おすすめ記事

おすすめ記事一覧

unbounce

最終更新日:2020.11.21
unbounce
0 out of 5 stars (0 / 5)

ランディングページ(以降LP)の作成に特化したツールです。ドラッグアンドドロップで直感的にLPを作成することができます。そのため、HTMLの知識がなくてもデザイン性が高く効果のあるLPを作成することが可能です。また、業種業態に合わせたテンプレートが125種類以上用意されていて全てがモバイル対応しているので、特別な知識がなくても効果のあるLPが簡単に作れます。

説明


「unbound」を利用することのメリット

①HTMLの知識が必要ない

直感的に操作でき誰でも簡単にランディングページを作ることができます。また、APIを利用すれば外部ツールとの連携もできるので、自動的にメールを返信することや、トラッキングや分析を追加することもできます。

②テンプレートが豊富

100種類以上のテンプレートが用意されているので、0から自分で作成する必要がなく効率的にランディングページが作成できます。また、テンプレートのデザイン性も高いので素人でもプロが作成したようなページが作成可能です。

「unbound」を利用することのデメリット

①英語に抵抗のある方は利用しずらいかもしれません。翻訳機能を使えば、ほぼ問題なく利用することが可能です。

②料金の高さ

正直なところ、少々お値段が張ります。

14日間の無料トライアルがありますので、試しに使ってみてから検討してみてはいかがでしょうか。

仕様


推奨社員数:1~
無料トライアル:あり
無料プラン:なし

モバイル:なし
日本語対応:なし
連携サービス:

zapier、googleアナリティクス、webhook、salesforceなど

金額・価格


初期費用:0円
ランニング費用:(年払いの場合)

LAUNCH:$72

OPTIMIZE:$108

ACCELERATE:$180

SCALE:$270

月額/ユーザー:

LAUNCH:$72/人

OPTIMIZE:$36/人

ACCELERATE:$25/人

SCALE:$18/人

最低利用人数:1~
最低利用期間:1か月

よくある質問


無料の14日間のトライアルはどのように機能しますか?

無料の14日間トライアルを使用すると、選択したアンバウンスプランのすべての機能にフルアクセスできます。制限はなく、試用期間を超えて Unbounce を使用し続ける義務はありません。14 日間の試用期間が完了するまで料金は請求されず、トライアルの終了間近にメールで通知が送信され、Unbounce を引き続き使用することを確認します。いつでもキャンセルするには、アンバウンスアカウントのダッシュボードで「アカウント管理」に移動し、「購読」を選択して、右上隅にある「キャンセル」をクリックします。

ホスティングはどのように機能しますか?自分のドメインを接続できますか?

すべてのプランには無料ホスティングが含まれています。

また、アンバウンスランディングページを直接自分のドメインやwordpressのウェブサイトに公開することもできます。

 

会社情報


unbounce

法人名:Unbounce Marketing Solutions Inc.

会社所在地:

BC Vancouver

設立年:2009

堀 祐樹

堀 祐樹

法政大学経済学部経済学科 2021年卒業予定
ゼミでは、企業会計を専攻、卒論はクラウドファンディング運営会社の財務分析を予定
好きなものはギター、ヴィンテージファッション、水曜どうでしょう。
最近ハマっているのは、スケボーと麻雀。
所有資格:日商簿記3級、FP3級、ITパスポート







関連記事

  1. アイキャッチ画像

    不動産業界のDX化!スムーズな導入の秘訣とは? インタビュー先:株式会社フラット・エージェンシー

  2. SaaSロゴ

    2checkout

  3. SaaSロゴ

    jinjer勤怠

  4. SaaSロゴ

    Makeleaps

  5. SaaSロゴ

    Crowdfire

  6. obi-onyeador-MMHcFUKkBD4-unsplash

    保護中: 賃貸業のDX化|「暮らすを自由に」実現に向けて|【株式会社 NOW ROOM】

  7. 企業のSaaS導入例4選!

  8. SaaSロゴ

    brabio

  9. SaaSロゴ

    Asana

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 勤怠管理
  2. Productivity
  3. 記事画像
  4. 飲食店 会計
  5. 記事画像
PAGE TOP