おすすめ記事

おすすめ記事一覧

事務の負担が激減?!小規模会社で役立つOCR5選

最終更新日:2020.12.01

記事画像

現在のペーパーレス化に伴い、文章電子化装置であるOCRツールが近年再び注目を浴びています。その中で、適切なOCRツールを選ぶことができず困っている、従業員約30~50人の小規模会社において事務処理をする方々のために、今回はおすすめのOCRツールを5つ紹介させて頂きます。

サクッと事務系の業務を完了させたいなら・・・

間は紙に書かれている文字を無意識に理解しようとするため、どうしても時間がかかってしまいます。しかし、コンピューターであれば様々な紙形式の書類を自動で読み込み、認識してくれるのです。このコンピューターに当たるものが今回紹介するOCRツールになります。OCRツールを導入することで、今まで行ってきた事務系の業務の工数が圧倒的に減り、他の多様な業務の時間に充てることが可能になるので、生産性が以前より格段と向上するのが、このOCRツールの威力なのです。

OCRってなに?

そもそもOCRとは何かを簡単に説明すると、光学的文字認識技術を使って、手書きの文字や印刷された文字をスキャナー等で読み取る事で、テキストデータとしてデジタル化に変換出来る、いわゆる文章電子化装置です。元々Optical Character Recognitionの頭文字をとった略称になります。先程述べたことの繰り返すにはなりますが、このOCRツールを利用することで、以前までの紙媒体での情報がデジタル化し、テキスト認識の分野における事務系業務の負担が圧倒的に減り、作業効率が上昇していく点が最大のメリットになります。近年では、人口知能の技術の発達により、AIが自動で認識してくれるサービスも増加しているため、AI OCRサービスも含めて紹介します。

OCRはこんな風に使われる!

1.ABBYYの「Mobile Capture by ABBYY」
ある従業員の例においては、スマートフォンのカメラを使用してドキュメントの写真を撮るだけで、チャーター、行動、または重要なドキュメントをスキャンできます。写真のドキュメントの境界線を定義し、背景をトリミングし、ドキュメントを位置合わせすることにより、自動的に画質を向上させます。必要に応じて、従業員は画像を明るくする、ノイズを減らす、写真のぼやけを取り除くなどの追加のタスクを実行できます。画像が前処理されると、デジタル化のためのスキャンをサーバーベースのドキュメント認識ソリューションであるに送信されます。そのサーバーは、全文検索機能を使用して、数秒で画像をPDFに変換します。そして、ドキュメントはMicrosoft OneDriveまたはGoogleドライブプラットフォーム上の企業のクラウドストレージに送信されます。PwCスペシャリスト向けに作成されたアプリケーションは、MobileIronモバイルデバイス管理プラットフォームと統合されています。モバイルデバイス管理(MDM)ソリューションの一部であり、企業情報を不正アクセスや不正配布から保護し、サードパーティアプリケーションが格納された情報にアクセスできないように構成できますモバイルデバイスで。たとえば、従業員が機密文書のスクリーンショットを撮りたい場合、このアプリケーションを使用すると、ドキュメントの写真を撮ったり、背景をトリミングしたり、フィルターを適用したり、ドキュメントにタグを追加したり、認識のためにテキストを送信したりできます。

2.Amazonの「Amazon Textract」
毎日のニュースを提供する大手プロバイダーの事例において、公共の関心事の記録を研究するための重要なツールになっております。ニュースを速報するために単語だけでなく、報道価値のあるドキュメントにある構造化データも必要があるため、AmazonTextractでさらに詳しく文書からのデータ、より正確には、ジャーナリストの報告を支援します。

3.NTT東日本の「AIよみと~る」
税理士法人よる事例では、税務書類作成に必要な通帳のデジタル化を行いました。内製のRPAと組み合わせることで、基本的に自動入力されたデータを一人で確認できるようになり、手書きの文字をより精密に読み込めることに成功しました。

4.株式会社ユニメディアの「LAQOOT」
LAQOOTで、PDF形式の帳票の電子データを読み込み、CSVファイルをダウンロードすることで、完全テレワーク業務を実現させます。また、LAQOOTで、郵送での紙の帳票を複合機でスキャンし、電子化したファイルを読み取ることで、時短勤務を実現できます。

