おすすめ記事

おすすめ記事一覧

【通信業必見】BIツールおすすめ3選

記事画像

「データ」という言葉に敏感になった昨今では、各社の担当者は様々なデータを駆使することで精度の高いマーケティングを実現しようと苦労しているのではないでしょうか?多様なBIツールが世の名に溢れている中で、今回は特に、あらゆる規模に対応した通信業界におすすめのBIツールを3つ紹介していきます。

精度の高いマーケティングが実現可能に!?

正確なマーケティングを行うためには、必要なデータをいかに効率的に取り込むかが重要です。多くのマーケターは、社内のいたるところに存在するデータを集計すると、分析よりも時間がかかることに気がつきます。そこで重宝するのが、ビジネスインテリジェンスツール(BIツール)なのです。特に今回ターゲットとなる業界であるITを含む通信業では、オンライン化が他の業界よりも加速化している中で、より多様なデータが必須になってくるので、今回の記事を参考にして、精度の高いマーケティングを会社全体として実現しちゃいましょう!

そもそもBIツールとは?

ここで、BIツールの基礎知識についておさらいしておきましょう。BIツールの「BI」は「Business Intelligence」の略です。ビジネスインテリジェンスとは、企業が日々蓄積している膨大なデータを分析し、その分析結果を経営の意思決定に活用することを意味します。このBIを支援するシステムを総称して「BIツール」と呼びます。

BIツールの目的や役割は、膨大なデータから必要な情報を抽出して分析・報告し、経営や売上拡大に活用することであり、誰でも利用できることに意義があります。毎回エクセルで手作業で集計する必要がなくなり、非常に便利なツールです。知りたいことが頭に浮かんだときに、すぐにデータをまとめて分析結果を表示させることができるので、それだけで済むようになります。意思決定にはスピードが求められるので、「ところで、あのデータの集計はどうだったかな?と、目の前のタスクで忙しい集計担当者をハッスルさせる必要はありません。

BIツールで他社と差別化していこう!

<活用シーン>

BIツールは、ビッグデータからの分析や業務改善のために、すでに多くの場面で活用されています。では、BIツールはどのような場面で活用されているのでしょうか。主なものをご紹介します。

・ビジネスや財務の分析
売上情報や財務状況などの経営分析結果をタイムリーに把握し、迅速な経営判断が可能になります。

・売上分析・売上分析
異なるシステムの売上データを迅速に統合・集計することができます。

・人事データ分析
分析知識がなくても、簡単に人材を「見える化」できます。

・残業時間の分析
異なるシステムやファイルからのデータを統合し、多面的な分析を行うことができます。

・予算管理システム
BIツールで予算管理システムを構築し、最新の事前データをいつでも見られるようにします。

・データ集計
データ集計ツールを構築して、Excelファイルをそのまま利用して集計作業を効率化することができます。

・フォームの自動作成
PDF・Excel形式に対応した帳票自動作成ツールを構築。専門の業者や部署に頼ることなく、必要なデータを抽出・分析・加工し、結果を「見える化」することができます。

<メリット>

BIツールを導入する第一のメリットは、経営判断がより迅速かつ正確に行われ、企業の業績向上と長期的な成長を見込むことができるようになることです。

・企業が散在しているデータを収集・分析できるようになる
BIツールは、社内外の複数のシステムに散在していたデータを一箇所に集めて抽出し、分析やレポートを作成することができます。BIツールを活用することで、数字や表として存在していたデータが瞬時にグラフなどで可視化され、見やすく、判断しやすくなります。また、従来の手作業やExcelでは知ることができなかった、システムを横断してデータを分析することで、今まで知ることができなかった情報を得ることができます。
また、データマイニングのような高度な分析は、深堀り分析のように専門知識がなくても行うことができます。これにより、多くの企業が抱える課題である経営判断のスピードと精度を飛躍的に向上させることができます。

・見える化で各部門の現状把握が容易に
BIツールの特徴として、可視化による分かりやすさが挙げられます。抽出・分析したデータをグラフなどでわかりやすく表示するため、売上データなどの現状を一目で把握することができます。

・問題点や課題を早期に発見し、迅速な対応が可能に
BIツールの分析結果から問題点や課題を浮き彫りにすることができます。これまで隠れていた問題や課題をBIツールで洗い出すことができることで、早期に芽を摘むことができます。問題や課題を早期に対処・解決できるというメリットがあります。

