おすすめ記事

おすすめ記事一覧

【2020年最新】CRM(顧客管理)ツールおすすめ5選!【比較】

記事画像

CRMとは?

CRMとは、「Customer Relationship Management」の略で、顧客管理システムと訳されます。簡単に説明すると、「 CRMの顧客ごとに適した対応を効率的に行えるシステムで良好な関係を作る 」ことができるツールです。

マーケティング戦略の一種であり、顧客ごとに異なるステータスを個別に管理し、それそれに適したアプローチで成果を効率よくあげるのが目的となります。

「とにかく数をこなす」という時代は終焉を迎えています。 CRMツールは確率が高い顧客を把握しアプローチすることを優先し、確率が低い顧客に対してはどうすればいいのかを分析し、次の目標設定をデータ分析して手助け してくれます。

CRMの主な機能

  • ・ページ訪問者の意図を分析
  • ・アクションを追跡
  • ・AIチャットボット による訪問者のリアルタイムチャット
  • ・訪問者情報を自動的にキャプチャ
  • ・分析情報レポート機能
  • ・分析データを一元管理&高いセキュリティで安全に保つ
  • ・他サービスとの連携

特集記事

CRMを上手く使うするにはこれが大事!

必要な機能を見極める

CRMは物によって機能の数が異なります。多ければ価格は高くなるので、機能を見極めなければ、 コスト拡大  システムの複雑化 につながります。

他チームとの連携

CRMはマーケティング、営業、データ管理・分析などに機能が分かれており、これは他チームと上手く連携することがCRM活用の重要ポイントとなります。他部門と上手く連携を意識して活用しましょう。

目的をはっきりと

 目的が不明確ということは課題も不明確である ことを表します。しっかりと目的をはっきりさせ活用しましょう。また、これはコスト拡大ともつながります。

CRMツール導入結果 事例

  • ・インサイドセールスを取り入れ、結果として顧客単価3倍!
  • ・一人当たり月に20時間のリソース削減に成功!
  • ・新規問い合わせ受注率は前期比290%!
特集記事

オススメCRMツール5選!

Freshworks CRM

特徴

  • Freddy AIにより予想、自動化をアシスタント!
  • かなりの低コスト!
  • 営業かマーケティング、もしくはそれらオールインワンのプランあり

価格(※オールインワンCRM)

  • Growth Plan :$29/月
  • Pro Plan       :$69/月 追跡機能付
  • Enterprise    :$125/月 高度な追跡機能

Streak

特徴

  • Gmailの受信トレイからワークフローを管理することが可能!
  • CRM機能+メール追跡、送信日時を自由に設定!Gmaiの利用の幅を広げる

価格

  • FREE:$0
  • SOLO:$15/月
  • PRO:$49/月 高度なCRM
  • ENTERPRISE:$49/月 高度なCRM

メール追跡、G Suite統合、モバイルアクセス、コアCRMは全プラン適応

Pipedrive

特徴

  • ユーザーの初演度の平均成約上昇率28%
  • 取引の優先順位付けやパフォーマンスの追跡および収益予測に役立つ機能が満載

価格

  • エッセンシャル:US$ 12.50 アクティビティとパイプラインを整理して簡単にフォローアップ
  • アドバンス:US$ 24.90 あなたの一日をトラッキングして自動化し、外回り営業を減らして売上を増大させる
  • プロフェッショナル:US$ 49.90 コミュニケーションとコラボレーションで収益アップするために必要なすべて
  • エンタープライズ:US$ 99 CRMによる新人研修のカスタマイズとサポート

Capsule CRM

特徴

  • カスタマイズ可能!
  • 二重処理やシステムの同期が不要!

価格

  • Free:$0 最大2人 250人の連絡先 スターター用
  • Professional:$18/月/ユーザー 5000件の連絡先、10Gストレージ/ユーザー、G Suiteなどと統合、レポート
  • Team:$36/月/ユーザー 10万件の連絡先、20Gストレージ/ユーザー、同上統合、完全なレポート など
  • Enterprise$:$72/月/ユーザー20万件の連絡先、40Gストレージ/ユーザー、同上統合、レポート、実装サポート、継続的な優先サポート、など

Bulbul(Jungleworks)

特徴

  • マーケティングキャンペーンでメール、SMS、ボイスメールをスケジュールして自動的に送信!
  • コストパフォーマンス良し!

価格

  • $ 10 /ユーザー/月 メール自動化・追跡、レポート生成、統合、カレンダー同期、など
特集記事

良い口コミ

Freshworks

私たちが使用してきた中で最も先進的なCRM…
私たちが長い間使ってきた中で最も先進的なCRMです。営業担当者と管理者の両方のために作られています。

価格は急ですが、あなたが支払うものを得ることができますか!

(出典:https://jp.trustpilot.com/review/www.freshworks.com?languages=all&stars=4)

 

Streak

おそらくほとんどのユーザーにとって最高のCRM
ほとんどのユーザーにとっては最高のCRMでしょう。Gmailを使っているなら、Streakを使えば顧客とのやり取りを簡単に記録できます。
Gmailを使っている人は、Streakを使えば顧客とのやり取りを簡単に把握できます。

(出典:https://jp.trustpilot.com/review/www.streak.com)

Pipedrive

私のスモールビジネスのためにこれを使用してください
私の小さなビジネスのためにこれを使用して、十分にお勧めすることができませんでした。とても使いやすいです。

(出典:https://jp.trustpilot.com/review/pipedrive.com)

Capsule CRM

理解しやすく、使いやすいです。チーム全体が、特定のアカウント内の開発をお互いに更新するために問題なく使用することができます。カプセルは、セールス、マーケティング、サポートチーム間の優れたブリッジです。電子メール、repsonses、特定のアカウント内の開発は、すべてのチームに貴重な洞察力を提供し、リアルタイムで表示することができます。

出典:https://www.g2.com/products/capsule-crm/reviews#survey-response-3208297

Bulbul(Jungleworks)

フォローアップが簡単にできて、活動の追跡調査ができるようになりました。活動の自動化に役立ちます。クリーンで視覚的なダッシュボード上で、販売からファネルまでの全体の最新のビューを得ることができます。内蔵の音声通話でより多くのコールを開始し、受信します。また、メールを連絡先や案件に自動的に接続します。

(出典:https://www.g2.com/products/bulbul/reviews)

特集記事

悪い口コミ

Freshworks

触らないでください – ご自身の責任において
触らないでください。このシステムは、一見すると大きな可能性を秘めているように見えますが、騙されてはいけません。基本的には常識がなく、非常に手間がかかります。サポートは私が今までに知っている中で最悪で、サポートスタッフの誰もが製品の使い方を知らない。製品は当然のようにリンクに失敗し、しばしば故障します。それを動作させようとするために費やした時間の量は驚異的であり、無駄になっています。

(出典:https://jp.trustpilot.com/review/www.freshworks.com?languages=all&stars=1&stars=4)

Streak

ストリークは何度も同期が取れなくなったことがあります。 カスタマーサービスの方は非常に申し訳なさそうに対応してくれましたが、リセットには数日かかりました。

(出典:https://www.g2.com/products/streak/reviews#survey-response-2531640)

Pipedrive

私は彼らのサブスクリプションをキャンセルし、彼らは私に毎回リマインダーを送っていたし、突然、彼らは月の支払いを取って、私は私がサブスクリプションを再アクティベートしたことがないと言っていました…彼らはあまりにも高価な同じサービスを提供していますあなたは他のCRMから無料でそれを得ることができます。

(出典:https://jp.trustpilot.com/review/pipedrive.com)

Capsule CRM

なんとなく限られていて、視覚的にも機能的にも何年も使っていないような気がします。販売パイプラインは非常に基本的なものです。

(出典:https://www.g2.com/products/capsule-crm/reviews#survey-response-3208297)

Bulbul(Jungleworks)

カスタマイズしたい機能の中には、カスタマイズできない機能もあります。また、リードサーチの面で改善が必要。モバイルアプリの存在が必要。

(出典:https://www.g2.com/products/bulbul/reviews)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?CRMツールは種類によって大きく異なります。機能、金額はそれぞれ異なっており、慎重に選ぶことが重要です。目的を明確にして、是へこの記事を参考に適当なCRMツールをお選びください!

Norihito Hirano

Norihito Hirano

ファウンダーズ株式会社にて、インターンシップとしてメディアを担当。
特技:Human Beat Box、DJ
ハマっているもの:サウナ、筋トレ、Shopify







関連記事

  1. 記事画像

    不動産業界でテレワークを実現するための方法を解説!

  2. 特集記事

    不動産営業の効率アップ!BIツールまとめ

  3. 記事画像

    マーケティングプラットフォームなら「GetResponse」におまかせ!

  4. 記事画像

    積極的にDX化を推進!従業員2000人超え企業のDXへの取り組みとは? インタビュー先:ディップ株式…

  5. SaaS画像

    Senses

  6. 特集記事

    【2020年最新】案件管理に最適!サービス業にオススメCRMツール4選!

  7. 特集記事

    【2020年最新】不動産業界がReproを導入した結果は??【導入事例】

  8. 特集記事

    NordVPNをご紹介!Netflixユーザーにもおすすめ!

  9. SaaSロゴ

    Capsule

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. 特集記事
  4. top_image

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 勤怠管理
  3. 記事画像
  4. 記事画像
  5. Bubble
PAGE TOP