5.COGENT LABSの「Tegaki」
ある銀行の事例において、Tegakiにより、契約書を電子化し、実際に融資の審査を行ったシステムで契約書のデータと融資条件が一致しているかどうかを自動で確認できます。Tegakiを導入することで、これまで複数人で行っていた作業の多くを自動化できるようになり、合計3分の2以下の工数に抑えることに成功しています。

プロダクト紹介

ABBYYの「Mobile Capture by ABBYY」

「Mobile Capture by ABBYY(モバイルキャプチャーバイアビー)」は、デジタルインテリジェンス企業であるABBYY(1989年設立、Milpitas, California, United States、日本法人有り)によって提供される、開発者向けのソフトウェア開発キット(SDK)です。このツールでは、モバイルアプリ内に自動データキャプチャを付加し、リアルタイム認識やバックエンド業務に必要な文書の写真をキャプチャすることが可能になるので、優れた顧客体験を提供します。このサービスの名前の通り、これはモバイルアプリで対応しています。ご利用料金に関しては、無料体験はあるものの、ABBYYにお問い合わせしてみてください。

Amazonの「Amazon Textract」

「Amazon Textract(アマゾンテキストラクトAmazon(1994年設立、Seattle, Washington, United States、日本法人有り)が提供する、AWSで利用できるドキュメント抽出サービスです。一般的なOCRソフトがデータ等によって手動で設定する一方で、Amazon Textractは機会学習により、それらを無視し、ドキュメントやデータを高速かつ正確に抽出することが可能になります。APIの料金では、文字を読み取るDetect Document Text APIが1ページ当たり約0.16円、文字とフォームを読み取るAnalyze Document APIが1ページ当たり約1.62円、文字と表を読み取るAnalyze Document APIが1ページ当たり約5.39円、文字とフォームと表を読み取るAnalyze Document APIが1ページ当たり約7.01円になります。

NTT東日本の「AIよみと~る」

NTT東日(1999年設立、東京都新宿区西新宿))が提供する「AIよみと~る」は、AI技術を使って、手書き書類や帳票の文字読み取りを実現させるOCRツールです。読み取り精度が96.71%というデータが示す通り、高水準であり、簡単な操作のみで設定が出来てしまうのがポイントになります。また、上記の活用事例の様にRPAツールと組み合わせることで、入力や読み取りの自動化がなされ、稼働時間を半減できます。また、PC版(ブラウザ版)で対応しています。ご利用基本料金は月6万箇所までで約11万円で、使う量によって3つの料金プランがあるため、HPから詳細をご覧下さい。

株式会社ユニメディアの「LAQOOT」

株式会社ユニメディアがサービスとして提供する「LAQOOT(ラク―ト)」は、紙の帳票のデータに特化したAI OCRサービスです。AI(人工知能)による文字認識だけでなく、データ処理に特化した処理になっており、印刷された文字だけでなく、手書きの文字も理論的には100%のデータ精度を実現しています。AI(人工知能)」と「人間」を自動でつなぎ、「AI×人間」を実現する日本初のサービスが「LAQOOT」になります。また、PC版(ブラウザ版)で対応しています。ただし、利用するにあたっての費用等は個別フォームでの対応となります。

COGENT LABSの「Tegaki」

株式会社 Cogent Labsがサービスとして提供する「Tegaki」は、手書き文書をスキャンして取り込むだけで簡単にデータ化できる手書きOCRサービスです。「Tegaki」は、これまで自動認識が難しかった手書き文字を高速かつ高精度に読み取ることができます。医療機関での申込書や問診票、問診票など様々な手書き文書の読み取りに対応しています。独自のアルゴリズムを利用し、識字率が約99.2%であり、手書きだけでなく、チェックボックス・丸囲い文字などにも対応しています。さらに、各種多言語・業界用語にも対応が可能です。ただし、こちらも利用するにあたっての費用等は、事前にお問い合わせをし、見積もり相談する必要があります。

良い口コミ

1.ABBYYの「Mobile Capture by ABBYY」
・金融業界の誰にとっても、数字はもはや過労の会計士が顧客主導の納期と戦うことではないことが簡単に理解されています。それはすべて自動化の方法で行われています。自動化へのシームレスな入力の唯一のハングアップは、信じられないかもしれないが、その多くがまだ紙として保存されているという事実である。私の会社は、特に、すべての記録のデジタル化を開始するためにプッシュした。彼らは OCR ができると言う何百もの製品がありますが、ABBYY は、ドキュメント、フォントなどの膨大な種類を処理できるという事実。これにより、出力を修正したり、実際に検索可能なドキュメントをファイル ストレージに保存したりする時間を大幅に節約することができます。私はちょうどこの製品が開発され続け、そのリーズナブルな価格帯のままであることを願っています。

