1つのダッシュボードで2通り活用!社内情報を分析・可視化できるクラウド型BIツール『GoodData』!

最終更新日:2020.11.20
特集記事

現在、出せば売れる時代は終了し、「情報」は「ヒト・モノ・カネ」これらと同等の価値を見出しています。BIツールは情報を簡単に「収集・蓄積・可視化」し、売れる仕組みを作るための意思決定の判断材料を示してくれます。その中でもオススメのGoodData(グッドデータ)をこの記事では紹介していこうと思います。

情報を収集・可視化する重要性


近年では情報が多様化し、これまでの「出せば売れる」という時代は終焉を迎えました。

現在では情報が膨大に増え、その中から選別し、物が売れる仕組みです。よって企業の資源は「ヒト・モノ・カネ」に加え、「情報」が増えました。「情報」の重要性はかなり訴えられている事が分かります。

これまでの『お客様に商品を自分で販売し、届け、その代金を自分の手で集金する』ことは消え、売れるシステム化によって手元に残るのはデータのみです。データを収集し、分析することが求められます。

ここからは、「Biツールとは?」「BI型ダッシュボードツール『GoodData』」、そしてGoodDataの良い・悪い口コミも共に紹介していこうと思います。

BIツールとは?機能は?


BIツール(Business Inteligence ツール)とは、企業に大量に蓄積しているデータを収集・分析・可視化できるツールです。

社内の部門やシステムごとに分散しているデータを集約できるので、経営の迅速な意思決定に役立てることができます。

近年では、情報活用が増えている中で、BIツールを導入する企業がとても増えています。

基本機能

・『データ分析』

・『レポート出力』

・『ダッシュボード』

・『モバイル対応』

Biツールは、簡単な操作(ドラッグ&ドロップ)でデータの可視化を可能にします。

また、レポート出力機能としては、「Word」「PowerPoint」「CSV」など各ファイルへのエクスポートに対応しています。

ダッシュボードでデータを可視化することはもちろん、マルチデバイス対応なため、どこでもリアルタイムで成績共有が可能です。

導入事例


Salesforceの埋め込みダッシュボードとして活用【タイム・ワーナー・ケーブル】

取り組み:

他のBIソリューションのトライアル後、GoodDataに切り替え、その後4週間程で導入。4,000人の営業員のセールスパイプライン分析を実現。現在はSalesforce.com内に10種のDashboardを埋め込み閲覧している。
マネージャクラスから一担当営業のレポートまでを網羅したセールスパイプライングローバル・ビューを提供。

データ分析:営業部門4,000名の従業員、Salesforce Data Source、CRM、販売実績データ

効果:売上・収益 増

その他導入企業

・Tポイント・ジャパン

・さくらホーム・グループ

・Zendesk

プロダクト紹介


GoodData

・収集・蓄積・分析・可視化の全てを備えている!

・データ行数に基づいたご利用料・ユーザー数無制限!

・CSVアップローダーにより、高度な知識必要無くデータアップロード可!

・ダッシュボードはタブレットやスマホでも可能!マルチデバイス対応!

・7000社以上が導入!

・KPIダッシュボードで重要指標を管理!

期間や部署ごと、製品ごとなどに絞り込み、詳細なデータはドリルダウン。欲しいデータに迅速にアクセスが可能です。

他にも、経営分析、就業情報分析 マーケティング分析、顧客リピート分析、営業分析、IoTデータ分析など幅広く導入され、使用されています。

良い口コミ


ほとんどのソフトウェア会社は無料版を持っています。私が何度も何度も遭遇している問題は、多くの重要な機能が欠落しており、テストの経験がポイントに達していない場合には、正当化するのが難しいということです。GoodDataのエンタープライズ版では150以上のデータソースに接続することができますが、無料版ではCSVやSnowflakeを使ってデータをインポートすることができるので、とてもありがたいです。これで機能性と使い勝手をテストすることができました。

GoodDataは、データのビジュアライゼーションを提示するための優れたプラットフォームを提供し、技術的な知識を持たないパワーユーザーでもデータを探索し、独自のビジュアライゼーションを作成できるようにしてくれました。既存のソフトウェア製品に組み込むことができるプラットフォームも提供してくれました。市場にある代替ソリューション(PowerBI、Sisense、Google Analyticsなど)と比較しても、エンドユーザーが簡単に操作して作成することができ、他社(Tableau、Qlik、SAP)よりもb2b業界向けの価格モデルが優れていました。不良/破損データ、構造化されていないデータ、データ入力の整合性の問題などの一般的な問題を奇跡的に解決するものではないことに注意してください。しかし、彼らの実装チームは、これらの課題についてかなり良いアドバイスを提供しています。私が本当に感謝しているのは、彼らが現在の問題に対するソリューションを構築しようとするのではなく、当社との長期的な関係を見て、当社が成功するためにどのように支援できるかを検討してくれたことです。

パフォーマンスや作業量を管理者に報告するための素晴らしいツールです。データの可視化に役立ちます。強力なカスタマイズソリューションを提供しているので、レポートはニーズに合わせて作成することができます。カスタマイズを進めたいのであれば、プログラミングの専門家にシステムを担当してもらうことを検討する価値があります。しかし、基本的なことは、短期間の自己学習で達成することができます。ZENDESK(特定のサブスクリプション)を使用している場合は、GoodDataとそのすべての機能に自動的にアクセスすることができます。この統合は非常に便利です。それ以外は、データ構造を構築するための特定の要件があると思います。

レポーティングはGoodDataがあれば簡単です。データ分析にも使用しています。カスタマイズされたチャートを作成できるので、レポートがより面白く、カスタマイズされたものになります。自動化できるレポートについて考える必要がありません。

悪い口コミ


GoodDataには、ビジネス・インテリジェンス・ツールボックスに収益性分析の製品機能がありません。このソフトウェアは主にエンタープライズレベルの顧客を対象としていることは理解していますが、このツールは特に新進気鋭の企業にとって有用です。収益性分析は特に有用であり、成長中の企業には不可欠なものです。

ドリリングオプションや、ドリリング後のグラフの種類の変更方法など、あまり直感的ではありません。プログラミング言語がかなり特殊なようで、操作がかなり難しい(事前に定義されたコードスニペットはありますが)。ページレイアウトの定義も難しい。

今日、市場にはより強力な分析ツールが数多く出回っています(Looker, Tableau, PowerBI)。GoodDataのインターフェイスと機能はデモの時から進歩していません。私の考えでは、最大の価値提案は、技術に精通していない小規模なビジネスにツールを展開するためのコストだと思っています。

言語は独自のもので、経験豊富なアナリストであっても、非常に高い学習曲線を持っています。作成できるビジュアライゼーションは、他のツールに比べて説得力がなく、過度にカスタマイズすることもできません。普及率が低い:技術的な質問やサポートのためのフォーラムのネットワークが少ない。新しいメトリクスを作成する場合、データセット間の関係を理解するのは非常に困難です。メトリクス・エディタに直接MAQLをコピー&ペーストすることはできません。コードを入力する必要がありますSQLで簡単に書けたクエリが、複雑なネストされた GoodData クエリになってしまいます。これらにより、QAが大きな課題となります。

独自のクエリ言語を使用しているため、使用したり、学習したり、サポートを受けたりするのが難しい。そのため、基本的なメトリクスを構築することさえ、非常にストレスがかかり、時間のかかるプロセスになっています。モデリング・ツールは、非常に狭く、非常にシンプルなユースケースのセットに最適です。GoodDataでは、多対多のリレーションシップは完全にダメになります。モデル内に正当な多対多のリレーションシップが存在する場合は、読むのをやめて、できるだけ早くGoodDataから離れるべきです。

参照:https://www.trustpilot.com/

ファウンダーズ株式会社メディアチーム

ファウンダーズ株式会社メディアチーム

ファウンダーズ株式会社メディアチームです。
システム見直し本舗の運営を行っています。
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます。
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. 特集記事

    爆速でスマホアプリ開発!Adaloとは?

  2. 特集記事

    【EC業界オススメ】企業が導入している行動分析ツールAmplitude!【個人にもオススメ】

  3. 記事画像

    不動産業界の決済SaaSを導入事例から紹介

  4. 記事画像

    書類の電子化で働き方改革を!ITツール5選!

  5. 特集記事

    【Webflow】機能や料金を徹底比較!おしゃれなWebデザイン作成ツール!

  6. 記事画像

    IoTの波に乗れ!スマホで簡単!オフィス向けリモートロックを紹介!

  7. 記事画像

    不動産業界でテレワークを実現するための方法を解説!

  8. 記事画像

    【2020年確定版】BtoB型のオンラインマーケットプレイス制作向けノーコードツールを紹介!

  9. OCRソフトとは?Adobe, Camscanner等の特徴と機能を比較!!

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. top_image

人気記事

  1. 記事画像
  2. canva_log

    2位

    Canva
  3. 特集記事
  4. 記事画像
  5. 会社ロゴ

    5位

    .bubble
  6. 特集記事
  7. 記事画像
  8. SaaSロゴ

    8位

    Asana
  9. 記事画像
  10. topimage
PAGE TOP