おすすめ記事

おすすめ記事一覧

Yoti

3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

Yotiは、IDを証明する方法を変えているグローバルデジタルIDプラットフォームです。現在、世界中で700万を超えるアプリのダウンロードがあります。YotiのグローバルデジタルIDプラットフォームは、ID検証、年齢推定、電子署名、AIスプーフィング防止テクノロジーなどの一連のビジネスソリューションを提供するように拡張されました。 

このSaaSが登場する記事

説明

Yotiは、IDを証明する方法を変えているグローバルデジタルIDプラットフォームです。2014年に設立され、お使いの携帯電話にIDを表示する無料アプリをリリースしました。Yotiアプリは、再利用可能なデジタルIDを提供し、個人の詳細やサードパーティの資格情報を企業や個人と安全に共有する方法を提供します。

現在、世界中で700万を超えるアプリのダウンロードがあります。YotiのグローバルデジタルIDプラットフォームは、ID検証、年齢推定、電子署名、AIスプーフィング防止テクノロジーなどの一連のビジネスソリューションを提供するように拡張されました。

すべての個人情報は256ビット暗号化で保護されており、当社のセキュリティシステムはSOC2基準を満たすことが認定されています。認定されたBCorpとして、私たちはユーザーを保護し、人々と地球との利益のバランスを取ることに取り組んでいます。

仕様

推奨社員数:1~
無料トライアル:なし
無料プラン:あり
モバイル:可能
日本語対応:なし
連携サービス:-

金額・価格

初期費用:0~
ランニング費用:0~(企業向けは非公開)
月額/ユーザー:0~(企業向けは非公開)
最低利用人数:1人
最低利用期間:なし

よくある質問

Yoti IDカードとは何ですか?

Yoti IDカードは、実際のIDカードを提示するのと同じように、氏名、年齢、または生年月日を他の人に直接証明する簡単な方法を提供します。ドキュメントと写真をYotiに追加すると、YotiIDカードが[MyYoti]画面に自動的に表示されます。 仮想カードは、自分撮りと、身分証明書で確認された氏名、年齢、生年月日を組み合わせたものです。共有するものを選択するだけです。

または、QRコードアイコンをタップして、この情報を別のYotiアプリと共有することもできます。別のYotiアプリがこの一意のコードをスキャンすると、フルネームと写真がその人に安全に送信されます。

現在サポートしているIDドキュメントは何ですか?

200を超える国と地域のIDドキュメントをサポートしています。

以下のドキュメントタイプをクリックして、お住まいの国のドキュメントをサポートしているかどうかを確認してください。

パスポート(200以上)
運転免許証(92)
国民身分証明書(66)
UK CitizenCard
これらのドキュメントの一部のバージョンは、セキュリティ要件を満たしていないために受け入れられない場合があります。

会社情報

SaaSロゴ

法人名:Yoti Ltd

会社所在地:GB EC3M 5DJ London London Fountain House 130 Fenchurch Street

設立年:2014年

Norihito Hirano

Norihito Hirano

ファウンダーズ株式会社にて、インターンシップとしてメディアを担当。
特技:Human Beat Box、DJ
ハマっているもの:サウナ、筋トレ、Shopify







関連記事

  1. 【体験談】記事作成中に使っているツールのご紹介!

  2. dx

    保護中: Acoforce社 DX化の意識 インタビュー

  3. ITベンチャーのDX化を調査!株式会社CryptoPieのDX事例

  4. SaaSロゴ

    Airtable

  5. 特集記事

    【2021年最新版】画像編集ソフトAuroraHDRをご紹介!

  6. long tail pro

    Long Tail Pro

  7. obi-onyeador-MMHcFUKkBD4-unsplash

    保護中: 賃貸業のDX化|「暮らすを自由に」実現に向けて|【株式会社 NOW ROOM】

  8. 記事作成

    Bubbleの使い方を学ぶ、アプリケーションとデータの所有権

  9. 記事作成

    Bubbleの重要なコンセプト

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. Bubble
  2. 勤怠管理
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. 飲食店 会計
PAGE TOP