おすすめ記事

おすすめ記事一覧

【マーケティング会社必見】LP制作ツール「Unbounce」を徹底解説!

記事作成

皆さんの会社ではしっかりとしたマーケティング活動が出来ていますか?マーケティング戦略が今後の会社の命運を分けると言われているほど、重要な要素であることは皆さんも自然と認識していると思いますが、今回はマーケティング活動の一環であるランディングページ制作を簡単に行える「Unbounce」というツールを徹底解説していきたいと思います。

マーケティング会社に特におすすめ

マーケティングと言っても様々な種類がありますが、今回はWebマーケティング寄りのお話になります。クライアントから依頼されたものやサービスを効率的に世の中に売り上げの仕組みを作るための一つの手法として、LP(ランディングページ)制作があります。普通にLPを制作すると、多大なコストや時間がかかるのですが、比較的簡単にランディングページを作れるツールがあれば非常に便利だと思いませんか?

今回紹介するのは、そんなランディングページをコードを書くことなく、簡単に制作できる「Unbounce」というノーコードツールを紹介していきます。よって、多様な規模のマーケティング会社に特におすすめの記事になっているので、最後までお付き合いください!

そもそもLPとは?

ここで、一旦LP(ランディングページ)についての詳しい知識を整理していきましょう。

ランディングページとは、インターネット上の広告やリンクをクリックした際に、ユーザーが最初にアクセスするページのことです。ランディングページの名称自体が「ランディングページ」を意味しており、リンクを経由してユーザーが最初に訪れるランディングポイントとして利用されています。ランディングページは「LP」とも呼ばれ、「入口ページ」や「顧客ページ」の役割を果たす重要なツールの一つです。例えば、企業サイトの会社紹介ページや商品サービスなど、様々なWebページのことをランディングページと呼びます。今あなたが見ているこのページもランディングページですし、このサイトの他のページもランディングページです。また、メルマガやSNS、広告などのページもランディングページです。つまり、ウェブサイトは複数のランディングページで構成されているのです。

ランディングページ(LP)とホームページの違い

目的と提供する情報の違い
ホームページは、様々な意図を持って訪れたユーザーに様々な情報を提供するという大まかな目的を持って作られています。一方、ランディングページは、購入や仕事への応募など、ユーザーに特定のアクションを起こさせる目的があり、そのために提供される情報が集約されています。

ページ数と構成の違い
ホームページ(ホームページ)とは、複数のページが集まったものです。ページは階層的に整理されており、各ページに誘導するためのリンクが張られています。会社概要やサービス紹介など複数のページを必要とする企業サイトや、多くの商品を扱うECサイトもホームページ(ホームページ)に分類されます。
ちなみに、「ホームページ」の実際の意味は「ホームページのトップページ」ですが、一般的には「ホームページ」と「ウェブサイト」は同義語として扱われています。

LPの導入メリット

ランディングページを導入する最大のメリットは、コンバージョン率(CVR)が上がることです。コンバージョンとは、ユーザーからの問い合わせや資料請求、商品の注文のことです。ランディングページは、このようにユーザーの購買意欲をかきたてることで、多くのユーザーから問い合わせや注文を得ることを主眼に作られています。ランディングページにはリンクがないので、ページが放棄される確率が格段に低くなります。また、知りたい情報が1つのページに集約されているため、様々なページを見なくても情報を集めることができます。そのため、ユーザーが探している情報を見つけやすくなり、最後までページに滞在してくれる可能性が高くなります。

プロダクト紹介

概要

ブリティッシュコロンビア州バンクーバーに本社を置くカナダのソフトウェア会社Unbounceが提供する「Unbounce」とは、マーケティング会社向けに提供されているLP作成ツールです。コーディングをすることなく、モバイル対応のLPを簡単に作成することができます。初心者でも使いやすいように設計されているので、デザイナーではない方でもプロレベルのLPを簡単に作成することができます。

