:あかねさん
あかねこんにちは。美容部員6年目のリポーターあかねです。
今日はそれぞれの眉毛に適したアイテムを使って眉毛を綺麗に描いていく方法をお伝えしていきたいと思います。
いろんな眉毛の毛の太さとか形だとかあると思うんですけど、それに適したアイテムって言うのが絶対にあるはずなので、それを順番にご紹介していきたいと思います。
やっぱり濃く描き過ぎちゃってる人とかってすごい多くて、濃く描きすぎてる人っていうのはだいたいペンシルで全部使ってる人なんですけど。そういう方はだいたい毛がもともと濃い方が多いので、そういう方にはパウダーがおすすめですね。

目次

① パウダーでの描き方
② ペンシルでの描き方
③ リキッドでの描き方


リポーター:あかねさん
あかね本当に眉毛だけですごく印象が変わるので、絶対に眉毛だけは手を抜かない方が良いと思います。
例えば、メイクがすごい完璧でリップもすごくオシャレに、すごいトレンディに仕上がってるのに、眉毛だけ抜けてたりとか、逆にすっごく力が入って濃くなっちゃったりすると、それだけで「美意識高いのにもったいないなー」って言う印象だったりとか、「ちょっと時代遅れだな」っていう印象になっちゃうので、それだけは絶対に回避して欲しいので今日それを詳しくお伝えしていきたいと思います。

① パウダーでの描き方

まずはパウダーでの眉の描き方を説明します。(冒頭の動画 0:00〜5:16 の内容です。)

パウダーの王道・ケイトのアイブロウ

リポーター:あかねさん
あかね今から使っていくのは、ケイトのアイブロウパウダーなんですけど。これ多分みんな持ってると思います。本当に。
持ってますよね?。。。多分持ってると思います。なのでこれを使って紹介していきたいと思います。

デザイニングアイブロウ3D EX-4 ライトブラウン系

KATE(ケイト)

¥1,188

ふんわり自然な眉と鼻すじの陰影で、立体的な目元を演出する。

商品詳細
KATE デザイニングアイブロウ3D EX-4 ライトブラウン系

www.amazon.co.jp
商品詳細

“濃い”人にはパウダー推奨

リポーター:あかねさん
あかねパウダーがおすすめなのは、眉毛の色素が濃い人です。髪の毛の色がちょっと濃いめとか、手とか足とかが自分の中で濃いなと思う人は大体眉毛も濃いんですけど。
そういう人がペンシルで改めて描いちゃうと、本当に描いた眉になってしまうので、そういう方は気をつけてこういう柔らかいパウダーで仕上げていく方法をお伝えしていきたいと思います。じゃあ描いていきたいと思います。

ポイントは眉下のラインから

リポーター:あかねさん
あかね描き方なんですけど、とりあえず一番濃い色を手にとって、こっちの細いブラシでとって、私の個人的なポイントになっちゃうんですけど、下のラインから描いていきます。
ここ。分かりますか?一番上の濃いもので、ここ。
うまく言えないんですけど、これビフォーアフター。ビフォー。アフターで、アフターの方が眉下のラインが一直線になってるのが、お分かりいただけますか?こっちはちょっと隙間が開いたりとかしてると思うんですけど。
これを埋めて一直線になることで、ちょっと雰囲気が引き締まるんですね。ぼやけた眉が引き締まるので、全然印象が変わります。
で、下をやっぱり一番濃い色を手に取ってしっかり描いてあげると、なんとなく自分の中で正解が見えてきます。アーチ眉とか、それこそ優しい眉に仕上げる方法って言うのも色々あると思うんですけど、今日はベーシックな形で紹介していきます。
眉の下から描く
リポーター:あかねさん
あかねベーシックなやり方だと下に基準は揃えてあげた方が良いので、とにかく一番最初にアンダーライン、眉毛の一番下のラインを一直線に濃い色で整えます。
これが今終了した感じですけど、結構これだけでポイントとしては、目と眉毛の間が近くなるので、全然多分ボヤけ方が違うと思います。
これだけだと、どうしても下が一番濃い状態になってるので、ちょっとアンバランスなイメージがあるので、今一番下を濃い色で描いたんですけど、その今描いてない部分の上の部分をこの2色使って仕上げていきたいと思います。

バランスをとるように眉上にも

リポーター:あかねさん
あかね次に2番目に明るめの色を足りない部分、上から足していきます。もう下である程度のラインを描いてるので、そんなに怖がらなくて大丈夫です。
で、これ、ちなみに全然この2番目は暗い色じゃないので、すごい使いやすいので結構しっかり取っちゃって大丈夫です。一番最初に描いた基本のラインに従って上から足していくような感じですね。下描きみたいな感じで、その最初に描いた濃い部分からは絶対にはみ出さない様にしてください。
ここから例えばこっちの太いブラシとかで乗せてくじゃないですか。ちょっとでも下にブレちゃうと、それだけで眉毛もブレッブレになっちゃうから、この最初の眉と変わらなくなっちゃうんですよ。何にも。だからちゃんと細いブラシできちっと描くことに意味があるので、引き締まる意味があるので、1回ちょっとその下描きとして鉛筆とかシャープペンシルで下描きをするみたいな。そこからは絶対にはみ出ない。で、色を塗るときもこの細いやつで、明るめの色でも怖がらずにそのラインから出ないように塗れば基本は失敗しないです。
アイブローパウダーの最後のポイントなんですけど、大体の方がTゾーンを開けて剃っちゃってる人が多いので、だいたい隙間が結構開いてるんですけど。ここ描かない人はすごいもったいないので、ちゃんと描いてください。本当に。ちょっと描くだけでこんなに印象が変わります。

眉頭もしっかりと

リポーター:あかねさん
あかねここ(Tゾーン)を開ける方法って言うのはメイクの方法であるんですけど、それはベーシックな方法ではなくて、かなりちょっと抜けた顔になります。まあ優しい印象だったりとか、ちょっと頼りないにするときに使う。ちょっと垂れ眉にしたりとか。そういう時に使うので、本当にベーシックにメイクとして綺麗にしあげたいって時は、しっかり眉頭まで入れてあげてください。
今は、1・2色目を使ったんですけど、この最後の色に関しては、たまに眉毛の上に乗せている人がいるんですけど、それはちょっとやめた方が良いです。なんでかって言うとせっかく描いて引き締まった眉がボケちゃうので、最後ここは2番目の明るい色と軽く混ぜて、前頭に乗せるのではなくて、眉頭と鼻筋のノーズシャドウのつなぎにします。決してここに乗せないでください。描いたやつがもったいないですね。ぶれちゃって。

リポーター:あかねさん
あかねそうすると自然にこの辺に陰影ができるのが分かるかなと思うんですけど、これが重要です。ここに隙間が開かないことが大切です。そうすると求心顔と言ってきちんと顔が正しい位置にアイブロウを通して戻すことができます。
眉毛の自分毛がちょっと濃いなとか、抜くとき痛いなという方は大体眉毛が太いのでパウダーを使うことをお勧めします。

デザイニングアイブロウ3D EX-4 ライトブラウン系

KATE(ケイト)

¥1,188

ふんわり自然な眉と鼻すじの陰影で、立体的な目元を演出する。

商品詳細
KATE デザイニングアイブロウ3D EX-4 ライトブラウン系

www.amazon.co.jp
商品詳細

② ペンシルでの描き方

次にペンシルでの眉の描き方を説明します。(冒頭の動画 5:17〜11:29 の内容です。)

強くてかっこいいクールな印象を

A post shared by Jun Hasegawa (@liveglenwood) on

リポーター:あかねさん
あかね大体の人はペンシルを使うことが多いかなと思います。
こっち今、ケイトのパウダーで仕上げて、パウダーはどちらかと言うと眉毛の毛が濃い人で、細く締めたい人におススメだったんですけど、ペンシルに関してはどっちかって言うと、黒木メイサとか長谷川潤とか芸能人で言うとちょっと強くてかっこいいクールなイメージにしたい方にはペンシルがすごいおすすめです。パウダーよりももっと引き締まって見えるので、もうちょっと前に出る印象が強くなります。
なので眉毛が目に入る印象になります。ふんわり見せたい人はパウダー方が良いかな。そして、ちょっとかっこよく見せたい人はペンシルがおすすめです。
ちなみにこれエクセルのブラウン パウダー&ペンシルアイブロウの01番ですね。

パウダー&ペンシルアイブロウEX PD01 ナチュラルブラウン

エクセル(excel)

¥1,566

描きやすいペンシルとパール感のあるふんわりパウダーで、ぼかしの効いた美人眉が簡単に描けます。

商品詳細
パウダー&ペンシルアイブロウEX PD01 ナチュラルブラウン

www.amazon.co.jp
商品詳細

理想の3点:眉頭

リポーター:あかねさん
あかねで、これ、ペンシルは描き方にちょっとポイントがあるので、ちょっとしっかりご覧ください。
ペンシルはまず、小鼻と眉頭に沿って当てます。さっきも言ったんですけど、ここに眉毛がない人がたくさんいるんですけれども、これ本当にもったいないので絶対に描いてあげてください。
これが元となる一番最初の眉頭。ここにまずしっかりね、今ちょっと動画なんで分かりやすくチェック描きます。こういう感じ。

理想の3点:眉山

リポーター:あかねさん
あかね眉頭のここまでは絶対に顔のポジションなので、描かないとかありえないです。ちゃんと描いてあげます。ここにつけてあげて、まず3点決めるんですよね。小鼻と、正面を向いた時に黒目の外側、この延長線上が眉山になるんですよね。
パウダーの時はそんなに意識しなくていいんですけど、ペンシルだと顕著にそれが出ちゃうので、絶対これはやってあげた方がプロっぽく仕上がります。

理想の3点:眉尻

リポーター:あかねさん
あかね最後、眉尻なんですけど、これは目尻と小鼻を結んだ線。こうやって取っていくんですね。プロの方だとこうやって結構しっかり取ってくんですけど、こんな感じ。こうやってやると何となくイメージつくと思うんですけど、自眉よりも大体眉尻上がるんですよ。
ポイント。本当はベーシックな描き方のポイントは、ここはいらない。そうすると綺麗な形になるので、ある人はここをコンシーラーで消しちゃっても良いと思います。結構リアルな話、大体皆ここありますもんね。そこがない人なかなかいないと思うんですけど。こっちもそうですよね。やっぱり上がってると綺麗。

リポーター:あかねさん
あかねでは、この3点を目安に描いていきます。最後この跡は消すので、そのまま描いていきたいと思います。
ペンシルも一緒。まずはこの下のラインを整えます。眉尻よりも眉頭の下のラインですね。ここから埋めていきます。
下の眉頭のある部分と、ここ真ん中を同じ位置にしてあげることが結構大事。ここを埋めてあげる。まずこれだけでも違いますよね。

眉下を埋める

リポーター:あかねさん
あかね眉頭についてまた詳しく説明するんですけど、とりあえず眉頭の下。下のこのライン。
ここさっきのアイブローパウダーでもお伝えした様に、とにかくしっかり埋めてください。そうすると一直線になりましたね。
で、今ここ一直線なのに、ここめっちゃ開いてません?正面から見たときに、ここめっちゃ不自然じゃないですか?ていう風に基準をまずどこかに決めたいんですよね。なので最初にこうやって取って、ここを埋めて行きます。で一直線にじゃいきますよってときに、「ここない!」ってなると思うんですよね。なので、そこを埋めていくだけです。そんなにキューってあげる必要はないので。

理想の形に一直線

リポーター:あかねさん
あかねあげたい時はここはわざわざ塗らなくて良いと思うんですけど、今ベースで整えていきたいので、一直線、一直線、一直線。描くのはどっちでしたっけ?
こっちじゃないですよ。こっちは私の眉、リアルな眉で、こっちが理想の眉なんです。だから仕上がり多分びっくりすると思うんですけど、私、今眉があるからな。でも、リアルに、リアルですよねその方が。眉毛はみんな大体あるから。下に。だけど、綺麗に仕上がるのは、理想の形はこうやってこうやって、延長線上につなげて行くことですね。
今ちょっと怖いことになってるけど、ちゃんと仕上げるから見ていてくださいね。

リポーター:あかねさん
あかねなんとなく今伝わってると思うんですけど、3点とった時の眉山、ここに向かってもちょっと毛を足して行くイメージですね。
下のラインをとって、この集結点まできました。この2点目の眉山、ここもちゃんと合わせててあげた方が、ちょっと美容部員ぽい感じかなぁ。
なんとなく雰囲気が見えてきました?超濃いというか、印象すごくある。ここね、本当はないとね。ちょっとかっこいい感じなんですけど。

不要な自毛はコンシーラーで隠す

リポーター:あかねさん
あかね軽くちょっとファンデーションで。本当にファンデーションで消せるんですけど、コンシーラーがあれば一番いいかなと思います。ちょっと、引きで見ていただいて。みんな絶対毛はあるんですけど、そこをうまく隠して、綺麗に。
最後に今軽くファンデーションで周りをなぞりましたけど、ちょっとでも眉毛の黒ずみとかが付いちゃってると台無しなので、軽くファンデーションかコンシーラーで小回りを整えてあげると良いかなと思います。

リポーター:あかねさん
あかね全体を3点を結ぶやり方で描いたら、あとは軽くぼかしていくって感じですね。最初にも言ったんですけど、眉頭がどうしても抜けがちなので、最初にとったこの線はお忘れなく。
ここ。どうしても皆描きたがらないんですけど、やっぱり元々あった形を大切にしないと違和感マックスなんでね。いやぁ。すご!超濃い。

パウダーとリキッドのイメージの違い

リポーター:あかねさん
あかね基本的な形は別に変えていないんですよね。アーチでもないし、柔らかくしたいとか、すっごいきつくしたいとかそういうイメージでは描いてないんですけど、ペンシルの種類を変えるだけで全然違うと思うんですよね。こっちと、こっち。

確かに、確かに両方ともすごいスッとしてる感じはあると思うんですけど、この違いがなりたいイメージの違いです。
今日はちょっと強めの赤リップとか濃い系にしようって時はペンシルとかで、しっかりラインを取って描いてあげると、こんなに変わります。

パウダー&ペンシルアイブロウEX PD01 ナチュラルブラウン

エクセル(excel)

¥1,566

描きやすいペンシルとパール感のあるふんわりパウダーで、ぼかしの効いた美人眉が簡単に描けます。

商品詳細
パウダー&ペンシルアイブロウEX PD01 ナチュラルブラウン

www.amazon.co.jp
商品詳細

③ リキッドでの描き方

最後にリキッドでの眉の描き方を説明します。(冒頭の動画 11:30〜16:18 の内容です。)

リキッドとチップでナチュラルに

リポーター:あかねさん
あかね次はリキッドなんですけど、最近流行りのリキッドアイブローですね。
今回使うアイテムは、リキッドタイプとチップタイプがセットになっているやつです。ナチュラルに描けるって雑誌でよく紹介されているんですけど、それは使い方によるんですね。実は。
リキッドとパウダーがあって大体その化粧品のお店とか雑誌とかでも紹介の仕方が、「リキッドで下地を描いて、乾いたら必ずこのチップ使ってくださいね」みたいな大体紹介の仕方なんですけど、これ本当に用途によって全然使い方がおすすめの使い方が変わってくるのでそれも紹介したいと思います。

ビューティーガイドアイブロー BR621 ナチュラルブラウン

INTEGRATE(インテグレート)

¥1,058

眉尻を1本1本繊細に描ける「極細スタミナリキッド」と、ナチュラルなグラデーションを実現する「ふんわり陰影パウダー」で、美しい眉が長時間続きます。

商品詳細
インテグレート ビューティーガイドアイブロー BR621 ナチュラルブラウン

www.amazon.co.jp
商品詳細
リポーター:あかねさん
あかねナチュラルに描きたい、自然に薄く描きたいとか、私くらい眉毛はある程度あるけどリキッドを使っていきたという方は雑誌とかでよく紹介されている方法で大丈夫。こっちのリキッドから使う方法ですね。
描いていきます。なんとなく伝わらないかなっていうくらい薄いんですよね。ちょっと薄いのが、おわかりいただけると思うんですけど、これで毛の無い部分が全部描けるかというとちょっと変わってくるんですよ。

