おすすめ記事

おすすめ記事一覧

今話題のSEO!その内容と対策について徹底解説!

最終更新日:2021.01.17

今回は、SEO対策として有効なツールをご紹介していきたいと思います。

SEO対策がなかなかうまくいかなくて困っている方、SEO対策といっても何をしたらいいかわからない方、SEOって何?と思った方は是非ご覧ください。

SEOとは

SEO (Search Engine Optimization) とは「検索エンジン最適化」の略語で、検索エンジンに対してWebページの評価を上げ、上位に表示されるように最適化させることを言います。

結果として、Google、Yahoo!、Bingを通じて自社のブランドや商品、サービスが提供するソリューションを探している人に自社のWebサイトを見つけてもらいやすくなります。

なぜSEOが重要かというと、質の高いWebサイトを作っても誰にも見てもらえなければ全く意味がないからです。通常Webサイトの訪問者はGoogleなどの検索エンジンにキーワードを入力して自分の求める情報を探します。その際、ユーザーは検索結果の1ページ目に掲載されているWebサイトをクリックします。そのため、自社のビジネスや商品・サービスに関連があるキーワードでユーザーが検索を行った時に、検索結果の1ページ目に自社のWebサイトが掲載されるかどうかが非常に重要です。

検索結果はランダムに表示されているわけではなく、Googleが「ユーザーにとって価値のあるサイト」、つまりユーザーが求めている情報が掲載されていると判断されたサイトが優先して表示される仕組みになっています。

現代の検索エンジンが重視することとは

企業のWebマーケティング担当者は適切なSEO対策を行い、まずはユーザーにWebサイトを見つけてもらえるようにしなければなりません。

現代の検索エンジンは、Webサイトのコンテンツの質を重視しています。コンテンツの新しさ、検索キーワードが出現する回数、ページのユーザーエクスペリエンスの質など、さまざまな異なる要因を分析します。

また、検索内容に関連する他の著名なWebサイトがそのページにリンクしている場合、情報の質の高さを評価されます。

キーワードを多数入れて有名なサイトの外部リンクを貼っても質が高まると思うかもしれませんが、それは検索アルゴリズムの仕組みを悪用した「ブラックハットSEO」と呼ばれ、ユーザーにとって価値があることを重視する現代の検索アルゴリズムでは全く評価されません。

コンテンツは相手にとって役立つかどうかという視点で作るのが良いとされています。

SEO がビジネスに重要と言われる理由は?

SEO 対策をしっかり行いホームページを上位表示させることができれば、広告費を抑えながら、長期的にオンライン集客ができます。また、検索結果で上位表示をすること自体には経費はかからず、しっかり対策を行えば順位を長期的に維持するこが可能です。

一方で、広告を打てばそれなりのアクセス数を集めることができますが、広告予算が底をつくと同時に集客効果は無くなってしまいます。

ビジネスは、短期的な成果を上げ続け、長期的に利益を上げることが大切だと思います。そのため、経費を抑えつつ集客を促すことのできるSEO対策は非常に有効だと思います。

また、顧客との関係を強めるためにアフターフォローやリピート客の獲得などにも注力して収益を上げ続けるシステムを作ることが成功への道だと考えます。

SEO 対策で一番重要なポイントは?

① 質の高いコンテンツ

最新の SEO トレンドでは、Google はサイトを評価する時にコンテンツの質を最重要視しています。あなたのコンテンツは良質、読みやすさ、わかりやすさの点で十分に評価されていますでしょうか。 コンテンツは定期的に更新され、常に最新の状態に保たれていますでしょうか。モバイル端末でもストレスなく読めるようになっていますでしょうか。

 ユーザーにとって価値がある情報を提供し、利便性の高いコンテンツを作り込むことは、SEO で成果を上げるために最も重要なポイントです。

②被リンク(支持)の獲得

SEO の世界では、被リンク(外部サイト上にあなたのサイトのリンクが貼られること)はいわば、あなたのサイトに対する「支持票」です。支持を多く獲得できるほど検索順位が向上する傾向にあるといわれています。ただし、やみくもに被リンクを集めれば良いという訳ではありません。あなたのサイトと関連のあるサイトからの良質なリンクのみが評価されます。現在では無関連なサイトからの大量の被リンクはペナルティの対象になっており、サイトのランキングが落ちる原因となるので要注意です。