もしあなたがプロフェッショナルで使いやすいランディングページ作成ツールをお探しなら、この「Unbounce」がおすすめです。使いやすいエディタで印象的なランディングページを作成して収入を増やすことができるだけでなく、30日間の無料トライアルで購入前にツールや機能を体験することができます。HTMLやコーディングのスキルは必要ありません。セットアップウィザードで完成度の高いページを作成することができます。マーケティング会社に最適ですが、小規模な企業や個人の知名度アップにも役立ちます。

特徴

1.125以上のテンプレートから選択可

「Unbounce」のテンプレートはすべてモバイルに対応しており、エンゲージメントとコンバージョンを考慮して作成されています。Unbounceには、業種、キャンペーン、用途に応じてフィルタリングできる豊富なテンプレートが用意されているので、自分にぴったりのテンプレートを簡単に見つけることができます。サードパーティのテンプレートは、Themeforestから購入することもできます。また、自分でテンプレートを細部までカスタマイズすることもできます。

2.LP作成からマーケティングまで使える各種ツール

「Unbounce」は、LPの作成からマーケティングまでをカバーするツール群を提供しています。ドラッグ&ドロップツールを使えば、テキストや画像、動画、さらには地図までLPに追加することができます。また、ダイナミックテキスト置換機能やグループ化機能を利用して、すべてのページのキーワードを置換することができます。さらに、他のマーケティングツールとの統合も可能です。よく利用されている統合ツールには、MailChimp、WordPress、Hubspot、Marketo、Salesforceなどがあります。

3.使いやすい管理画面

「Unbounce」は使いやすいように設計されています。初めてログインすると、画面上に様々な機能やオプションのチュートリアルが表示されます。提供されているテンプレートを利用することで、簡単にプロ仕様のLPを作成することができます。A/Bテストや分析機能も用意されているので、強力なマーケティングツールとして活用できます。公式サイトではデモ画面が公開されているので、ぜひ試してみてください。

カスタマーサポート

Unbounceはサポートも充実してます。
・ビデオチュートリアル
・サポートメール
・メッセージボード – 大活躍
・サポートセンター
・ブログ – 非常にアクティブ
・電話サポート

・ライブチャットヘルプにアクセスする方法はたくさんあります。ナレッジベース、FAQセクション、ブログのコメント、またはメッセージボードから答えを得ることができます。また、営業時間内にチャットで実際の人と話すことができるか、無料で電話をかけることができます。サポートは迅速かつ便利です。

良い口コミ

最高のランディングページSaaS

私のデジタルエージェンシーは2017年にランダーからアンバウンスに切り替え、振り返ることはありませんでした。Unbounceは、ランディングページを作成、反復、測定するための直感的で強力なソリューションです。エディターは簡単に操作でき、完全に習得するのに約1日しかかかりませんでした。サポートは素晴らしいです:経験豊富で、共感的で、非常に敏感です。Salesforce、HubSpot、CallRailなどの統合についても優れた経験があります。年間サブスクリプションにサインアップした直後に、Unbounceからギフトが届きました。フライドチキンのバケツです。この会社が大好き!(出典:https://www.trustpilot.com/reviews/5e445fc43c93ae04c0e03a6a)

リードを生成する優れたランディングページツール

Unbounceは、全体的に優れたランディングページツールであり、多くのデザインオプションを提供します。しかし、私がこれに5 *のレビューを与えることを妨げているのは、ほんの少しのことです。たとえば、使用されているフォントを見つけようとすることはできません。したがって、使用したフォントを覚えていない場合は、起動して実行するために多くの試行錯誤が必要です。テキストの色は常に変わるとは限らないため、テキストをもう一度入力する必要があります。ささいなこと。それにもかかわらず、カスタマーサービスは優れており、実装が容易なサポート資料を多数提供しています。同社は非常にダイナミックで、常に役立つブログを作成しています。私は他のランディングページデザインツールを使用していませんが、これはかなり良いのでお勧めします。立ち上げも簡単です。(出典:https://www.trustpilot.com/reviews/577622db0000ff00096ba26f)