・最終的に、ABBYY がすべての記録とハードコピーをクラウド サーバーにデジタル化するという私の会社の取り組みにおいて重要なコンポーネントになることを理解した上で、ライセンスを追加購入しました。しかし、別のライセンスを購入する必要はないかもしれませんが、非常に小規模な企業にとっては、ABBYY は同じシリアル コードの複数のセッションを素早く検出し、両方をブロックすることがすぐにわかるでしょう。少し過剰ですが、この優れた製品の厳格な使用と保護を理解することができます。

2.Amazonの「Amazon Textract」
・Amazon Textract は、ロボティック・プロセス・オートメーションの実装において多くの助けとなります。Amazon Textractの最も良い使い方は、物理的な文書/PDFからデータを抽出することです。単に光学式文字認識を実行するだけでなく、そこからキー/値のペアや表のデータを抽出し、基本的には物理的な文書をデジタルに変換するのに大いに役立ちます。それは、意味のある情報を抽出するためにOCR&書き込みルールエンジンを実行するための努力を減らすことができます。すぐに使えるし、カスタムトレーニングも必要ありません。
・Amazon TextractはスキャンしたPDFから手書きの文書/イメージにテキストを抽出するための強力なクラウドベースのインテリジェントなOCRツールです。それは何千もの請求書から機械学習を使用してデータを抽出するのに独特な技術を使用し、インターネット上に存在する文書およびテンプレート。これだけでなく、他のOCRツールを使用しているときにものをカスタマイズする際の追加の手間の必要性をelimintatesだけでなく、それは全体的なプロジェクトの開発とコストのために必要な時間を短縮することによって、全体的なプロセスの効率を向上させます。

3.NTT東日本の「AIよみと~る」
・口コミ情報は特になし

4.株式会社ユニメディアの「LAQOOT」
・口コミ情報は特になし

5.COGENT LABSの「Tegaki」
・口コミ情報は特になし

悪い口コミ

1.ABBYYの「Mobile Capture by ABBYY」
・ライセンスの取得は少し厳しすぎて、リモート ライセンス取得の手順を WIndows Services 内で手動で再起動しなければならないことがよくあります。

2.Amazonの「Amazon Textract」
・Amazon Textractでは、希望するフォーマットのデータを識別できないことがあります。そして現在、このサービスでデータを識別するためのトレーニングを行う仕組みが整ってないため、ボトルネックになることがあります。
・機会学習の精度は常に100%とは限りませんし、手書きの領収書やスキャンした請求書など、処理しようとしている文書の種類によっても異なります。

3.NTT東日本の「AIよみと~る」
・口コミ情報は特になし

4.株式会社ユニメディアの「LAQOOT」
・口コミ情報は特になし

5.COGENT LABSの「Tegaki」
・口コミ情報は特になし

システム見直し本舗編集長 三ツ谷直臣

システム見直し本舗編集長 三ツ谷直臣

日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記リンクよりお願いします。
https://andd.live/contact/







関連記事

  1. 記事画像

    【2020年最終確定版】最強のMAツールはこれだ!

  2. 記事画像

    不動産業界の決済SaaSを導入事例から紹介

  3. 200人規模の不動産業界向け 勤怠管理ツール3選!

  4. 50人規模の道路貨物運送業界向け 勤怠管理ツール3選!

  5. 従業員50人規模の人材サービス業者向け 勤怠管理ツール3選!

  6. 200人規模の食料品製造業界向け 勤怠管理ツール3選!

  7. Image10

    従業員20人以下の製造業でDX/デジタル化|勤怠の管理の課題解決

  8. 従業員1000人規模のホテル・旅館業向け 勤怠管理ツール3選!

  9. 事務作業DX化

    100人規模の福祉介護企業に相性のいい勤怠管理システムはどれ?|jinjer&カイポケ

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. Collaboration
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. Productivity
  2. Bubble
  3. 勤怠管理
  4. 飲食店 会計
  5. 記事画像
PAGE TOP