おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Contentful

最終更新日:2020.11.04

Contentful App Frameworkを使用することで、コンテンツとテクノロジーへの投資をより効果的に行うことができます。すぐに使える統合機能を使用して市場投入までの時間を短縮したり、競争力のあるデジタル体験を提供し、チーム、ビジネスユニット、市場全体で使用できるカスタムアプリを構築することで、市場投入までの時間を短縮することができます。

説明

Contentfulは、セグメント化、パーソナライズ、実験が可能で、お気に入りのマーテックツールと統合することができます。CTAのA/Bテストをしたいですか?Contentfulは、コンテンツを作成する人たちの手に力を取り戻します。ライター、デザイナー、コンテンツ制作者は、バックログを埋めることなく作業を行うことができます。Contentfulは、単一のコンテンツレイヤーとしてご利用いただけます。あらゆるデバイスで何百ものデジタル体験を提供することができるため、技術スタックに複数のCMSを使用する必要はありません。

当社のコンテンツプラットフォームは、コンテンツの作成、編集、管理のための中心的なハブとなり、あらゆるデジタルチャネルにコンテンツを公開するためのツールを提供します。APIファーストで、完全に拡張可能で、最も要求の厳しいデジタル体験にも対応できるようにスケールアップされています。

コンテンツとプレゼンテーションは分離されているため、コンテンツはすべてのデジタルチャネルで再利用可能です。コンテンツが構造化されているため、開発者は簡単に構築でき、エディタは一度に多くのチャンネルを更新でき、マシンは変更を自動化することができます。

技術的な知識を持たないチームメンバーでも、すべてのコンテンツを1つの場所に統合する直感的なユーザー体験を楽しむことができます。デザイナー、クリエイター、マーケッター、編集者は、開発者と同時に作業することができます。アジャイルなワークフローなので、一度書いたらどこでも公開できます。

仕様

無料トライアル あり
無料プラン あり
モバイルアプリ 調査中
日本語対応 不可能
連携サービス AKQA, APPNOVATION, HUGE など

金額・価格

コミュニティー用 0
チーム用 $489(中型)
$879(大型)
企業用 ご相談ください

よくある質問

Q1 Contentfulはホームページ作成ツールですか?

A1 プロジェクトのためのコンテンツインフラを提供しています。ウェブサイトを作成する場合は、Contentfulを使用してコンテンツを管理することができます。

ウェブサイトを作成するには、自分でコーディングしてAPIからコンテンツを読み込むか、代理店、フリーランサー、またはウェブサイトを開発してくれる人と協力する必要があります。Contentfulは、ウェブサイト、モバイルアプリ、またはコンテンツを表示する他のプラットフォームのコンテンツを更新することができるプラットフォームです。コンテンツを管理するために独自のバックエンドを作成する時間と手間を省き、実際にウェブサイトやアプリを生成するのがより簡単になるようなツールを多数提供しています。

プレゼンテーション層にとらわれないことがContentfulの強みであり、どのようなプラットフォームでもコンテンツを再利用することができます。

Contentfulの設定と個別の開発という2つのステップでコンテンツ配信プラットフォームを作成することは、大変な作業のように聞こえるかもしれませんが、特にプラットフォームを超えてコンテンツを適切に公開するためには最も効果的な方法です。そうすることで、どのプラットフォームにもコンテンツを公開できる自由度を得ることができるだけでなく、いつでも見た目を変更することができます。HTMLページでのコンテンツの使用方法については、さらに詳しい情報があります。

Q2 自分のコンテンツをアプリやウェブサイトに公開するためには何をしなければならないのですか?

A2 全体的に、Contentful からアプリやウェブサイトにコンテンツを配信するには、以下の 3 つのステップを踏む必要があります。

1, コンテンツモデルを作成します。コンテンツモデルは、コンテンツを適切に構造化するための最初のステップです。これは、特定のタイプのデータのみを入力できるコンテンツタイプを作成することで構成されています。例えば、インタラクティブなクイズを作成する場合、質問、複数の答え、正解の指標、画像などを追加する必要があります。これは、コンテンツモデルで設定することができますので、簡単にあなたが望むようにあなたのクイズに多くの’質問’を追加することができます。
2, エントリーと資産を追加します。エントリーは、コンテンツ自体を参照してください。エントリーは、ブログの記事、製品の機能やレシピの成分、またはあなたが想像できる他の何かである可能性があります。これらのエントリは、もっぱらあなたの以前に作成されたコンテンツモデルに依存します。このフェーズでは、画像、サウンド、ビデオ、その他多くのファイルなどのアセットを追加することもできます。
3.当社のAPIを使ってコンテンツを配信します。コンテンツの配信部分は、開発者だけに任せることもあれば、そうでないこともあります。この3つ目のステップでは、どのコンテンツがどのプラットフォームに配信されるかを決定するAPIキーを設定します。配信が正しく設定されると、「発行」ボタンを押すとすぐにコンテンツを利用できるようになります。

会社情報

法人名:Contentful GmbH

会社所在地:EU

2013年設立

システム見直し本舗編集長 三ツ谷直臣

システム見直し本舗編集長 三ツ谷直臣

日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記リンクよりお願いします。
https://andd.live/contact/







関連記事

  1. SaaS画像

    スマレジ

  2. SaaSロゴ

    monday.com

  3. Taskworld(タスクワールド)の使い方や料金などを詳しくご紹介!

  4. SaaSロゴ

    GoodData データ分析ツール

  5. SaaSロゴ

    Skype

  6. SaaSロゴ

    Crowdfire

  7. SaaSロゴ

    ClickPay

  8. SaaSロゴ

    Tookan(Jungleworks)

  9. SaaSロゴ

    Asana

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. Collaboration
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 勤怠管理
  2. 記事画像
  3. Productivity
  4. top_image
  5. 記事画像
PAGE TOP