おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Microsoft Teams

最終更新日:2020.11.06

「Microsoft teams」は、Microsoft社が提供するビジネスチャットツールです。Office365とチームコラボレーションの主軸となることを目標にチーム内のコミュニケーションをスムーズにするための機能が多く搭載されています。

説明

機能
①チャット
1対1のチャット、またはグループを作成しグループ内でチャットすることができます。
かんたん操作でメッセージを送信することができるので、使いやすいです。

②通話/テレビ会議
メンバーと通話機能を使用した通話や、複数人のグループでテレビ会議が可能です。テレビ会議はスケジュール設定をし、メンバーを招待すると使えます。その他機能としてレコーディングが可能であり、会議の内容や聞き漏らした個所などを確認するのに役立ちます。

③Wiki
wikiは、メモとして活用したり、グループで共有したい情報、マニュアルなどを作成できます。グループ内であれば、誰でも手軽にブラウザからそのままコンテンツを編集することができますので、うまく活用できればスムーズな情報共有が可能になります。

④Office365との連携
Microsoftの製品であるOfficeとの連携が可能です。Outlookの予定表を調べたり、Teams内で共有したファイルをShare Pointで保存することや、その他にもWordやExcel、PowerPointといった製品との連携により、スムーズな共有が可能になります。

仕様

無料トライアル:なし
無料プラン:あり
モバイルアプリ:あり
日本語対応:あり
連結サービス:office365のサービス

金額・価格

初期費用:0円

無料プラン(Teamsのみ使用可能)

business basic:¥540 ユーザー/月相当

business standard:¥1,360 ユーザー/月相当

Office 365 E3:¥2,170 ユーザー/月相当

よくある質問

Q1 電話会議の利点は何ですか?

A1 会議への通話は、ユーザーが外出先にいるときに便利です。たとえば、Skype for Business または Microsoft Teams アプリを使ってノート pc やモバイルデバイスで会議に出席することはできません。 ただし、コンピューター上のアプリよりも電話を使用して Skype for Business または Microsoft Teams 会議に参加したほうが良い場合があります。

  • インターネット接続が制限されている。
  • 会議が音声のみ。
  • ユーザーが Skype for Business 会議に参加しようとして失敗した。
  • ダイヤルインすると、通話音質が向上します。
  • Bluetooth デバイスを使用すると「ハンズフリー」で会議に参加できる。
  • 状況によっては、そのほうが簡単で便利なことがあります。

Q2 電話会議には誰が参加できますか? 誰と聞くことができますか?

A2 ダイヤルイン番号と会議 ID を持っているユーザーは、会議の開催者が会議をロックしていない限り、Skype for Business または Microsoft Teams の会議に参加することができます。

電話または Skype for Business または Microsoft Teams アプリのいずれを使用して通話を発信している場合でも、通話中の他の参加者の声を聞くことができます。 会議の開催者は、会議の出席者が音声を聞くことができない場合に “ミュート” することができます。

会社情報

法人名:マイクロソフト

会社所在地:アメリカ合衆国ワシントン州

1975年設立

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. SaaSロゴ

    ClickPay

  2. SaaSロゴ

    TARS

  3. satori

    Satori

  4. SaaSロゴ

    2checkout

  5. SaaSロゴ

    HelpScout

  6. SaaSロゴ

    Fugu(Jungleworks)

  7. SaaSロゴ

    Google meet

  8. 会社ロゴ

    .bubble

  9. SaaSロゴ

    Eight

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. タスク
  2. Productivity
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. Bubble
PAGE TOP