Evervault

最終更新日:2020.11.04

Evervaultは、外部からの介入や影響を防ぐと同時に、数学的なコードがより強固なものになると考えています。組織や企業は、個人が要求するサービスや製品を提供するために、このデータを取り消すことができるリースを持っています。これらの企業がサービスを提供できるようにしながらも、データのリースが短期間で済むようにするためのインフラを構築しています。

Evervaultでは、すべての人にデータのプライバシーを提供することを使命としています。 この問題の解決にどれだけの時間を費やしてきたかを考えると、プライバシーの世界については非常にユニークな見解を持っており、今後数年の間にどのように展開していくのかを期待しています。実用的なプライバシー宣言は、当社のエバーバウル製品の考え方の DNA を定義していますが、さらに重要なことは、現在および将来、個人としてデータプライバシーをどのように考えるかの基礎になると考えていることです。

プライバシーケージとは、外部からアクセスできないデータ処理コードを含む環境のことです。プライバシーケージは、データの所有者以外の者が、その立場に関係なく、基本的な情報にアクセスできないようにしなければなりません。組織は、プライバシーケージを使用せずに機密データを保存、コピー、処理してはいけません。いったん情報がプライバシーケージに送られると、誰もプライバシーケージを修正する能力を持ってはならず、もし改ざんされた場合、プライバシーケージは自壊するべきです。Evervault の目標は、プライバシーケージをインターネットインフラストラクチャのファブリックに統合することです。プライバシーは基本的な期待であり人権ですが、それが摩擦を生じさせたり、技術進歩のペースを遅らせたりすることがあってはなりません。

仕様

無料トライアル 調査中
無料プラン 調査中
モバイル 調査中
日本語対応 不可能
連携サービス Google

金額・価格

業種や規模によって変動するため、お問合わせください。

よくある質問

Q1 なし
A1
Q2 なし
A2

会社情報

法人名:Evervault  Inc
会社所在地:エクスクェアチャンバー 19-23 エクスチェンジ・ストリート ダブリン L2 2
2018年設立
ファウンダーズ株式会社メディアチーム

ファウンダーズ株式会社メディアチーム

ファウンダーズ株式会社メディアチームです。
システム見直し本舗の運営を行っています。
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます。
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. SaaSロゴ

    Yappli

  2. SaaSロゴ

    Act-On

  3. SaaS画像

    Docparser

  4. SaaSロゴ

    Instapage

  5. SaaSロゴ

    請求管理ロボ

  6. SaaSロゴ

    Bulbul(Jungleworks)

  7. SaaS画像

    Amazon Textract

  8. SaaSロゴ

    Mind Meister

  9. SaaS画像

    Adobe Fonts

おすすめ記事一覧

  1. タスク
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. top_image
  5. 記事画像

人気記事

  1. 記事画像
  2. canva_log

    2位

    Canva
  3. 特集記事
  4. 記事画像
  5. 会社ロゴ

    5位

    .bubble
  6. 特集記事
  7. 記事画像
  8. topimage
  9. SaaSロゴ

    9位

    Asana
  10. 記事画像
PAGE TOP