・レポート作成の手間が軽減される
簡単に言えば、作業負荷の軽減というメリットも期待できます。これまで手作業で行っていた集計やレポート作成が、BIツールを活用してグラフなどの分かりやすいレポートを作成することで、瞬時にできるようになります。

プロダクト紹介

それでは、いよいよ特に通信業界おすすめのBIツール3つをご紹介していきます。

1.【Domo】(https://www.domo.com/jp)

「Domo」はアメリカ合衆国のユタ州アメリカンフォークを本拠地とするDomo, Inc.が提供しているサービスになります。「Domo」は、企業の多様なマーケティングデータをリアルタイムで一箇所に集約し、より迅速な意思決定を可能にする経営管理プラットフォームです。多種多様なデータを扱いながらも、優れたビジュアルとインターフェイスで非常に使いやすいです。また、データを全社員でスムーズに共有できれば、社内の一部の人だけが理解できなかった情報も、会社全体の有効な資産として活用することができます。何より、レポーティング機能で膨大なデータの分析に時間を割く必要がなく、意思決定に集中できるのが魅力です。そして、迅速な意思決定に欠かせない閲覧環境を最適化しました。洗練されたモバイルアプリによって実現したモバイルファースト仕様により、外出先でもデータを十分に確認することができます。

効率的なデータ活用だけでなく、サーバーメンテナンス不要、トラブル発生時のアラート、データへのアクセス制御など、クラウド型であることから、全社的な情報整理の支援にも最適です。そのため、政府機関や公共機関はもちろん、特にセキュリティが厳しい金融・製薬業界やハイテク産業でも利用されています。ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オセアニアなどの大企業に支持されているのは、セキュリティ、コンプライアンス、プライバシー保護がしっかりしている証拠です。

2.【Tableau】(https://www.tableau.com/ja-jp

「Tableau」は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本拠地があるタブローソフトウェア(Tableau Software)が提供するサービスで、世界の最新動向に対応した簡単なBIツールになります。同サービスの特徴は、操作が簡単で誰でも簡単に利用できること。データの移動はドラッグ&ドロップで簡単に行うことができ、プログラミングの知識がなくても利用することができます。オンライン版はデプロイも共有もスピーディーです。デスクトップ版からオンライン版まで、環境に合わせて拡張性を選ぶことができます。もちろんモバイルでも見やすいように設計されています。あらゆる業種に対応してている点も汎用性の高さが伺えます。サポート内容としては、トレーニング・コンサルティングになります。また、世界の最新動向に対応した追加リソースがリリースされているのも心強いです。また、全世界で100万人以上の会員を抱える大規模なコミュニティフォーラムも魅力的で、LinkedInやAccentureなど世界中の大手企業が導入しています。最新の環境に柔軟に対応できるBIツールをお探しの方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

3.【LaKeel BI】(https://bi.lakeel.com/

「LaKeel BI」は、東京都港区を本拠地とする「株式会社ラキール」が提供するサービスで、充実したサポート付きのテンプレートを利用した簡単分析が可能なBIツールになります。BIツールの利用が初めての方でも、インターフェースが使いやすく、テンプレートも豊富に用意されています。業務に応じた豊富なテンプレートが用意されています。JAXAだけでなく、日立やエバラ食品などの大手企業にも多く導入されています。サーバーライセンスタイプなので、固定費で複数の部署で利用できるBIツールを検討している方に最適です。また、従業員や部署ごとに詳細なアクセス設定ができるので、従業員が多い企業には便利です。充実したサポートも魅力的です。メーカーでは、自社に合わせたダッシュボードを作成するサービスも行っています。体験型のセミナーや研修も行っているので、導入や運用に不安がある方は活用してみてはいかがでしょうか。そして、こちらもあらゆる業種に対応しております。

良い口コミ

1.【Domo】

・アプリがなくてもWeb上で使えるのが良いところだと思います。
ビジュアルが綺麗で使いやすいです。
数百万レコードのテーブルにも対応しています。

BIの中には、何十万もの講義を受けても使い方が分かりにくいものもあります。
DOMOは講義なしで他社のクラウドデータとの連携ができ、SQLでデータマートを作成することができました。(出典:https://www.itreview.jp/products/domo/reviews/39253)

・様々なデータを自動で加工して見やすく管理してくれたり、レポートを自動で作成する機能があるのがとても良いです。
今までPower PointやEXCELでいちいち処理していたものをデータとして上司に説明するときにDOMOを使うことができるのは良いことだと思います。(出典:https://www.itreview.jp/products/domo/reviews/55703)

・外部DBへの容易なアクセス、豊富なAPIがある点。社内に分散している各種ツールやGoogleスプレッドシート、CSVなどから数字を集計し、会社全体の収益管理が可能です。また、グループ管理が可能なところ。複数の子会社があり、各子会社の業績を管理から集約まで、ページを分けて1つのツールで管理することができます。そして、様々な可視化方法がある点。表示設定や集計設定は簡単で直感的に操作できます。また、ユーザーがその時々で見たいものに簡単に変更できるので、それぞれのユーザーの使い勝手に合わせてカスタマイズすることができます。(出典:https://www.itreview.jp/products/domo/reviews/54796)

2.【Tableau】

・エクセルでは扱えないデータを整理してまとめることができ、クロス集計からグラフ化、数値変化の可視化まで、UIで便利に使うことができます。また、SQLなどのプログラミング言語を知らなくてもデータを扱うことができるのもメリットです。(出典:https://www.itreview.jp/products/tableau-desktop/reviews/55872)

・以前はExcelやAccessを使って、日々変化するデータの集計レポートや現状分析を作成していましたが、作成中にデータが更新されてしまい、同じ作業を延々と繰り返していましたが、Tableauを導入してからは、肝心のデータの鮮度が落ちることもなく、ほぼリアルタイムでデータを保持できるようになりました。に反映され、状況を視覚的に確認することができました。 基本的な操作は初心者でもすぐに慣れることができ、それほど難しいものではありませんでした。(出典:https://www.itreview.jp/products/tableau-desktop/reviews/55230)

・セルフビとはいえ、最初はなかなか使いこなせないのが良いところです。
ディメンションとメンバーの関係や計算フィールドの使い方を理解してしまえば、ある程度自由にレポートを作成できるようになります。(出典:https://www.itreview.jp/products/tableau-desktop/reviews/55255)

3.【LaKeel BI】

・部門の損益情報から人事、残業時間、年休などのダッシュボード、予算や前年比などの比較対象と合わせて様々な数字を可視化していますが、簡単な設定で見ている人が拾いたい数字を拾うことができる、非常に汎用性の高い製品だと思います。(出典:https://www.itreview.jp/products/lakeel-bi/reviews/51784)

悪い口コミ

1.【Domo】

・ライセンス価格になるでしょうか。
また、個人や企業のサイトがあまり使われていないので、自分で試してみる必要があるところ。(出典:https://www.itreview.jp/products/domo/reviews/39253)

・データを加工して表示するグラフなどをもう少し柔軟にカスタマイズできるようになれば、EXCELなどの代わりに完全に使えるような気がします。(出典:https://www.itreview.jp/products/domo/reviews/55703)

2.【Tableau】

・マニュアルをもっと充実させてほしい。統計的な知識は必要ありませんが、画面上の表現には解釈が難しく、慣れるまでに時間がかかる部分があります。(出典:https://www.itreview.jp/products/tableau-desktop/reviews/55872)

・ユーザーに縛られたライセンスなので、ハードユーザーには問題ないのですが、クリエイターを育成する段階ではちょっと割高感があります。ライセンスの種類や価格設定の選択肢を増やしてほしいですね。価格的にハードルが高いので、もっと導入しやすくしてほしい。また、WebベースのQAなどの基本的なサポートやeラーニングが英語なので、言葉の壁を感じます。(出典:https://www.itreview.jp/products/tableau-desktop/reviews/55230)

3.【LaKeel BI】

・途中で「ちょっと待ってください」が少し長く感じることがあるのと、機能が多すぎて使えないことがあるので、少し絞ってもいいかもしれません。(出典:https://www.itreview.jp/products/lakeel-bi/reviews/51784)

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. 今話題のSEO!その内容と対策について徹底解説!

  2. メタップスクラウドとは?開発会社である株式会社メタップスに直接インタビュー

  3. SaaSロゴ

    Active Campaign

  4. SaaS画像

    スマレジ

  5. 記事作成

    【ブログ運営者必見】サイトにCTAを設置できる「HelloBar」をご紹介!

  6. Proof

  7. 記事作成

    ベンチャー向けの最強メールマーケティングサービス【Aweber】とは!?

  8. SaaSロゴ

    Moosend

  9. Getresponse

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. タスク
  5. 記事画像
PAGE TOP