おすすめ記事

おすすめ記事一覧

【製造業界おすすめ】効率良く文字データを抽出するOCRツールをご紹介!

最終更新日:2020.11.09

2020年は、世界的にもオンライン化・デジタル化の動きが加速する中で、紙の印刷物や電子化された書類等を、コンピューターが利用できる文字データに変換するOCRツールの企業への導入の勢いは止まることを知りません。

今回は、紙の書類での管理が多い業界と言われている製造業界の約100人以下の企業を主な対象として、おすすめのOCRツールをご紹介します。

製造業界のデジタル化に向けて


製造業では、多種多様な製品や取引先があるため、どこでもどこでも、どんな相手でも使える紙文書のコミュニケーションシステムが確立されており、管理がしやすくなっているために、昔から紙文書でのやりとりが多い業界と言われています。しかし、書類をデジタル化することで、ペーパーレス時代に差し掛かり、文書の保管・管理コストを下げ、時間を短縮し、最新のデータを見やすくするというメリットがあります。そんな背景下で、デジタルツールの一つであるOCRツールを用いることで、書類等を用いた業務を格段と効率化させていきましょう。

そもそもOCRツールとは?


ここで、改めてOCR及びOCRツールについて確認していきましょう。OCRとは、Optical Character Recognitionの略で、光学文字認識を意味します。つまり、OCRツールとは、手書きや印刷されや文字をイメージスキャナやデジタルカメラで読み取り、コンピュータで利用できるデジタル文字コードのデータに変換してくれるサービスのことなのです。OCRは、流通・製造・医療・小売などあらゆる業界やビジネスにおける、データ入力や文書管理等の用途に広く使われています。起源は、アメリカの発明家で暗号解読の専門家であるデビッド・ハモンド・シェパードが1951年に開発した、世界初のOCR技術を用いたシステム「GISMO」ですが、オンライン最盛期の現代では、今後の傾向として、AIを活用したOCRがより普及していくことになるでしょう。

OCRツールのメリットと、実際の使用事例


<メリット>

1.文字入力の手間が省くことができる

社内外の関係者と共有するために、紙の文書をデジタルデータに変換することがよくあります。多くの場合、文書を見ながらWordやExcelに転記していくのですが、これには時間がかかります。企業によっては、文書の転記だけを請け負っている人もいます。そのような場合、OCRを導入することで、タイピングの手間を大幅に省くことができますし、余分な人を雇う必要がなくなるため人件費の削減にもつながります。

2.ペーパーレス化の推進

紙の資料を管理するには限界があります。資料を管理するキャビネットはスペースに限りがあり、紙は劣化して定期的に交換が必要になります。そこでペーパーレス化の取り組みが重宝されますが、大量の紙資料をデジタルデータとして保管するのは容易ではありません。しかし、大量の紙資料をデジタルデータとして保管するのは容易ではないので、OCRを使って大量の紙資料を短時間でデジタルデータに変換することができます。

3.楽に情報管理できる

ニュースで「顧客名簿を入れたカバンを忘れて紛失してしまった…」という話を耳にすることも珍しくありません。情報漏洩は企業にとって致命的なミスであり、社会的な信用を失うだけでなく、直接的な経済的損失ももたらします。一方で、顧客リストなどの重要書類はデジタルデータとして保管しておけば、情報管理は格段に楽になります。

4.書類の編集も可能になる

OCRでデジタルデータに変換した資料は、WordやExcelなどに変換して編集することができます。また、最近ではOCRで変換したPDFデータをパワーポイントデータに変換してプレゼン資料を編集することも可能です。

<実際の使用事例>

・経理・会計業務を効率化

経理の仕事では、請求書を一つの台帳にまとめる作業が多くあります。請求書は月末や月初に届くことが多く、経理業務に追われているうちに簿記に時間を割くのは非常にストレスになります。また、ミスが許されない作業は単調になりますので、ヒューマンエラーも解消されません。また、データのチェックにも時間がかかり、効率化の余地を残してしまうので、OCRを導入することで、請求書の記帳作業を大幅に効率化することができます。時間とコストの削減だけでなく、転記ミスの防止にもつながります。

・紙や手書き資料のデジタルデータ化で検索性が向上

システム上で作成された資料は、そのままデジタルデータとして管理することができますが、紙ベースや手書きの資料を管理することは課題となります。特に解決したい問題は「情報の検索」です。キャビネットや倉庫のどこに保管されているのか?どのファイルに差し込まれているのか?必要な1つの資料を探すだけで10分以上かかることも珍しくありません。また、紙の資料をスキャンしてデジタルデータ化した場合、画像形式で保存されているため、全文検索に対応しておらず、大幅な検索ができません。一方、OCRでは画像データをテキストデータに変換するため、キーワードによる全文検索が可能です。文書に書かれていることを元に検索できるので、ビジネス文書の検索性を向上させることができ、文書を検索する際の時間を大幅に短縮することができます。

