爆速でスマホアプリ開発!Adaloとは?

最終更新日:2020.11.21
特集記事

従来のアプリ開発では、最初の段階のアプリデザインには平均60,000ドルの費用がかかり、数ヶ月かかります。他のアプリ作成プラットフォームはテンプレートやコードに頼っており、操作やカスタマイズが難しい場合があります。紹介するAdalo(アダロ)を使えば、コードなしでカスタムネイティブアプリを作成することができます。また、AndroidやAppleストアにアプリを公開する手間が省け、サブスクリプションプランを利用すれば、簡単にアプリを公開することができます。直感的なドラッグ&ドロップのインターフェースで、既製のデザイン要素を使っても、自分で作っても、アプリを作ることができます。

コードを書かずにスマホアプリ開発!


2020年夏、NoCode(ノーコード)が大手メディアに掲載され認知が一気に増加しました。名前だけ知っている方も多いのではないでしょうか?

NoCodeによって、 非エンジニアはコードを書かずアプリ開発でき、エンジニアは期間を短くかつコストを下げて検証 ができます。

ここから先はNoCodeの基礎知識とスマホアプリ開発事例、そしてAdaloの紹介、口コミなどを紹介していこうと思います。

特集記事

どのようにスマホアプリを開発するのか


NoCode(ノーコード)とは?

初めにNoCode(ノーコード)とは、 「コードを書かずに直感的なドラッグ&ドロップのインターフェースでアプリを作成できるツール」 です。従来のアプリ開発では、最初の段階のアプリデザインには平均60,000ドルの費用がかかり、数ヶ月かかります。あらかじめコンポーネントは用意されており、それらを繋ぎ合わせて開発していきます。フロントエンド〜バックエンドまでを1人で制作することができ、この一連の流れをエンジニアではなくても行うことができます。

NoCodeのメリット

学習コストが低い

メリット一つ目としては、学習コストが極めて低いことです。 初学者が2週間ほどでアプリを完成させている事例がたくさんあります。 誰もがアプリ開発者となれるというのがNoCodeのメリットです。

非エンジニアでもアプリ開発可能

ひとつ目と同様、学習コストが低いためエンジニアでなくてもアプリが簡単に作れます。他にも、 経営者にとってはMVP検証が容易 となり、エンジニアになりたい方はノーコードで開発をし、エンジニアの入り口として使用してもいいと思います。

NoCodeのデメリット

プラットフォームに依存する

デメリットはプラットフォームに依存するため、コンポーネント(構成要素)がプラットフォームにない場合、諦めざるおえないことがあります。他にも、 SEO・画面移動速度なども依存してしまうため、スピードが出にくい 場合が多いです。

データベースの知識が重要

アプリ開発にはデータベースの知識が必要です。しかし1番の難所であり、 非エンジニア、初学者はここで挫折してしまう人が多い です。しかし、逆を言えば、データベースの知識を持っていればNoCode開発は詰まらない可能性が高いです。

爆速アプリ開発事例


SPOTTO

SPOTTOとは、オンライン選考に対応した企業と学生をマッチングさせるアプリです。 フレームワークが3日で完成されたアプリで、NoCodeアプリ日本初の買収劇を見せたアプリとなります。 

SmartDish

SmartDish(スマートディッシュ)とは、外食における注文から提供までの待ち時間がなくなるサービスです、 NoCodeによってわずか2ヶ月で検証リリースしたことで有名 なサービスとなっております。

 これら二つのサービスはNoCodeツールの「Adalo」で作られました。 ここからはAdaloの紹介をしていこうと思います。

adalo

Adalo


コードなしでカスタムネイティブアプリ開発可能!

Adaloを使えば、直感的なドラッグ&ドロップのインターフェースで、既製のデザイン要素を使っても、自分で作っても、アプリを作ることができます。また、AndroidやAppleストアにアプリを公開する手間が省け、サブスクリプションプランを利用すれば、簡単にアプリを公開することができます。

「爆速」、かつ「洗練」

従来のアプリ開発では、アプリの最初のバージョンは平均して半年ほどかかりますが、Adaloでは、1日で実用的なプロトタイプを完成させ、1~2週間でより洗練されたバージョンを完成させることができます。またアプリの複数の反復版を公開できるので、常に改善を重ねることができることができます。

即公開可能!

Adaloでは、iOS、Android、Webのいずれでも公開することができます。ウェブアプリはすぐに公開でき、変更はすぐに反映されます。

※iOSとAndroidの場合は、両方のプラットフォームで開発者アカウントを作成する必要があります。

特集記事

良い口コミ


Adaloは、見栄えの悪いアプリを作成することを基本的に不可能にする方法でアプリの設計に取り組んでいます。プロジェクトをサポートするのに十分な機能/カスタマイズがなかったため、別のプラットフォームを使用する必要がありましたが、すべてのコンポーネント設計要素を持っていったので、Adaloで遊んで良かったです。

他の多くの「ノーコード」ビルダーを調べて試した後、Adaloに出会いました。 私が感銘を受けたのは、その使いやすさでした。数分もしないうちに、実際に見栄えのする画面をいくつか作ることができました。 

また、アクティブなコミュニティフォーラムがあり、ヘルプドキュメントがとても充実していることも気に入っています。サポートのためのチケットシステムはありませんが、私がフォーラムに質問を投稿すると、いつでもチームの誰かが私に返信してくれます(これは有料かどうかに関係なく適用されます)。

 プラットフォームを使用するには論理的な頭脳が必要ですが、技術的なスキルは必要ありません。 チームがプラットフォームの開発に積極的に取り組んでいることは明らかで、ユーザーが提案を追加できるロードマップを持っています。今のところ、Adaloを使って欲しいものを正確に作ることはできないかもしれませんが、機能は常に改善されているのがわかります。非常に小さくてシンプルなアプリを作りたいだけなら、50ドル/月は高いと思います。しかし、アプリが大きくて複雑なものであれば、50ドル/月は本当に、本当にお得です。自分のアプリにAdaloを使うかどうかはわかりませんが(基本的にはFacebookを作りたいと思っています)、アイデアを試す場所としては素晴らしいですし、実際に使ってみるととても楽しいです。

悪い口コミ


Adaloの機能セットは、他のノーコードツールと比較して非常に制限されています。彼らはマーケットプレイスを立ち上げたばかりだったので、それは時間とともに変化しますが、それは私たちのプロジェクトをサポートできなかったので、別のプラットフォーム(AppGyver)に移動する必要がありました。

残念ながら、 Adaloの無料プランでは50行分のデータしか提供されていない。 そのため、どんなに素晴らしいアプリであっても、ユーザーフレンドリーなアプリであっても、機能が豊富なアプリであっても、このアプリを探索するために時間を投資しても意味がありません。
50ドル/月の開始価格は急なものだ。
IMHOでは、Adaloは非常に早い段階でマニア向けの市場から自分自身を出し抜いてしまった。
誰もがユニコーンを作るためにnocodeを探しているわけではありません。ほとんどの場合、それは小さなプロジェクトです。
Adaloは「アプリの作成」の部分をテストしてほしいと思っているようだが、50ドルを払わずに使用方法をテストして使ってほしいと思っているわけではない。つまり、 アプリを作っても、自分のアプリが月に50ドルの価値があると思えなければ、お金を払わず、有意義に使うことができない ということです。

Bubbleなどのような市場で提供されているものに満足しておらず、どんな利点があっても50ドル払っても構わないと思っている一部のユーザーには、Adaloは良いかもしれません。

私の見解ではフリープランは、少なくとも1000行を持っている必要があります。ほとんどは、その多くを使用しませんが、それは1つは、データの約50行を横断するときに50ドルを支払う必要がなく、成長することができることを心の平和を与えます。

ファウンダーズ株式会社メディアチーム

ファウンダーズ株式会社メディアチーム

ファウンダーズ株式会社メディアチームです。
システム見直し本舗の運営を行っています。
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます。
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. SaaSロゴ

    Airtable

  2. 記事作成

    【2020年】NoCodeでスタートアップ構築!ツール14選!

  3. SaaSロゴ

    Webflow(CMS)

  4. 特集記事

    あまり知られていない!強力NoCodeツール18選!

  5. 記事画像

    【2020年】事務時間激減だけじゃない!プロジェクト効率化ツール【導入事例】

  6. 特集記事

    【2020年最新】不動産業界がReproを導入した結果は??【導入事例】

  7. KWFinder

  8. プロジェクト管理で不動産業の事務をスピードアップ

  9. SaaSロゴ

    Yappli

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. top_image
  5. 記事画像

人気記事

  1. 記事画像
  2. canva_log

    2位

    Canva
  3. 特集記事
  4. 記事画像
  5. 会社ロゴ

    5位

    .bubble
  6. topimage
  7. 特集記事
  8. SaaSロゴ

    8位

    Asana
  9. 記事画像
  10. 記事画像
PAGE TOP