SEO対策には、大きく2つの方向性があります。

ひとつは、検索から優良なコンテンツと評価される内容を追求する内部の対策です。

もうひとつは、他サイトからの被リンク(支持)により第三者評価を得る外部対策です。

これらを実際の工程に落とし込むと、膨大なデータ分析が必要となり、施策の実行においても多くの作業が発生します。

 SEOツールは、これらの業務を効率化し、より有効なSEO対策を可能にしてくれるものです。特定の機能に絞り込んでいるツールや、多彩な機能を備えているものなど多種多様なサービスが提供されています。

オススメSEO対策ツール紹介

今回は、「Mangools」というSEO対策ツールをご紹介していきたいと思います。

Mangoolsとは、SEO対策に必要な5つの機能がセットになったパッケージソフトです。

 サイトの検索結果を上位表示させようとして、有効なSEO対策をたてるためには、まずキーワードの選定をはじめ、そのキーワードがどれだけ需要があるのかを調べたり、関連語、共起語の検索や確認、ドメイン自体の強度や、バンクリンクの調査など、多岐に渡る調査、確認が必要とされています。

キーワード調査ツールやバックリンク調査ツールは、それぞれ個別にサービスが存在しますが、単体だけで月数10万円以上かかるものもあります。大企業のWEB運用やSEO運用会社なら高い費用もまかなえるかもしれませんが、中小企業や個人でとなると、ツールにそこまで高いお金をかけられないと思います。

その点Mangoolsは、SEOに必要なツールをすべて使うことができて、お財布にやさしい価格で安心の中小企業、個人事業主にとっても強い味方のツールなのです。

これらのツールはインストールの必要はなく、サイトにアクセスするとスマホでも利用できますので初心者でも非常に使いやすくなっております。

①KWFinder

KWFinderはmangoolsという海外の会社が提供するSEOキーワード分析ツールです。KWFinderは、検索数、関連キーワード、競合調査を簡単にチェックできるキーワードツールです。特にロングテールキーワードを見つけるための目的に適したツールです。フリープランの場合、1日3回の制限があります。KWFinderの分析結果画面には、必要な情報が集約しているため、調べたいキーワードに関する情報が簡単に把握できます。これらの情報をあつめようと思ったら、通常、バラバラに複数のサイトを駆使して集めなけばなりません。

機能

  • 日本語対応
  • 検索ボリューム確認:可能
  • サジェストワード抽出:可能
  • キーワード一括インポート機能:可能

特徴

  • 関連キーワードなど
  • 月間平均検索ボリューム
  • 推奨入札単価(1クリックあたりの平均単価)
  • 競合性(入札している広告主の多さから算出される指標)
  • Googleトレンドグラフ(検索ボリュームの変化)
  • 検索上位の競合サイト 

SerpChecker(競合分析ツール)

「Mangools」というツールの中の1機能である「SerpChecker(サープチェッカー)」です。SEPRとは、Search Engine Result Pageの略で、検索結果が表示されるページを分析できるツールです。

どんなツールかと言えば、あるキーワードで検索した際に出てくる上位サイト(競合サイト)のドメインパワーはいかほどか?という事が目視で確認できるツールです。キーワード難易度もある程度測ることも出来る優れものだと思います。このツールは無料でも制限付きで利用可能です。『SERPchecker』では、日本国内だけではなく海外サイトを含んだSERPの結果をチェックできます。使い方は簡単で、キーワード・エリア・デバイスを指定して分析ボタンを押すだけです。狙いたいキーワードの難易度を予測したり、参入すべきキーワードなのかを判断するのに活用できます。

SerpCheckerはMajesticやMOZなどのサードパーティー製のスコアを一括取得し表示しているにすぎないため、各ツールの基礎知識が必要になってきます。

③serpwatcher(ランクチェックツール)

「serpwatcher(シープ ウォッチャー)」は、洗練されたユーザーインタフェイスで見やすく使いやすいキーワード検索順位追跡ツールです。検索順位ツールは、Windowsで定番の「GRC」、Mac向けシンプルツール「RankGuru SEO」、高機能ツール「Rank Tracker(ランクトラッカー)」、オープソースツール「Serposcope」など様々です。

中でも「serp watcher」は、洗練されたユーザーインタフェイスで見やすく使いやすいため、初心者から上級者までの方に幅広くお使いいただけます。

また、同社のツールとの互換性もあるため一社でSEO対策が完結します。

 

④LinkMiner(リンクチェックツール)

LinkMinerは、競合他社のバックリンクを見つけるツールです。

 あなたが競争相手のバックリンクプロファイルを分析して、リンク構築機会を見つけることを可能にし、すべてのリンクや、新しいリンク、失われたリンクを確認することができます。

また、競合他社が失ったリンクも見ることができます。 それはあなたに失われたリンクのウェブサイトの所有者に手を差し伸べるとあなたのサイトへのリンクを求める機会を与えてくれます

MANGOOLSのプランと価格

Mangoolsは3つの購読プランを提供しています。規模や使用頻度、業種などで適切なプランを判断しましょう。

basic:$29.90

premium:$39.90

agency:$79.90

 

 選び方の目安としては、

basic→初心者または小規模サイト向け。

premium→プロのブロガーまたはアフィリエイトマーケター向け。

agency→フリーランスのSEOまたは代理店向け。

MANGOOLSの長所と短所

・ほとんどのSEOツールとは異なり、Mangoolsは一連のツールです。 

・他のツールよりも多くのキーワード研究オプションを提供しています。特に KWFinderは、Google Keyword Plannerからの大幅なアップグレードを提供していす。

・AhrefsやSEMRushのような他のSEOツールと比較すると非常に手頃な価格であり、小規模の業者でも始めやすいです。

・あなたが自動的にあなたのウェブサイトのすべてのターゲットキーワードを追跡するのを助けるためにランクトラッカーを提供します。 ターゲットキーワードを1つずつ追加する必要はありません。

・Mangoolsは代理店プランを提供しますが、他のSEOツールがするようにそれはあなたのクライアントのためのダッシュボードを提供しません。 あなたが機関を運営していないのであれば、あなたはこれについて心配する必要はありません。

・Mangoolsは市場で比較的新しいプレイヤーです。 リンクのための彼らのデータベースはAhrefsとMajesticほど大きくありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、SEOとその対策について書かせていただきました。

SEOについての知識や、その対策として具体的に何を行動したらいいのか少しでも理解していただけたら幸いです。

多くの企業がインターネット上でビジネスを行うなかで、どうアピールをして目に留まるのかを考えなければいけません。

その方法は非常にたくさんありますが、注意点としては長期的な目線やビジネスの先を見通す視野の広さを考えるべきだと思います。

今回の記事を参考にしてSEO対策強化を行い、自社ビジネスの強化を行いましょう!

堀 祐樹

堀 祐樹

法政大学経済学部経済学科 2021年卒業予定
ゼミでは、企業会計を専攻、卒論はクラウドファンディング運営会社の財務分析を予定
好きなものはギター、ヴィンテージファッション、水曜どうでしょう。
最近ハマっているのは、スケボーと麻雀。
所有資格:日商簿記3級、FP3級、ITパスポート







関連記事

  1. 特集記事

    NordVPNをご紹介!Netflixユーザーにもおすすめ!

  2. 記事画像

    【2020年最終確定版】最強のMAツールはこれだ!

  3. Marin Software

    Marin Software

  4. topimage

    bubbleとAdalo徹底比較!Webサービスやネイティブアプリを簡単に作れるおすすめノーコードツ…

  5. 特集記事

    【2020年】Microstrategyとは?世界の企業に導入されているBIツール!

  6. メールディーラー

    保護中: 顧客管理も効率化、メール対応時の課題を一掃するSaaS【メールディーラー】

  7. 記事画像

    事務の負担が激減?!小規模会社で役立つOCR5選

  8. Proof

  9. 特集記事

    インスタやTwitterのフォロー整理に最適!SNS管理ツール「Crowdfire」をご紹介

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. Productivity
  2. 記事画像
  3. タスク
  4. 勤怠管理
  5. top_image
PAGE TOP