アンバウンス:カスタマーサービスとトラブルシューティングの頂点

Unbounceで作業するのが大好きです!ページエディタは非常によくレイアウトされており、非常に使いやすく、理解しやすいものです。デザインに関していくつかの制限がありますが、トレードオフは、見栄えの良いランディングページがそれほど技術に精通していない人にとっては簡単であるということです。

カスタマーサービスは、Unbounceが真に輝くところです。電話をかけると、人に連絡します。あなたが電子メールを送るとき、彼らはあなたに電子メールを送り返します。最初の回避策で問題を修正できない場合は、次のレベルのサポートが提供され、完全なトラブルシューティングレポートが提供されます。多くの場合、画面の記録が付属しています。Unbounceは、発生する可能性のあるバグや不具合を特定し、その理由や問題を明確に説明するのに役立つと常に確信しています。

Unbounceのすべてのサポート担当者は、フレンドリーで知識が豊富で丁寧でした。私は重要だと感じています、そして彼らは本当に助けたいと思っています!

(出典:https://www.trustpilot.com/reviews/5764609b0000ff0009675300)

悪い口コミ

デスクトップバージョンのページに加えられた変更への影響により、モバイルページが完全に間違ってしまい、予想とは異なることがよくあります。Unbounceは、作成したデストップページをモバイルに自動翻訳します。これはもっとうまくできると思います。モバイルページの修正には多くの時間がかかり、実際には1ページに2ページを作成しています。(出典:https://www.softwareadvice.com/landing-page/unbounce-profile/reviews/)

Unbounceを初めて使用する場合は、ビルダーに慣れるのに少し時間がかかることがありますが、経験のない人でも30分または1時間かかります。その後、それはあなたのランディングページ最適化ツールベルトに不可欠なツールになります。私の代理店は、クライアントが特別な機能を必要とするときに、多くのカスタムコーディングを行ってきました。あなたが望むかもしれないすべてを行うソフトウェアを持つことはできません。それは単に実現可能ではありませんが、それが誰かにとってどのように不利になる可能性があるかはわかります。レポートと分析では少し更新が必要になる可能性がありますが、とにかく常にデータをGAにプッシュする必要があります。一日の終わりに、あなたはあなたに最適なツールを使い、私がそれらすべてを試した後、Unbounceはまだ王様として雨が降っています。(出典:https://www.softwareadvice.com/landing-page/unbounce-profile/reviews/)

まとめ

このように「Unbounce」は、コーディングなしでモバイル対応のLPを簡単に作成できるマーケティング会社向けのLP作成ツールなのです。ユーザーフレンドリーなUIだけでなく、HubspotやMarketo、Salesforceなどのマーケティングツールとの連携も可能で、マーケティング活動を加速させることができます。「Webflow」や「Wix」などの有名なサイト制作ノーコードツールがありますが、この「Unbounce」はモバイル対応のLP制作ツールであり、マーケティングとの相性が良いです。このツールを取り入れることで、少しでもそれぞれの会社のマーケティング活動の効率性がより改善していくことを願っています。

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. 特集記事

    【2020年】Microstrategyとは?世界の企業に導入されているBIツール!

  2. フリーランスで働く方に送る、簡単デザインツール4選!

  3. Adalo Resource・空の状態を作る方法、検索バーの作成方法、ユーザーがフィルタリングできる…

  4. SaaSロゴ

    Webflow(CMS)

  5. Adalo Resource・カラーとフォント(ブランディングセクション)について

  6. 記事作成

    Bubbleのバルク操作・コメント・コラボレーションを紹介!!

  7. 記事画像

    印鑑文化廃止、普及が広まる電子署名とは!?

  8. 記事作成

    【不動産業界必見】ノーコードツール「Landbot」をご紹介!

  9. 特集記事

    爆速でスマホアプリ開発!Adaloとは?

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. 特集記事
  4. top_image

おすすめ記事一覧

  1. タスク
  2. Productivity
  3. top_image
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP