【EC業界オススメ】企業が導入している行動分析ツールAmplitude!【個人にもオススメ】

最終更新日:2020.11.13

2020年に入り、これまで導入していなかった企業もデジタル化を導入し始めました。テレワークが進み、小売業界などはECサービスと変化するなど、参入した企業が多いのではないでしょうか?

中でも小売業などはD2Cというワードも流行るほど、EC業界が活発化したことがわかります。

私たちは効率化を極めた大企業が活用している効率化・行動分析ツールを紹介したいと思います。

伸びているEC市場

2020年7月、経済産業省が2020年7月に公表したEC市場調査レポート「令和元年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)」によれば、2019年のEC市場規模は年間10兆円を超えました。

過去5年間で伸び続け、これからも伸び続けると予想できます。新型コロナウイルスの影響もあり、本格的にEC事業を検討している企業が多いのではないでしょうか?

オススメする理由

EC市場を成功させるためには、市場動向を理解すること、そして ユーザーの動向、使用方法 を知っておくことが欠かせません。

しかし問題点として、「急なEC導入により、データ分析しきれない。」ことが考えられます。

急な導入には人材もお金もかけることができない状況であるため、このようなツールの使用によって生産性を上げることが重要となります。

Amplitudeのオススメ機能とは?

大きな特徴

1.UI/UXの改善

2.的確な目標・指標設計

3.高度な行動分析

導入すると、Webデータ、サービスデータ、位置情報など多くの情報を分析し、チャート化で可視化でき、共有できます。

3の高度な行動分析では、「※1ペルソナ」と「※2マジックナンバー」を最速で解析します。

※1年齢、性別。濁業、年収、家族構成、今日中地域など。

※2ユーザーのアクション回数。

:30人以上フォローしたユーザーは活発なユーザー。」

Amplitude – 導入事例・レビュー

PayPal

カシュ・バゲイ氏 ー PayPal製品担当シニアディレクター

プロダクトリーダーである私にとって、 Amplitudeが提供する価値は実行速度 です。我々は四半世紀事に11倍以上のテストを進めることができました。ユーザーにPayPalの価値をより早く伝えることができるという事実は計り知れないです。

Microsoft

グーイ・チュンチャ氏 ー プリンシパル・エンジニアリングマネージャー

Amplitudeのおかげでプロダクトにおける ユーザーの行動を理解するためのエンジニアリング面の投資を、数ヶ月分節約することができました 。このプラットフォームは、データ分析の障壁を大幅に取り除いてくれます。

Square

ミシェル・モリソン氏 ー グロース・プロダクトマーケティングマネージャ

著しい成長を遂げているSquare社は、データサイロをなくし、同社のチームがセルフサービスでデータにアクセスできるようにする必要がありました。同社がユーザーの行動データを把握するための中核的な情報源としてAmplitudeを採用して以来、100人を超える従業員がAmplitudeで知見を獲得しています。

UNDER ARMOUR

カイティ・カーペンター ー シニア・プロダクトマネージャー

Amplitudeは私たちが正しい意思決定を素早く、勝つ自信を持って行うためのツールを提供してくれました。おかげで士官とお金を節約し、収益を上げることができます。Amplitudeは私たちに大胆な行動をとる機会を与えてくれます。

NBC

ジョッショ・スノー氏 ー プロダクト担当バイスプレジデント

世界を代表するメディア・エンターテイメント企業のNBCユニバーサルは、Amplitudeで得た知見を活かし、データに基づく意思決定を行うことで視聴者数を大幅に増加させています。

 

良い口コミ

① 正直なところ、Amplitudeは幅広い機能を持っているので、イベントデータを持っているならば、製品分析のためのセルフサービスツールとしては最高のものになるでしょう。イベントデータを持っていない場合(またはイベントデータがすべてバックエンドである場合)は、Amplitudeはあなたには適した製品ではないと思います。会議の途中でグラフを作成して、90%の自信を持ってグラフを作成できるツールがあると思うと…夢のようですね。

② Amplitudeはユーザーを理解するのに役立ちます。コホート、ノートブックはAmplitudeの中で最もよく使われる機能です。ライフサイクルは、ユーザーのタイプを理解するのに役立ちます。リテンションは、手動で計算することなく、一定期間の解約とリテンションを知るのに役立ちます。ユーザーセッションとファネル分析は、ユーザーセッションの長さを理解するのに役立ち、ユーザーのエンゲージメント時間を知るのに役立ちます。

③ チャートの作成のしやすさや、データでストーリーを伝えることができること。イベント管理もとても気に入っています。クリックイベントでもページビューイベントでも、イベントの写真をアップロードするのが超簡単です。さらに、イベントの説明やトリガーとなるイベントの説明を書くことができるのは、開発チームや製品チームにとって非常に便利です。これにより、プロダクト管理者として、以前は持っていなかったコントロール能力を得ることができます。要約すると、Amplitudeは非常に使いやすく、統合し、データを管理するのが簡単です。

④ 他の分析フレームワークとは異なり、Amplitudeはデータ中心であり、プロジェクト中心ではありません。Amplitudeは、カスタムデータでカスタムチャートを作成するためにユーザーに完全な制御を提供します。Amplitudeは、多くの手間をかけずにアンドロイド、ウェブ、Unityに統合するのは簡単です。Amplitudeは、ユーザーが多くの遅延なしでライブデータをテストすることができますユーザー-ルックアップ機能を持っています。Amplitudeについての強力な機能は、柔軟なデータフィルタリングです。プロジェクトは、コインとXPの特定の数でレベルを再起動したプレイヤーを分析する必要があるシナリオを考えてみましょう。ユーザーはリアルタイムでデータを分析するためのチャートを簡単に作成することができます。Amplitudeは、ユーザーにデータの完全な所有権を与え、それらの間に意味のある関係を与えるための幅広いツールを提供します。Amplitudeは、スタートアップの製品分析のための機能の有望な数を持っている無料プランを持っていません。Amplitudeプロジェクトは完全にオープンソースなので、ライブラリ自体に問題がある場合は開発者が解決しようとします。

⑤ Amplitudeは、適切なデータの監視を提供する分析機能を備えた大規模なツールであり、我々は我々の製品でそれらを提供するサービスに応じてユーザーの行動を評価し、すべての監視を指定するメトリクスやダイアグラムで一目でサンプルを提供するレビューやコメントを介して評価します。分析を共有するためのオプションは、彼らは詳細を確認し、監視することができるように、任意の同僚にリンクを送信すると同じくらい簡単に、本当に簡単です。ファネル分析と傾向は、仕事がより詳細かつ深さで行われるようにすることができ、これでそれは、これらの特性や問題のいくつかのタイプが始まったときから気づくことがはるかに簡単です。それは私が戦略を改善するための計画を立てることができますセグメンテーションに加えて、私ははるかに詳細なフォローアップを行うには、より簡単かつ効率的に私の仕事をすることができます偉大なツールと機能を持っています。

⑥このツールは、データの可視化オプションや計算の様々な配列を持つ非常に強力な分析ツールで、分析ツールの経験がない人や、私のように技術的なバックグラウンドがあまりない人でも使いやすいと同時に、非常に使いやすいです。もう一つは、彼らが提供する素晴らしいカスタマーサポートと、高額な価格を支払うための資金を持っていない新興企業や学生のためのオプションを提供していることです。

– 非常に簡単に統合でき、使い始めることができます。

– すべてが完璧に機能しています。そこに統合、レポート作成、またはレポート上の予期せぬ動作はありません。

無料版でも、レポートモジュールは非常に豊富で、柔軟性があり、十分です。あなたがデータポイントの多くを持っておらず、ちょうどあなたの製品を始めたばかりの場合、それは良いGo-toの製品です。大規模になると、有料プランに移行することでアクセスできる非常に強力な分析ツールも用意されています。

