フリーランスで働く方に送る、簡単デザインツール4選!

今回は、初心者でも簡単に扱うことのできるデザインツールをご紹介します。働き方が多様化し、フリーランスや自ら事業を起こす方が増えてきています。

今回の記事では、デザインツール初心者に向けた記事となっているため、できるだけわかりやすくデザインツールの有用性についてご説明していきます。

導入


皆さんは、「デザインツール」と聞くと何を思い浮かべますか?

私は、microsoft社の「powerpoint」、adobe「illustlator」などが思い浮かびました。

実は、デザインツールはとてもたくさんの種類があり、今でもなお増え続けています。また、最近は3Dグラフィックなどの難しい作業に対応したツールも出てきており、デザイン初心者でも手軽に扱えるものが増えています。

しかし、数が増えすぎて困っている方もいると思いますので、今回は初心者にも使いやすくてオススメの無料ツールをご紹介します。

これからデザインを始めたい、フリーランスで働いており自分のサイトを持っている方、起業して会社のロゴやホームページを作成する方などにご覧いただきたい内容になっています。ぜひ参考にしてみてください!

基礎知識


そもそも「デザインツール」とは何なのか。

デザインツールとは、デザインを設計・制作するためのツール群のことです。

デザインツールを活用できるようになればロゴデザインなどを自作したり、写真に統一感のあるイメージを表現することができます。これによって、似た趣向や趣味を持った視聴者やファンを集めやすくなったり、自分の会社イメージなどを表現しやすくなります。このツールをより高度に扱えるようになればそのまま仕事にすることも可能です。

なお、Webデザインには主に次の3種類があります。

 UIデザインツール

UIデザインツールとは、WebサイトやWebアプリケーションのUIをデザインするツールです。UI(ユーザインターフェース)とはWebサイトのボタンやロゴ、またはレイアウト全体をさす言葉です。

 イラスト作成ツール

イラスト作成ツールは線や図形を使って、Webサイト内で使うイラストを作成するためのツールです。Webデザイン専用のツールという訳ではなく、ポスターやロゴの作成などに使われます。 

画像加工ツール

画像加工ツールは画像の明るやコントラスト、色調を変えたり、Webサイトを作成するための素材を切り抜いたりするためのツールです。こちらは画像加工がメイン要素であり、Webデザインにも使えるといった位置付けのツールです。

プロダクト紹介


 

それでは、数多く種類のあるデザインツールの中で初心者に適したツールはいったい何なのでしょうか?

まず、操作や表示がシンプルで使いやすい点は非常に大事な点になってきます。

また、使い方のガイドやサポート体制がしっかりしているかという点もあると安心です。

さらに、自分に合ったスタイルを確立し、作業効率を高めるためのカスタマイズ性なども考えるといいと思います。

このような点を意識しながら、いくつかツールを紹介していきます。

1.Canva

Canva(キャンバ)とは、無料で利用できるグラフィックデザインツールです。

無料で利用でき、操作も簡単なため、初心者でもオシャレな画像やグラフィックデザインをすぐに作成することができます。

ブログやWebサイト用の画像やSNSへの投稿画像やバナー画像、サムネイル画像などを簡単操作で作成できるため、フリーランスとして活動している方、これからしようと考えている方には一度使っていただきたいです。

Canvaのメリットは、5つあります。

①無料でも様々なデザインツールを使えるCanvaは、無料版と有料版があります。しかし、ほとんどの機能を無料版で使用可能なため、手軽さがあります。他のツールでは、「画像や写真の切り抜き」「フィルター」「明るさ・彩度・コントラストの調整」などのよく利用される機能は無料で使えるものもありますが、canvaでは25万点を超える無料テンプレートや100種類以上のデザインタイプ(ソーシャルメディアの投稿、プレゼンテーション、手紙など)、さらに5GBのクラウドストレージなども無料で使えてしまいます。

②ブラウザで動く

Canvaはブラウザ上で動くため、アプリのインストールや設定などが必要ありません。

CanvaのWebサイトにアクセスするだけで、簡単にデザインを作成開始できます。

 さらにGoogleやFacebookのアカウントで登録もでき、他のパソコンからでもデザインの作成・編集を行うことができますので、とても手軽に使いやすいです。

③シンプルで直感的な操作

Canvaのデザイン作成画面は非常にシンプルでわかりやすく、初めてでもすぐに操作を把握することが可能です。そしてサクサクとオシャレなデザインを作成していくことができるので、初心者でも挫折することなく楽しく製作できます。

④豊富なテンプレートを元に、誰でも簡単にオシャレな画像を作れる

Canvaは、オシャレなデザインを作成するための豊富なテンプレートが25万点以上も用意されています。このテンプレートが、どれをとってもオシャレなものばかりで見ているだけでワクワクします。

⑤スマホやタブレットでも使える。

Canvaは、スマホやタブレットでも利用できます。

AndroidとiPhone/iPad向けのアプリが用意されており、スマホやタブレットからでも簡単にデザインを作成したり、編集することが可能です。

これらのメリットのほかにも、簡単にファイル形式の変更やメディア連携ができるなどの便利な点があります。

 

2.easelly

Easellyはインフォグラフィックの作成を簡単に行えるツールです。

どんなタイプの情報もビジュアル化することができ、会議での数字や文章を一目でわかるように可視化します。

HPでは、以下に当てはまる方には使っていただきたいと書いてあります。

  • 人に読んでもらえるレポートを作成したい
  • 次の大きなプレゼンにインパクトを表現したい
  • もっとシェアしてもらえるコンテンツにしたい
  • 商品の説明を顧客にもっと分かりやすくしたい
  • 採用担当者が無視できない履歴書を作成したい

インフォグラフィック作成は3ステップで完結し、操作の簡単さがウリです。

数百点のテンプレートから選択し、自分が画像や文章を使ってカスタマイズ、最後に完成物をエクスポートまたはシェアすることで完了です。

また、作成した作品をサイト内でシェアすることで他の人にも使ってもらうことができます。自分の作成したテンプレートが使われているのを見ることができ、とても嬉しいと思います。

無料プランのほかに、student、indivisual、businessプランがあり、使い方に合わせてプランを変更できます。しかし、基本的には無料で利用できるテンプレートの数も多くあるため、まずは無料の範囲でいろいろと試してみて、さらに多くのテンプレートを使ってみたいという事になれば、PRO版へのアップグレードをしても良いでしょう。

3.Pixlr

Pixlrは、オンライン版の画像編集ソフトです。

ブラウザでサイトにアクセスし、編集作業もブラウザで行うことができます。

基本的にはどんなブラウザでも利用できますが、公式にはGoogle Chrome、Safari、Edge、Firefoxが推奨されていて、Internet Explolerは動作の対象外です。

Pixlrは、ちょっと試してみたい場合や、簡単な画像処理、写真加工程度であれば使いやすいツールです。AI機能を搭載したツールを使って、簡単なのにプロような仕上がりになります。エディターはほとんどの拡張子に対応しているので、PSD(フォトショップ)、PXD、JPEG、PNG(透過画像)、WebP、SVGなどのフォーマットのファイルを利用可能ですので、初心者でも安心して利用できます。

Pixlrの特徴は3つあります。

①スマートツール

AIの力を借りたスマートツールがあれば、同じ作業の繰り替えしが必要だった面倒な手順とはおさらばできます。AIとマシンラーニングに大変な作業を任せて画像編集をレベルアップしましょう!難しい髪部分の処理をした背景除去だって簡単にできます。

②編集時間の短縮

シンプルなステップで驚きの仕上がりになります。オンオフを切り替えたり、スライダーを左右に動かすだけで写真の編集ができ、ユニークなエフェクトやフィルターもPixlrなら簡単です。

 

③簡単コンテンツ制作

1からグラフィックを制作する代わりに、ライブラリーにたくさんご用意しているステッカー、オーバーレイ、アイコンやデコレーションテキストから使用し、余った時間はクオリティ向上に充てられます。

料金形態は、無料プランで基本編集ツール、オーバーレイ(制限付きセット)、ステッカー(制限付きセット)などの使用が可能です。

しかし、広告付きなので邪魔だと感じる方もいると思います。他に、プレミアムプランとクリエイティブパックプランがあり、より快適に利用できます。

4.Pain.NET

Paint.NETは、Microsoftも開発に関係していた初心者におすすめのデザインソフトです。Pain.NETは、Windowsでのみ動作します。

Windowsに標準で搭載されているPaintよりは高機能ですが、画像加工のために必要な基本的な機能が備わっているシンプルなデザインソフトです。そのため、初心者にも扱いやすくすぐに慣れることができるため、デザインの練習用としてぴったりでしょう。

もし画像の加工をこれまでに一度もやったことがないけれど、標準のPaintでは機能が足りないと考えている初心者であれば、このツールで基礎を勉強すると良いと思います。

あくまで練習用としてのツールなので、慣れてきたら物足りなくなってしまうかもしれません。次は、他のツールに挑戦してみたり、デザイナーとしての第一歩を踏み出すことも検討してみてはいかがでしょうか。

 

いかがだったでしょうか?

今回は、デザイン初心者向けのツールを4つご紹介しました。

これからの時代は、働き方が多様化し個の能力が問われる様になっていくのかと思います。その際に、自分という人間をわかりやすく表現するための手段としてデザインツールをオススメします。

今後、SNSが名刺や履歴書代わりとなることもあると思いますので、様々なツールを駆使して個性を表現していきましょう!

良い口コミ


ほぼ完璧

簡単なグラフィックデザインをする必要があるときは、これが私の行きつけのウェブサイトです! デザインのスキルがない人でも、このサイトを利用することで多くの人の目に留まります。Canvaは完全に目を引くユニークでクリエイティブなデザインを提供してくれます。サイトはナビゲートしやすいですが、モバイルアプリにはもっと改善が必要だと思います。

あらゆるデザインのための素晴らしいサイト

Canvaは素晴らしいサイトです。私は、パンフレット、ポスター、スケジュール、配布資料など、あらゆるタイプのものを作成するために使用してきました。自分のデザインを好きな形式でダウンロードできるなど、お金を払わなくてもたくさんのことができるのが気に入っています。このサービスは私をとても助けてくれました

作るのにとても便利なサイトです…

このウェブサイトは、オンラインでデザインを作成するために非常に便利です。テンプレート、デザイン、使用するグラフィックのトンがあります。

UIは対話しやすく、最も重要なのは、これはコンテンツを作成するための私のPhotoshopのデザインを置き換えています。

悪い口コミ


Canvaとその違法な課金活動

2回の機会に、Canvaアプリケーションは、彼らの「プロ」サブスクリプションの無料トライアルを提供してくれました。同じオファーでは、自動更新前に解約することができ、3日前に通知されると警告しています。3日間の「Pro」無料オファーを受け入れた同じ瞬間に、私のカードに「Pro」サブスクリプションの総額が請求されたときの私の驚きは何だったのでしょうか。

顧客サービスは返金を進めようとせず、「Canvaクレジット」で補償しようとしています。これは強盗であり、それは違法であり、消費者法を根底から覆しています。

堀 祐樹

堀 祐樹

法政大学経済学部経済学科 2021年卒業予定
ゼミでは、企業会計を専攻、卒論はクラウドファンディング運営会社の財務分析を予定
好きなものはギター、ヴィンテージファッション、水曜どうでしょう。
最近ハマっているのは、スケボーと麻雀。
所有資格:日商簿記3級、FP3級、ITパスポート







関連記事

  1. SaaS記事

    データを一元管理!おすすめCRMツール比較

  2. 特集記事

    【EC業界オススメ】企業が導入している行動分析ツールAmplitude!【個人にもオススメ】

  3. OCRソフトとは?Adobe, Camscanner等の特徴と機能を比較!!

  4. 特集記事

    あまり知られていない!強力NoCodeツール18選!

  5. 記事画像

    IoTの波に乗れ!スマホで簡単!オフィス向けリモートロックを紹介!

  6. 記事画像

    Glide、Adalo、bubbleとは?アプリケーション開発向けノーコードツール3つを比較

  7. SaaSロゴ

    Hello Bar

  8. 記事画像

    無料でも利用できるグラフィックデザインソフトはこれだ!!

  9. SaaSロゴ

    Airtable

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. 記事画像

人気記事

  1. 記事画像
  2. canva_log

    2位

    Canva
  3. 特集記事
  4. 記事画像
  5. 会社ロゴ

    5位

    .bubble
  6. 特集記事
  7. 記事画像
  8. topimage
  9. SaaSロゴ

    9位

    Asana
  10. 記事画像
PAGE TOP