太く描きすぎない

リポーター:あかねさん
あかねちょっと足すとかだったらお勧めなんですけど、このようにしっかり描きたいとかだと眉毛の質感とリキッドの薄さの質感の違いが凄い出ちゃって段差みたいになっちゃうんですよね。
水墨画みたいなところと本当の眉毛がある部分。その辺に関して気を付けたほうがいいのであんまりリキッドアイブローで気を付ける点は、あんまり太く描き過ぎない事ですね。

描くときは力を入れすぎずに

リポーター:あかねさん
あかね本当にちょっとずつちょっとずつ眉毛の足りない部分に描く。
ちなみに水墨画とか習字とかと一緒でこうやって押してやっていくとそこがはげていっちゃうので。なので描くときは強く押し当てるのではなく、すーすーっと力を入れて抜いて入れて抜いてみたいな感じです。じゃないと色が付かない。リキッドは濡れていると簡単にとれちゃうので。

逆に言うと、このまますぐ描いちゃうと濡れているので色めっちゃ付くわ、強く描いたら落ちるわで大変なので乾くまで少し待ちます。

チップは乾いてから

リポーター:あかねさん
あかね今、水墨画みたいにリキッドのほうでベースをある程度描いたんですけど、もう乾いたのでチップのほうで足していきたいと思います。乾いていないと本当にドロドロについちゃうので気を付けてくださいね。
今回、若干結構濃いめのものを選んじゃったので、チップで足すときも若干ちょっと薄めに置いていきます。

リポーター:あかねさん
あかね
ポイント!これもこうやってチップて言うとみんなイメージするのがアイシャドウみたいにのせると思います。でも、そうしちゃうとペンシル描いたのかなんだかわかんなくなっちゃうので。チップのいいところってふんわりつくところなので、力はここだけこの固定の部分だけ入れてこの指先の力は抜いてあげてください。
とんとんとという感じで。本当に無い部分に置いていってあげる感じです。チップで描こうとしないでください。

最初のリキッドでちゃんと輪郭は描けているので、チップは本当に色を入れていく感じ。トントントンって入れていく感じです。そうするとすっごい自然に描けます。
なのでこれを使う時でナチュラルに描きたいという方は、基本はこっちのリキッドのほうで土台をしっかり描いてあげて、足りないなーという部分だけこっちのチップを少なく使ってください。ある程度自然なふんわりした感じに仕上がると思います。

自分に合ったアイテム

リポーター:あかねさん
あかねはい、今日も動画をご覧いただいている皆さんありがとうございました。
ふんわりナチュラル、エレガントになりたい方はパウダーをお勧めします。
ちょっと強めクール系、眉毛を前に印象に出したい、強く見せたい方はこちらのエクセルのペンシルをお勧めします。
眉毛が結構手入れしすげて無くなちゃったとか、全く無いのにペンシルで描けないという方は本当にリキッドのタイプとチップがセットになっているアイテムがお勧めです。
多分それぞれ、大体この三つで皆さんどれかに当てはまると思うんですね。うまく使いこなせると思うので今日の動画を見て「私なんか違うの使ってたな」と思った方は今日を境に是非チェンジしてください。

リポーター:あかねさん
あかね皆さんもお勧めの商品やコンプレックスがあれば下のコメント欄にいただければどしどし答えたいと思いますので、コメントお待ちしております。
それでは今日もありがとうございました。あかねがお送りいたしました。バイバーイ!

リポーター:アカネさんのInstagram

LINEでも質問や相談を受け付けてます!

アカネさんに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【体験レポート】イヴ・サンローランのパレットで分厚い唇を活かすメイク!

  2. 【2017ファンデーション徹底比較】クッションvsリキッド

  3. 【体験レポート】ADDICTION ザ アイシャドウを使った夏の夜のうる瞳メイク

  4. 【2017 シュウウエムラ】秋の新色リップをお試し!

  5. 【体験レポート】自然な色味を長続きさせたい!ツヤ感の出るリップコートを試してみた

  6. 【2017】秋のおしゃれは口元から!レブロン新色リップを【徹底比較】

  7. 【2017版】自然なノーズシャドウで鼻を高く!

  8. 【体験レポート】ゲランのパレットで口角を上げて唇の形をキレイに!

  9. 【体験レポート】脱 ”男っぽい顔” ランコムのオリンピア ワンダーランド パレットで”大人ガーリー”…

PAGE TOP