悪い口コミ

① ソフトウェアエンジニアがコードベースに計測器を追加しても安心できるようになるまでには、しばらく時間がかかりました。さらに、私は可視化をとても楽しんでいますが、分析を重ねて表示する能力に限界を感じています。例えば、1つのチャートに2つの異なるデータセットを表示したい場合がありますが、これはサポートされていません。その結果、好みのビジュアライゼーションを表示するために、AmplitudeからExcelにデータをエクスポートしなければなりませんでした。

②- プラットフォームに登録するには、事業開発担当者と話をする必要があります; それはあなたがデータポイントを多く持っていない場合は残念なことであり、無料の製品で十分であることがわかっている場合。

– 嫌いではありませんが、開発すべき領域は、スケジュールレポートにすることができます。ダッシュボードは素晴らしいのですが、Amplitudeで週/月単位のスケジュールでメールレポートを送信できるようにしてくれたら最高でした。

– これは大したことではないのですが、無料ユーザーに足りないのはPathfinder機能です。これが無料プランでも利用できるようになっていれば、すごいことになっていたと思います。

③ 編集や整理ができることは、インターフェイス内で最も直感的ではありません。チャート作成中に元に戻すボタンがあればいいのにと思います。私は特定の聴衆やイベントを選択していて、5分前に見ていたビューを保存していないビューに戻りたいと思うことが何度もあります。例:エクセルの場合は「元に戻す」ボタンを押していました。

④ APIを使用した後であっても、ユーザーのダウンロードの制限は、唯一のjson形式でダウンロードすることができます。もう一つの嫌な点は、ダッシュボードでは日付をカスタマイズできないことです。我々は複数のソースからデータを結合することができますいくつかのダッシュボード機能を持っている必要があります、例えば、私たちのデータのいくつかは、MysqlデータベースとAmplitudeのいくつかである。

これは、私は嫌いとは言わないだろう – しかし、機能の要求の一つは、Amplitudeが私たちのプラットフォームでユーザーがどこにホバー、スクロール、またはクリックしたかを知るのに役立つことができるヒートマップ機能で私たちを助けることができれば、ユーザーの経験をよりよく理解することができます。

⑤ 使いやすく、最も一般的なグラフの作成に焦点を当てているので、カスタムグラフや非常に特殊なエッジケースを作成するのは簡単ではないこともあります。あるタイプのチャートにある機能のいくつかは、別のタイプのチャートには必ずしも存在しないことがわかりました。また、チャート内のイベントをグループ化して、それらを一つの「データセット」の下に表示できるようにしたいのですが、私が見た限りではそれは不可能です。

⑥私の唯一の不便さは、あなたが持っているパッケージ(無料版)に応じて存在する可能性があります特定の制限があったが、それは100%理解可能であり、私はまだ提供されているものは期待以上だと思います。一つ気になるのは、ダッシュボードを開くたびに同じメッセージが表示され、警告通知が表示されることです。時々実際のボタンや見ようとしているデータの邪魔になるので、1日に1回か2日に1回の頻度で繰り返し警告が表示されるようにした方が良いと思います。

ファウンダーズ株式会社メディアチーム

ファウンダーズ株式会社メディアチーム

ファウンダーズ株式会社メディアチームです。
システム見直し本舗の運営を行っています。
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます。
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. プロジェクト管理で不動産業の事務をスピードアップ

  2. SaaSロゴ

    KWFinder

  3. 記事画像

    【全SNSをこれ1つで分析】SNS分析に役立つSocialinsider!【導入事例】

  4. Adzooma

    Adzooma

  5. 記事画像

    IT事業者に届け!おすすめの決済代行サービス!

  6. 記事画像

    不動産業界におすすめの決済サービス5選

  7. 特集記事

    不動産営業の効率アップ!BIツールまとめ

  8. 特集記事

    あまり知られていない!強力NoCodeツール18選!

  9. Getresponse

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. top_image
  5. 記事画像

人気記事

  1. 記事画像
  2. canva_log

    2位

    Canva
  3. 特集記事
  4. 記事画像
  5. 会社ロゴ

    5位

    .bubble
  6. topimage
  7. 特集記事
  8. SaaSロゴ

    8位

    Asana
  9. 記事画像
  10. 記事画像
PAGE TOP