おすすめ記事

おすすめ記事一覧

【2020年】Microstrategyとは?世界の企業に導入されているBIツール!

最終更新日:2020.12.01
特集記事

BIツールを活用する事で膨大なデータを集約・分析し、今後の経営判断、意思決定が迅速化します、今回はそんな中でも、BIツールを利用するメリットと「小売企業」に導入がされている「Microstrategy」の紹介をしていこうと思います。

BIの導入背景

2020年、ECは小売業界で成長し続け、経済産業省が7月に公表したEC市場調査レポート「令和元年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)」によれば、2019年のEC市場規模(BtoCの物販分野)が年間10兆円を突破しました。また、eMarketerによると2020年には売上が4兆ドルに達すると予想されています。

多くのブランドがデジタル化し、顧客のデータ、商品出荷データ、行動分析データなど膨大なデータが必要とされるようになりました。

そこで企業の多くに使用されているのが「BIツール」です。

ここからはBiツールの基礎知識から、導入のメリット、そしてBIツール「Microstrategy」を導入している企業と解決された問題、最後に口コミを順に紹介していこうと思います。

基礎知識

BIツールとは?

まずBIとはですが、「Business Inteligence(ビジネス・インテリジェンス)」の略です。本来人の手で集めていたデータを自動で収集し、ダッシュボードで可視化できるようにしたのがBIツールです。さらに分析・加工を施し、経営の戦略や意思決定のために使用されます。

・データ管理機能

・分析機能

・レポーティング機能

の3つにそれぞれ大きく分かれており、これらは営業支援、経営支援、顧客分析、在庫分析、エリア分析など様々な用途として使用されます。

BIは難しくない!!

日本ではあまり馴染みのないBIツールです。現に日本の3割程度の会社でのみ使用されており、普及率がとても低くBIを使うのに難しいイメージを持つ人が多いようです。しかし、全くそんなことはありません。エンジニアの様な知識やコーディングが必要なわけではなく設定を合わせるだけでBIツールが仕様できます。基本的な機能はユーザーファーストでユーザーが使用しやすいように設定されているので使えます。運用の際は本当に楽で、今までやっていた手作業の部分をすべて自動でやってくれます。最初に設定してあるのでユーザーは「見て判断するだけ」。しかし、もし細かい設定やもっとうまく使いこなしたいという人は、BI提供会社の説明を聞く必要があるかもしれません。

導入のメリット

 

Microstrategy

・データが集約・可視化され管理が簡単に

従来のデータは文字や数字がエクセルシート状に無数に並びどの数字がどのデータに当てはまるか等管理をするうえで膨大な時間と人を要していました。BIツールは複数のデータベースに入力したデータを関連姓のあるものを一つに集めそれらを可視化(グラフ化)します。設定の変更によって、引き出したいデータの種類や期限を選択できるため、他の情報が欲しい時に画面を瞬時に変更できます。これだけでも、データの管理が良くなっていますがそれだけではありません。

・レポートを作成する手間がなくなる

多くのBIツールにはレポーティング機能が備わっており期間やレポートタイプを設定するだけで簡単にレポート作成できます。またこれらはただのレポートではなく、BIの特徴である分析を施したレポートになっています。通常のレポートとは何が違うのかというと、BIのレポートは分析・データマイニング(統計的なデータ分析)・プランニングの三つをベースにして作成されます。もし、今後の対策としての分析が欲しいのであれば、プランニングをメインにしたレポート作成を選択したりなど、ニーズに柔軟に対応できるのがBIツールのレポートです。

・意思決定がすばやくなる

BIツールはビジネスの意思決定を支援するために開発されました。通常のレポートをいくつか合わせなければできなかった意思決定が、BIツールのレポート一つでできてしまいます。上記に記したように、それぞれのステップでの時間短縮を実現させ意思決定に費やす時間が増加し、より良い結果へと導きます。

[blogcard url=”https://www.andd.live/app/3536/%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e5%96%b6%e6%a5%ad%e3%81%ae%e5%8a%b9%e7%8e%87%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%ef%bc%81bi%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81/”]

プロダクト紹介

Microstrategy とは??

 

14microstrategyMicrostrategyとは様々なデータベース状のデータを関連性に乗っ取って繋ぎ合わせ、シチュエーションに合わせた必要なデータを引き出し、可視化することができる世界最先端のBIツールです。可視化とは分析データをダッシュボードにまとめ上げデータのグラフやマッピングのことです。また、社内導入率を100%を目指すことで、複数のデータベースをそれぞれ管理し必要なときに必要な分をしっかり出してくれるエンタープライズ向けの製品です。

MicroStrategyの特徴

・日々の実績を追跡管理するための評価基準情報をモバイルプラットフォーム化→24時間アクセスできる環境構築。

・タイムリーに情報を提供することで彼らをサポートすると共に、本社の経営陣と役員および各地域の 責任者がどこにいても重要な情報を受け取ることができる環境を確立。

・モバイル環境で 仕事に従事する従業員は、使いづらい Excelスプレッドシートの代わりにBlackBerryデバイスで PDF文書を開き、ビジネスの状況を迅速に確認して営業と収益の獲得を実現する意思決定をその場で行うことが可能。

次世代のエンタープライズインテリジェンスとは

  • HyperIntelligence
    現在ユーザーが使用している既存のツールに「洞察」を追加し課題を明確させ個人だけでなくチーム全体がゴール地点にたどり着けるようリードします。これが新しい「ビジネスインテリジェンス」
  • Transformational Mobility
    あらゆるデバイスに対応した機能を配信。また、カスタムの生産性維持したうえでビジネスを既存の枠から外した新しいサービス。
  • Federated Analytics
    Microstrategyが選ぶ信頼できるSaaS・アプリケーションと連携し、正確かつ迅速なデータ処理を行いBiユーザーをさらに強化!今まで使用していたツールを手放す必要がなくMicrostrategyを+αとして利用できる柔軟に機能対応。

MicroStrategy導入企業

・Sonic Automotive: 自動車小売り業。Fortune500企業

GUESSおよび GUESS Accessory:アパレル、小売業

・The Container Storee: 小売業(米国)

・Whole Foods: 小売業(米国トップ)

Microstrategy導入事例

どのような問題を解決しているのか?

社内にある様々なデータソースに接続することができます。リレーショナル、非リレーショナルを問わず、クラウド上のデータソースにも接続することができます。容量のおかげで、同時に複数のパネルを処理するスピードが向上しました。私たちは、スケーラビリティ、データディスカバリー、クロスカントリースピード、データコネクタの高可用性などの強力な機能を新しいプロジェクトに導入しています。

効果的で高レベルの分析を作成することができる非常に直感的なプラットフォームであり、これらの分析の幅広い能力のおかげで、問題を管理し、即座に解決策を与えることができました。これにより、データや情報を非常に多様かつ広範囲に扱うことができるようになりました。その複数の機能は、私たちのニーズを満たすために優れた革新的なアイデアをもたらし、彼らも私たちの会社で自動化を促進している、これは私たちが高いパフォーマンスと高い生産性を持つことができます。

これは、クライアントが臨時の知識アプリケーションを実行することができますので、リストのフォルテ管理を介してビジネスの洞察力と検査を提供するステージです。それは、情報の多数の様々な種類の多数の様々な源泉を取得し、クライアントがより圧縮可能で重要な方法でそれらを紹介するためにそれらを利用することを許可することができます。それは、クライアントが問題なく探索する完璧な、整理された魅力的なインターフェイスを持っています。. それは同様に、サイクルの複雑さを敗北させるための重要な事業の機械化された充当のクライアントを支援します。この装置はカスタマイズされたダッシュボードに機会を与えます。

良い口コミ

包括的な分析とモビリティ・ソリューションを得るために必要なBIを当社に提供してくれます。これらの機能により、可能な限り最短時間で新しい取引を完了させるために、ビジネスのやり方を変革するためのより良い意思決定を行うことができます。同時に、リスクマージンを完全に回避することができる強力な収益性分析を提供します。確立されたデータ階層と構造を持ち、多種多様なデータタイプの整合性と一貫性を確保することができます。それは私たちに非常に良い国境を越えた速度とコネクタの高い可用性を提供し、毎週または毎月のレポートやカスタムダッシュボードを生成するために私たちをリードし、使用する準備ができて、そのような棒グラフ、円グラフ、ヒストグラム、ダイアグラム、ツリーマップなどのビジュアライゼーションを活用する能力を持つことができます。

直感的で、インストール、設定、使用が簡単で、潜在的に有効なツールです。求められる手法に応じて便利なレポートのスタイルがいくつか用意されています。毎週または毎月のレポートを簡単に作成することができます。グラフ、ヒストグラム、ダイアグラム、マップなどをレポートに統合することができます。それは多機能であり、これらのすべてのツールは優れています。顧客サービスは品質のされています。

Microstrategyは、組織の飛躍的な発展のために理想的な選択肢を設定することを可能にした情報検討を、機器と能力を通じて提供しています。マイクロストラテジーでは、全体のサイクルをバラバラにする装置のハイライトを通して、様々な情報を簡単に別の正当なルートに変更することができる素晴らしい機能を提供しています。クライアントが展示会、利益の試験、他の人の間で交換ボードを見ることができる測定にアプローチします。 それは魅力的で、インターフェイスを利用するために簡単に持っています。この装置は全体の連合に決定的に影響を与えたより説得力のあるビジネススキレットを作ることを助けた。この装置は、自己管理の調査を提示するために装備されたクライアントを作るし、異なる部門をまたいで検査の充当をサポートしました。協会全体の業務のより良い検討のための様々なアプリケーションを作成するのに適しています。

Microstrategyは、ツールや機能を通じて、当社の飛躍的な成長のために最適な意思決定を行うためのデータ分析を提供してくれます。我々はまた、我々の作業チームが安定した仕事の流れを得るために管理していると戦略的な計画のより組織的な管理を実施しています。非常に魅力的で使いやすいインターフェイスを持っています。

この用具は私が私の全体の構成に積極的に影響を与えたより有効なビジネス鍋を作成するのを助けた。私はさまざまな他のソフトウェアから収集されたデータの分析的な眺めを持っていることのための私の部門内のこの用具を開始して嬉しい、Facebook、twitter、Dropbox等。私は私のビジネスに力を与えた最も直観的で、個人化されたレポートを発生させることができる。このツールのおかげで、私はセルフサービス分析を導入し、他の様々な部門での分析の採用を後押しすることができます。

エンタープライズレベルのレポートとダッシュボード。データモデルを構築した後、ユーザーが簡単に独自のレポートをまとめることができる。ビジュアルインサイトはアドホックな分析に適しています。配布サービスは日常的に顧客にレポートをメールで送信するのに非常に便利。

[blogcard url=”https://kigyolog.com/tool.php?id=958″]

悪い口コミ

私の不満は、エクセルにエクスポートするときに数式や特定の書式を引き継がないことです。私たちのユーザーは非常に特定の要件を持っているため、私たちはエクセルのプラグインを作成することを余儀なくされました。

より完全な容量消費を生成する機能を実行しようとすると遅くなることがあり、期待通りに反応しない機能もあるので、これらの挫折を回避して最大限に活用するための設定方法を知らないと、すでにプラットフォームに入力されているデータはすべて消去してゼロからスタートしなければならない。会社のすべての担当者は、プロセスを合理化し、これらの負の側面を通過することを避けるためのスキルとツールを手元に持っています。

長年にわたり、MicroStrategy との間にはほとんど問題はありませんでしたが、サポートスタッフの助けを借りて、日々の改善を約束してくれて、それを実行してくれたおかげで、なんとか和解し、相互合意に達することができました。私たちは現在、何も言うことに否定的なことはありません。

根本的な欠点は、製品がやや中途半端で、情報吸収への期待値がやや高いことですが、この製品を有効に活用するためには、専門的な情報のトンを開始することは非常に困難です。デザインを通した最初の実行は非常に面倒であり、努力の要件の一部です。ヘルプコストは非常に高いです。彼らはハイライトのトンのための孤独なインターフェイスを製造する必要があります。ヘルプグループは、反応し、あなたの質問に取り組むには多くの時間がかかります。UIは実際にいくつかの変更が必要です。四半期ごとの再設計サイクルで修正に取って代わられる。修正が難しい – SDK は作業が難しく、ドキュメントも不足しています。

主にデータソース、データセット、メトリクスを定義する際に、ローカルアドレスを必要とし、高度な権限を持ったユーザーのみが設定するため、非常に複雑になることがあります。もう一つの課題は、ダッシュボードやレポートを人々に送信することです。これは連絡先とサブスクリプションを使用しているため、設定が少し複雑になります。デスクトップ開発アプリは常にクラッシュし、信頼性がありません。

Microstrategyは、パラメータの受け渡し、セレクタの空白化、ハイパーインテリジェンスの重複問題、ホワイトリスト機能、複数のファクトテーブルを扱うスーパーキューブ機能、スーパーキューブの場合にデータを持ってくるパスを選択することに関連して、ツール内の既存の問題の解決に取り組むべきです。

すべてを設定するのに少し時間がかかり、知識のあるアーキテクトが必要なので、導入コストが前倒しになってしまう。あちこちにいくつかのバグがありますが、MicroStrategy はアップデートをリリースして素早く修正することでかなり良い仕事をしています。

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. top_image

    SaaS導入事例10選!スタートアップの業務効率化特集! インタビュー先:株式会社Hajimari

  2. 特集記事

    【Webflow】機能や料金を徹底比較!おしゃれなWebデザイン作成ツール!

  3. 記事画像

    今話題の決済代行サービス、その効果とは!?

  4. 記事画像

    【2020年】事務時間激減だけじゃない!プロジェクト効率化ツール【導入事例】

  5. 記事画像

    店舗を抜本的に変化!?POSレジのススメ!

  6. 記事画像

    【全SNSをこれ1つで分析】SNS分析に役立つSocialinsider!【導入事例】

  7. 記事画像

    無料でも利用できるグラフィックデザインソフトはこれだ!!

  8. 記事作成

    【不動産業界必見】ノーコードツール「Landbot」をご紹介!

  9. 記事画像

    不動産会社でDXを推進するためのSaaS紹介!

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. 飲食店 会計
PAGE TOP