おすすめ記事

おすすめ記事一覧

【Webflow】機能や料金を徹底比較!おしゃれなWebデザイン作成ツール!

最終更新日:2021.02.03
特集記事

サマリー

現在盛んなノーコードツールの中でもWeb制作、EC機能の制作に優れている「Webflow」、そしてその他サービスとの比較や口コミをご紹介します。

ノーコードでWeb制作と言えば「Webflow」


現在、ノーコードが非常に盛り上がっています。アプリ作成では「Bubble」や「Adalo」、ECサイト構築では「Shopify」などコード無しで何かを開発するプラットフォームが盛り上がっています。今回はそこで、Web作成ノーコードツールである「Webflow」を紹介していこうと思います。また、他Web作成ツールとも比較していこうと思います。

Webflowとは?


Webflow(ウェブフロー)とは、ノーコードでWebサイトを作るためのWeb制作ツールです。2013年にアメリカで始まり、現在に続いています。他にも何種類かノーコードでWeb制作するツールはあるのですが、Webflowは本格的な玄人向けともいえるツールです。

Webflowは、HTML CSSの言語をベースに自由度の高いデザインツールです。HTMLタグと一緒ですがCSSのほぼ全ての設定、複雑なアニメーションなどが視覚的操作で作成可能です。作成されたWebサイトは、エンジニアが作成したサイトに負けない、もしくはそれを上回るくらいと言われています。

SaaSロゴ

他サービスと機能や料金を比較!


機能

視覚的にデザイン

特集記事

Wixなどと同様、NoCodeツールなので大抵のことはドラッグ&ドロップで要素を配置し、構築できます。

Webflowは加えて、 CSS属性を全て画面上で設定 できます。

特集記事

コードでの構築の時のように、サイドバーに属性が表示され、配置が分かりやすいです。

また、WordPressプラグイン、JQueryなどで頑張らないといけない 視差効果などをWebflowはコーディング無しでできます。 

CMS機能

※CMS機能とは、コンテンツ・マネジメント・システム機能、つまり、Webサイトを管理・更新できるシステムです。 サイト内のテキストや画像、レイアウト情報など、Webコンテンツの構成要素を一元的に管理できます。ー参照 ITトレンド https://it-trend.jp/cms/article/function

CMS機能は、有料となりますが、 画面上で全て設定でき、いつでも編集できます。  Webflowはデザイン性の自由度が強く、SEO対策も優れています。

しかし バックエンドが弱いのが現状です。 

ユーザーログイン機能などはなく(※1)、Cutom Codeで実際にコードを書く必要があります。しかしこちらが可能であれば問題はありません。

 

※1Memberstackという会員システムを実装すると可能です。5分ほどでできるノーコードツールです。

[blogcard url=”https://webflow.com/?rfsn=4892253.e13f98&utm_medium=affiliate”]

価格

画像の「Site Plan」は、サイト単位で課金されます。他に「Account Plan」というのがあります。これはユーザー単位の課金プランで、開発者向け機能がついております。

CMS機能をつけるのであれば$12〜、不要であれば無料プランで大丈夫です。

特集記事

他サービスと一言で比較

Webflow

・滑らかに動く!

・EC機能組み込み可能!

・アニメーションやCMS、SEO強い!

WordPress

・一番有名、王道!

協力かつプラグイン豊富!

Wix

・ログイン機能!

・EC、DB機能までノーコードで制作可能!

特集記事

良い口コミ


Webflowを使えば、本当に目を見張るような優れたサイトをいくつか作成することができます。Webflowほど多くの属性を持ち、サイトのデザインを完全に管理できるソフトウェアは他にありません。HTMLコーディングは一切必要ありません。 サイトのアニメーションは、適用するのが本当に簡単 で、必要なだけ複雑にすることができることに気づくでしょう。

私は、ウェブフローが各テンプレート内で多くのカスタマイズを可能にしている点が気に入っています。 ゼロから始めることも、既存のテンプレートを使って簡単に使うこともできます。テンプレートは簡単に始められて、使いやすいです 。さらに、ページのアニメーションがとてもクールで、ウェブサイトをプレミアムな感じにしてくれます。

Webflow を使うことで、特にプロトタイピングにかかる時間を文字通り数日分節約することができます。このソフトウェアは非常に包括的で、堅牢なデータストアを持っています。このソフトウェアは非常に包括的で、堅牢なデータストアを持っており、中程度の複雑さであれば、どんなダイナミックな、ホスティングされた、データベース駆動型のウェブサイトでも作成することができます。 大手企業もこのソフトウェアを使用しており、ランディングページから洗練されたウェブアプリケーションにまでスケールアップすることができます。 実装に数日から数週間かかるようなことも、シンプルな要素やコレクションを追加することで実現でき、コードは非常に柔軟性があります。主にバックエンドフリーで、高度に抽象化されたフロントエンドインターフェースで処理されますが、JSON APIが利用可能です。

特集記事

悪い口コミ


 使い方を覚えるのに非常に時間がかかる。 ウェブフローは、顧客がツールをナビゲートする際のサポートをほとんど提供せず、トレーニングのための費用を請求しています。それはちょうど意味がありません、あなたは、一見基本的なアクションを行う方法をグーグルで検索しなければならないし、提案はヒットまたはミスです。記事以外のサポートがないので、ソフトウェアのバグがあったり、行き詰ったりした時には、完全に自分の力で対応することになります(これは、お客様が定期的に利用しているサイトであれば、非常にストレスになります)。

 かなり学習コストがあり、オプションの中には標準外の用語を使用しているものもあります(おそらくすべての人に使いやすいようにと考えられます)。 本当に似たような、区別しにくいアイコンが隣り合わせにあります。コードをエクスポートすると、それは最終的なものになるので、この機能は本当にプロトタイピングにしか使えません。もう一つの欠点は、プラットフォームに大きくリンクされていることで、そのサイトが稼働している間はサブスクリプション料を支払うことになります。 しかし、すべての努力をしても何かを立ち上げることはできないかもしれないという事実を考えると、アップグレードの恩恵を受けることができるので、トレードオフの価値はあります。 

口コミに対する感想

Webflowはこれらの口コミ(G2)から分かるように、学習コストが高く難しいか簡単かは人によって別れてしまうようです。しかし肯定的な意見が多く、学んだ恩恵は大きいようです。

ノーコードツールの中では、アニメーション機能が強く、大手企業も使用していることがわかります。テンプレートも豊富であり、ある程度の機能は無料で使用できるため、Web制作初心者の方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

システム見直し本舗編集長 三ツ谷直臣

システム見直し本舗編集長 三ツ谷直臣

日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記リンクよりお願いします。
https://andd.live/contact/







関連記事

  1. タスク

    リモートワークでも快適に!タスク管理ツールの6選!

  2. プロジェクト管理で不動産業の事務をスピードアップ

  3. 記事画像

    【金融業・保険業】テレワーク導入企業におすすめタスク管理ツール

  4. 特集記事

    【編集・加工】画像編集ソフト Luminar4をご紹介!

  5. Adalo Resource・マーケットプレイスペイメント前編(Stripe)(スクリーンとコンポー…

  6. 記事作成

    BubbleのSlugと再利用可能な要素について解明してみた!!

  7. 特集記事

    インスタやTwitterのフォロー整理に最適!SNS管理ツール「Crowdfire」をご紹介

  8. Bubbleのお助けツール、ショートカット、操作補助

  9. 特集記事

    【正確・時短・効率化】おすすめクラウド勤怠管理システムはこれ!

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. Collaboration
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP