おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Marin Software

最終更新日:2020.12.04
Marin Software
4 out of 5 stars (4 / 5)

Marin Software は、業界をリードするエンタープライズ マーケティング ソフトウェアを広告主や代理店に提供し、Web およびモバイル デバイスを介して年間数十億ドルの広告費を測定、管理、最適化します。Marinのソリューションは、オーディエンスのターゲティングを改善し、デジタルマーケティングプログラムのROIを向上させます。

説明

Marinを使うと、広告の効果を増やすことができる上、最終目標の達成を確保し,最適なワークフローを提供して時間の無駄を50%減少できます。もう一つの特徴は、スマートなデータレポートを出して、一々検査することがもう必要ありません。Marinの特徴は、キャンペーン管理です。オンラインでのキャンペーンの作成、管理、最適化に必要な作業を合理化して、仕事を効率化する最近の変化によって、新しいビジネスや仕事環境に移行するため、デジタルマーケティング業者が多難に直面しています。Marin Softwareは、デジタルマーケティングに関するインサイトをシェアして、悩んでいる人を助けます。

素晴らしいマーケティング担当者が持つ最も強力な武器は、自社のデータです。MarinOne は、CRM、データウェアハウス、パブリッシャー データ、およびサードパーティのシグナルなど、利用可能なすべてのデータを最大限に活用できるように設計されています。MarinOne は、広告キャンペーンをパブリッシャーのベストプラクティスに合わせて、チャネル全体で最適なパフォーマンスを実現します。これは、現代のパフォーマンス マーケティング担当者にとって最も効果的な要因の 1 つです。MarinOne は強力な機械学習を使用して予算を配分し、入札を計算し、広告ポートフォリオ全体でピークパフォーマンスを発揮します。当社は、より優れたデータを使用することで、他の入札ソリューションを凌駕しています。

仕様

無料トライアル 可能
無料プラン なし
モバイルアプリ あり
日本語対応 可能
連携サービス ADCLEAR, bluekai, Channel Factory, Datalicious, ebay, facebook など

金額・価格

初期費用 $499

Marin Professional:月額$500~   Marin Enterprise: 月額$5000~

よくある質問

Marin Software に直接株式購入プランはありますか?

現在、Marin Software には直接株式購入プランはありません。

転送エージェントとは何ですか?

株式公開会社の名義書換代理人と登録機関は、発行済みの株券とその名義人の名前を記録しておきます。株式が手に渡ると、名義書換代理人は、株式の所有権を売主の名義から買主の名義に移します。登記官は、すべての譲渡記録を照合し、引き落とされた株式数と引き落とされた株式数が入金された株式数と同じであることを確認します。

証券会社の口座を介して売買された株式の記録は、名義書換代理人が管理していません。これらの記録は、株式が売買された特定の証券会社が管理しています。

会社情報

Marin Software

法人名:Marin Software Inc

会社所在地:サンフランシスコ、カリフォルニア州、アメリカ

設立年:2006年

システム見直し本舗編集長 三ツ谷直臣

システム見直し本舗編集長 三ツ谷直臣

日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記リンクよりお願いします。
https://andd.live/contact/







関連記事

  1. メタップスクラウドとは?開発会社である株式会社メタップスに直接インタビュー

  2. SaaSロゴ

    Repro

  3. 特集記事

    【2020年】Microstrategyとは?世界の企業に導入されているBIツール!

  4. SaaSロゴ

    task world

  5. SaaS画像

    MicroStrategy

  6. SaaSロゴ

    2checkout

  7. SaaSロゴ

    Skype

  8. SaaSロゴ

    LiveChat

  9. SaaS画像

    PerkHub

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. Collaboration
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. タスク
  5. 記事画像
PAGE TOP