・労働力不足の改善及び働き方改革へ

データ入力の仕事は、時間と手間がかかる作業です。前述したように、書類を書き写すだけで人を雇う企業もあります。しかし、少子高齢化により労働力が年々不足しており、労働環境の改善が急務となっています。OCRを使えば、その両方を行うことができます。データをデジタル化して共有ファイルに保存すれば、テレワークにも活用できます。

・OCR&RPAの連携で生産性改善

RPA(Robotic Process Automation)とは、従来人間が行っていた作業をロボットソフトウェアに引き継がせる製品です。RPAは、データの抽出、ファイルの作成、システムへの投稿、特定の相手との共有、クラウドストレージからのファイルのダウンロードなど、PCの幅広い作業を自動化することができます。OCRとRPAを連携させることで、OCRで読み取った資料をテキストデータに変換してRPAに送信することで、データの抽出、入力、処理、集計、出力、共有といった一連の作業を自動化し、さらに生産性を高めることが可能になります。

おすすめプロダクト紹介


1.Amazonの「Amazon Textract」(https://aws.amazon.com/jp/textract/

「Amazon Textract」は、スキャンした文書からテキストやデータを自動的に抽出する完全管理型の機械学習OCRサービスです。その機能は、単純な光学式文字認識(OCR)を超えて、フォームや表からデータを識別、理解、抽出します。今日、多くの企業が表や帳票を含むPDFなどのスキャンした文書からデータを抽出していますが、データを手動で入力する方法(時間とコストがかかり、入力ミスが発生しやすい)や、帳票が変更されるたびに設定を手動で更新する必要がある単純なOCRソフトウェアを使用する方法があります。この手動プロセスを排除するために、「Textract」は機械学習を使用します。それは、手動の介入やカスタムコードを必要とせずに、どんなタイプの文書でもその場で読み取って処理し、テキスト、フォーム、表、その他のデータを高い精度で抽出することができます。「Textract」は、手動で行っていた文書関連の作業を素早く自動化し、数時間のうちに何百万ページもの文書を処理することができます。情報を取り込んだら、ビジネスアプリケーション内でアクションを起こして、ローン申請、税務書類、登録書類、医療請求書などの次のステップの処理を開始することができます。さらに、スマート検索のインデックスを作成したり、Amazon Augmented AIを使って人間のレビューを追加したりして、曖昧さや機密性の高いデータがないかどうかをチェックすることもできます。

2.株式会社 Cogent Labsの「tegaki」(https://www.tegaki.ai/

「tegaki」は、手書き文字の認識率99.22%という実績のある高精度な読み取り機能が魅力のAI-OCRです。まとめると、タイプ、手書き文字、アルファベット、記号など様々な文字を認識することができ、また、医学用語などの特殊な単語にも対応しており、幅広い業種に対応しています。そして、幅広い業種に対応しています。また、より効果的に活用していただくために、開発者向けのセミナーの開催や情報発信も行っています。詳しい特徴としては3つあります。一つ目は、認識率は驚異の99.2%であることです。”AIが文字を正確に認識するにはどうすればいいのか?OCRツールを導入する際に気になるポイントだと思います。当社では独自のアルゴリズムを採用することで、99.2%という高い文字認識率を誇っています。ひらがなだけでなく、カタカナ、漢字、数字、文字、記号もしっかりと認識できます。二つ目は、手間いらずでスキャンし、簡単に文字データ化することができることです。手書きの紙をスキャンすると、システムが文字を読み取って自動的にデータ化してくれるツール「tegaki」。このツールは文字だけでなく、単行本やチェックボックスなども読み取るので、手間なく簡単にデータ化することができます。デジタル化したデータは、APIを使って企業のシステムと連携し、CSVやExcel形式で抽出することができます。三つ目の特徴としては、多言語に対応していることです。「tegaki」は日本語だけでなく、複数の言語にも対応しています。そのためにはトレーニングデータが必要ですが、それさえ手に入れば、どの言語の手書き文字にも対応できます。また、業界特有の言語モデルと連携することで、さらに読解精度を向上させることができます。

3.AI inside 株式会社の「DX suite」(https://dx-suite.com/

「DX suite」は、契約数800件のシェアNo.1を誇る人気のAI-OCRシステムです。手書き、FAX、写真撮影した帳票など、あらゆるビジネス文書に対応し、精度の高いデジタルデータに変換することができます。特徴としては、四つあります。一つ目は、AI-OCRにより、従来のOCRでは困難であった文字間の隙間や隙間を特別な事前学習やチューニングなしに検出することが可能になったことです。二つ目は、読み取り範囲を一度指定することで、何枚でも自動認識してくれることです。DX Suiteなら、高度な知識は必要なく、OCRの設定からワークフローの設定までワンクリックで完了します。指定すると、同じフォーマットの文書であれば、読み取る部分をAIが自動的に抽出してくれます。三つ目は、データチェックにAIのサポートがあるということです。入力作業のAI対応、検証対応、複数回の入力確認チェック対応など、基本的なデータチェック機能を搭載しています。通常の帳票入力と比較して最適化されたキータッチでデータチェック作業を行うことができ、マウスを使わずにデータチェック作業を行うことができます。四つ目は、クラウドサービスを利用することで、早期のアクセスを可能にしていることです。誰もが簡単操作で利用でき、使い始めたその日から効果を実感できる高性能とともに、より早く処理するための分散コンピューティング、セキュリティ対策も通信経路は暗号化対応で万全なのが、この「DX suite」というサービスになります。

アジア最先端のOCRツールIntSigの機能を紹介!

良い口コミ


1.Amazonの「Amazon Textract」

・Amazon Textractは、Robotic ProcessAutomationの実装に大いに役立ちます。Amazon Textractの最適な使用法は、物理的なドキュメント/ pdfからデータを抽出することです。光学式文字認識を実行するだけでなく、キー/値のペアとテーブルのデータを抽出します。これは基本的に、物理的なドキュメントをデジタルに変換するのに大いに役立ちます。これにより、意味のある情報を抽出するためにOCRおよび書き込みルールエンジンを実行する労力が軽減されます。すぐに使用でき、最初からカスタムトレーニングは必要ありません。(出典:https://www.g2.com/products/amazon-textract/reviews/amazon-textract-review-3035666)

・画期的な研究施設を備えたAmazonは、ドキュメントやフォームから手間をかけずにテキストを抽出できる素晴らしい光学文字認識ソフトウェアを実現しました。GoogleTesseractやMicrosoftのMODIスイートのような無料のツールがありますが。これらは、望ましい結果を得るために多くの調整と複数の試行錯誤のシナリオを必要とし、それは次に対処するために多くの時間と忍耐を必要とします。そのため、プロジェクトはそのような無料ツールを処理するための最良の構成を見つけようとして期限を超える可能性がありますが、一方でAmazonのtextractは、何千もの無料テンプレートから選択し、Amazonが主張する何百万も保存できる弾力性のある検索で構築しています。(出典:https://www.g2.com/products/amazon-textract/reviews/amazon-textract-review-2190943)

・Amazon Textractは、スキャンされたPDFから手書きのドキュメント/画像にテキストを抽出するための強力なクラウドベースのインテリジェントOCRツールです。独自の手法を使用して、インターネット上に存在する何千もの請求書、ドキュメント、テンプレートから機械学習を使用してデータを抽出します。これにより、他のOCRツールを使用する際のカスタマイズの手間が省けるだけでなく、開発に必要な時間とプロジェクト全体のコストが削減されるため、プロセス全体の効率が向上します。(出典:https://www.g2.com/products/amazon-textract/reviews/amazon-textract-review-2370105)

2.株式会社 Cogent Labsの「tegaki」

特に口コミデータなし

3.AI inside 株式会社の「DX suite」

特に口コミデータなし

悪い口コミ


1.Amazonの「Amazon Textract」

Amazon Textractが目的の形式のデータを識別できない場合があります。現在のところ、これらのデータを識別するためにこのサービスをトレーニングするメカニズムはありません。これは、状況によってはボトルネックになる可能性があります。G2.comによって収集され、ホストされているレビュー。(出典:https://www.g2.com/products/amazon-textract/reviews/amazon-textract-review-3035666)

・それ自体は提案に過ぎませんが、少なくともしばらくの間無料で提供されれば、ビジネスユーザーはその真の力を体験でき、個々の開発者はコミュニティに開発を貢献して能力を向上させることができます。(出典:https://www.g2.com/products/amazon-textract/reviews/amazon-textract-review-2190943)

2.株式会社 Cogent Labsの「tegaki」

特に口コミデータなし

3.AI inside 株式会社の「DX suite」

特に口コミデータなし

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. topimage

    bubbleとAdalo徹底比較!Webサービスやネイティブアプリを簡単に作れるおすすめノーコードツ…

  2. 【体験談】記事作成中に使っているツールのご紹介!

  3. 特集記事

    【編集・加工】画像編集ソフト Luminar4をご紹介!

  4. 特集記事

    【2021年最新版】画像編集ソフトAuroraHDRをご紹介!

  5. 記事画像

    不動産業界でテレワークを実現するための方法を解説!

  6. 記事画像

    Web製作が誰でもできるノーコードツール8選をご紹介

  7. SaaS画像

    Mobile Capture from ABBYY

  8. 経費精算

    【業務改善・業務効率化】経費精算システム導入事例3選!実際の使い方や、課題達成は?

  9. 記事画像

    マーケティングプラットフォームなら「GetResponse」におまかせ!

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 勤怠管理
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP