おすすめ記事

おすすめ記事一覧

.bubble

最終更新日:2020.12.01
会社ロゴ
4.6 out of 5 stars (4.6 / 5)

.bubbleはあらゆる規模のビジネス向けに設計されたプログラミングなしでWebサイトや、アプリケーションの構築、設計ができるクラウドベースのプラットフォームです。
.bubbleはノーコードツールを代表するツールで、拡張性に優れていることでも有名です。無料で使うことができ、プログラミング経験がなくても直感的な操作で開発を行うことが可能です。

このSaaSが登場する記事

[blogcard url=”https://andd.live/3029/glide%e3%80%81adalo%e3%80%81bubble%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e9%96%8b%e7%99%ba%e5%90%91%e3%81%91%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%82%b3/”]
[blogcard url=”https://andd.live/4033/bubble%e3%81%a8adalo%e5%be%b9%e5%ba%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%81/”]
[blogcard url=”https://andd.live/3439/%e7%99%ba%e6%b3%a8%e8%80%85%e5%bf%85%e8%a6%8b%ef%bc%81%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ae%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88/”]

説明

あらゆる規模のビジネス向けに設計されており、ドラッグ&ドロップエディタ、カスタムドメイン名、データストレージ、ワークフローの自動化など、アプリケーションの構築や設計を支援するクラウドベースのプラットフォームです。

企業がプログラミングなしでモバイル&ウェブアプリケーションを構築・設計できるクラウドベースのソリューション。

誰でも無料で使うことができ、プログラミング経験がなくても直感的な操作で開発を行うことが可能です。

従来の開発に比べ、圧倒的に安価で、短期間での開発が可能になります。

また、プログラミングの知識が必要ないため、誰でも開発をすることが可能で、エンジニア以外の方が自社ツールの開発もすることが可能になります。

最近では日本人の方も.bubbleを使っている方が増え、日本語での解説サイトが数多く存在していることも.bubbleを使う利点と言えます。

仕様

推奨社員数:1~100
無料トライアル:あり
無料プラン:あり
モバイル:あり
日本語対応:なし
連携サービス:Airtable,Google.slack,zapier,lineなど、数10~数100種類以上

.bubble 料金

初期費用:0
ランニング費用:0
Hobby 無料
Personal $29/月
Professional $129/月
Production $529/month
月額/ユーザー:1アカウントごとに料金が発生する
最低利用人数:1
最低利用期間:なし

Glide、Adalo、bubbleとは?アプリケーション開発向けノーコードツール3つを比較

よくある質問

Bubbleは、JS、CSS、React、Ruby on Railsなどの従来の言語やフレームワークと比べてどうですか?

Bubbleは、Web開発に伝統的に使用されてきた他のプログラミング言語やフレームワークを置き換えるために設計された、実際のプログラミング言語です。これには、Ruby on Rails、Django、PHPなどのバックエンド技術や、HTML、CSS、Javascriptなどのフロントエンド技術が含まれます。

従来のコーディング技術とは異なり、Bubbleは、Webやモバイル向けのマルチユーザー・インタラクティブ・アプリケーションを構築していることを前提としています。

なぜ.bubbleを選ぶのですか?

起動が早くなります。Bubbleでは、デザインを実際のアプリケーションに変換するのが従来の開発よりもはるかに速くなります。

時間を節約します。開発チームがデザインを実用的なアプリケーションに変換するのに数週間から数ヶ月かかることもあります。Bubbleは、設計と開発のギャップを埋めます。

反復作業がより速くなります。開発者だけでなく、チームの誰もが変更を加えることができます。

コストの削減。社内のエンジニアリングチームを雇用するには、小規模な組織であっても、一般的に年間6桁の予算が必要です。Bubbleを使えば、完全に機能するWebアプリケーションを自分で構築することができます。

使いやすい。開発者を雇うことは、新しいプロジェクトを始める上で大きなボトルネックになることがあります。Bubbleは全くの初心者でも簡単に使えるので、技術的な才能に投資して始める必要はありません。

パワフル。Bubbleは、完全に機能的でスケーラブルなアプリケーションを構築するのに十分なほど強力で、JavascriptプラグインやAPIを介して拡張可能です。

会社情報

会社ロゴ

法人名:Bubble Group, Inc.

会社所在地:グレーター・ニューヨーク・エリア、東海岸、アメリカ北東部

設立年:2012年設立


 アプリ開発にお困りですか?弊社はノーコードでアプリ開発事業も運営している会社です。 本ページの問い合わせ、もしくは下記のボタンを押して、あなたに合ったアプリを一緒に作りましょう!

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. 記事作成

    BubbleのDNSレコードの設定を徹底解説!!

  2. SaaS画像

    Money Forward クラウド

  3. SaaSロゴ

    Pipedrive

  4. 記事作成

    Bubble・データを表示する、ダイナミックな式を構築する

  5. 記事作成

    Bubbleのバージョン管理とデータベースのコピー・バックアップを解説してみた!!

  6. SaaSロゴ

    Yappli

  7. 特集記事

    強力MAツール×ノーコード!Moosendをご紹介!

  8. 記事作成

    Bubbleのプラグインにおける要素・アクションのビルドを説明してみた!!

  9. teamspirit_logo

    Team Spirit

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. タスク
  2. 勤怠管理
  3. Productivity
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP