マーケティングプラットフォームなら「GetResponse」におまかせ!

記事作成

皆さんの会社のマーケティング活動はいかがでしょうか?各々のマーケティング担当者の方々は日々悪戦苦闘しながらも戦略を立て、会社の売り上げに貢献していると思います。マーケティングと一口で言っても、多様な分野に分かれますが、今回は、メールマーケティングを含む様々なマーケティング活動に必要なものを一括でまとめてくれたプラットフォームサービスである「GetResponse」を解説していきます。是非最後まで拝見してくださいね!

どんな業種・規模にもおすすめ!

どの会社であっても、マーケティング活動は、自社の商品やサービスを市場に普及させ、それぞれの会社の売り上げに貢献していかなければなりません。マーケティングを担当する方々にとっては、マーケティング活動の多様性が故に、どのサービスやツールを使ってマーケティング戦略を立てるべきか悩むと思います。そのような様々なツールが世の中に存在する中で、メールマーケティングを長所としながらも、マーケティングをまとめて行えるプラットフォームである「GetResponse」は、非常に役立つサービスだと思います。そして、様々な業種、かつ様々な規模の会社のマーケティング担当者にとって今回の記事は、非常に有益な記事になるので、最後までお付き合いください!

そもそもメールマーケティングとは?

ここで、「GetResponse」が特に得意とするメールマーケティングについておさらいしておきましょう。

メールマーケティングとは、集客や商品・ブランドのファン育成、サービスの購入などを目的として、あらかじめ設定した配信リストにメールを配信することです。
もともとメールは1対1のコミュニケーションツールでしたが、現在では1対N(企業)対N(配信リスト)の企業メール配信となっています。近年のメールマーケティングでは、個々の受信者のタイミングや好みに合わせて最適な配信を行う傾向にあります。

メリット

1.紙のダイレクトメールよりも低コストで始められます。
メールマーケティングは、配信システムや効果を検証するためのツールなどの費用が必要です。中には数千円から利用できるものもあり、印刷代がかかる紙のダイレクトメールよりもはるかに低コストで始めることができます。そのため、中小企業や個人事業主でも簡単に実施することができます。また、1回の配信で数十人、数十万人にメッセージを送ることも、あまりお金をかけずに可能です。

2.ユーザーの属性に応じてメールの内容や配信頻度を変えることができます。
ユーザーの属性に合わせて、メールの内容や配信タイミング、配信頻度を設定できるのもメールマーケティングのメリットです。紙のダイレクトメールよりも自由度が高く、コストも抑えられます。また、「商品ページを見たユーザーにクーポンを送る」というように、インターネットとの相性が良いマーケティング手法でもあります。メールには、企業やブランドのSNSや企業サイト、サービスサイトなどへのリンクを含めることもできるので、他の媒体との相乗効果も期待できます。

3.効果検証がしやすい。
メールマーケティングのメリットとして、メールを送信した後の効果検証が簡単にできることが挙げられます。効果検証ツールを導入することで、メール到達率、開封率、CTR(クリック率)、CVR(コンバージョン率)、配信停止率などのデータをすぐに確認することができます。これらのデータをもとに、PDCA(Plan-Do-Check-Action, Evaluate-Improve)サイクルを回すことで、効率的に施策の精度を高めることができます。

主な手法

・メールマガジン
メールマーケティングの代表的な手法は、全顧客を対象にキャンペーンや新商品の告知を行うメールマガジンです。会員登録したユーザーには、メールで一斉に情報を配信します。

・ターゲティングメール(セグメントメール)
ターゲティングメールとは、誕生日や店舗限定クーポンなど、適切な条件を設定してユーザーに送信するメールのことである。メールの内容によっては、ターゲットとなるユーザーは限定されますが、取得したユーザー情報を元にユーザー属性を決定することで、ターゲットとなるユーザーを決定することができます。そのユーザー属性に合ったオファーを出すことで、アクション率の向上が期待できます。
配信ターゲットを分類する際には、メール配信システムやメールマーケティングツールが役立ちます。

・ステップメール
資料請求をした人や商品を購入した人などの条件を満たしたユーザーに対して、配信時期を設定して複数のメールを段階的に送信する方法です。
例えば、資料請求をした人には追加情報を、商品を購入した人にはお礼メールやアンケートなどを配信します。・リターゲティングメール
リターゲティングメールでは、条件を満たしたユーザーに対して、条件に合った内容のメールを配信します。例えば、商品ページを閲覧したユーザーにクーポンを送ったり、カートを離れたユーザーにリマインドを促すこともリターゲティングメールです。リターゲティングメールは、ユーザーに自社サイトや商品ページの再訪を促す効果が期待できます。

プロダクト紹介

概要

GetResponse」は、世界193カ国35万社以上の企業が利用し、年間12億通以上のメール配信を行うメールマーケティングを中心に、ウェビナー、ランディングページ、マーケティングオートメーションなど、ビジネスの成長を支援する総合オンラインマーケティングプラットフォームです。つまり、誰でも簡単にオンラインマーケティングを始めることができる本格的なマーケティングプラットフォームなのです。メーリングリストの作成・配信、ワークフローの自動化、ランディングページの作成、ウェビナーの管理など、ビジネスに必要な機能をすべてオンラインで行うことができます。Web集客の基本ツールとして、Web上での知名度を上げて、成功するビジネスオーナーへの階段を駆け上がろうと考えている場合には、まず非常に有益な機能となるでしょう。基本機能の中には無料で利用できるものもありますので、まずはアカウントを作成するだけでも価値があります。クラウド型なので、利用しないことにコストがかかることもないので、まずは無料でアカウントを開設してみることをおすすめします。

こんな方は特におすすめ

・会員にメルマガを送りたい人、ステップメール(シナリオメール)を送りたい人
・LPやメール、ウェビナーのお知らせを配信したい人
・パイプライン管理を顧客管理に活用したい人

機能

・メールマーケティング

ドラッグ&ドロップエディタを使って、美しいメール画面やオートレスポンダー、メール分析ツール、A/Bテストなどを作成することができます。

マーケティングオートメーション

顧客の反応に応じて、業務の流れに合わせたワークフローを作成することができます。例えば、メールが開封されていない場合は、2日待って別のリマインダーメッセージを送信することができます。フローの作成は、ドラッグ&ドロップするのと同じくらい簡単です。

ランディングページ

HTMLの知識がなくてもテンプレートを使ってランディングページを作ることができます。様々な業種に対応した美しいテンプレートが用意されています。

Webセミナー

Web上でのセミナー開催に必要な機能(招待状の送付、リマインダー、フォローアップメールなど)を利用することができます。

メリット

機能の連動が可能
GetResponseの大きなメリットの1つは、他の機能、特に顧客リストとの連携が可能なことです。例えば、メールマーケティングのリストを使って、ウェビナーや新しいランディングページの告知を配信することができます。大切な顧客の個人情報を一元管理することで、情報に間違いがないので安心して利用することができます。

ビジネスの観点から信頼性が高い
GetResponseは有料サービスなので、無料サービスに比べてビジネス面での信頼性が高いです。セキュリティも責任を持って管理されているので安心です。

手頃な価格で始められる
GetResponseを使えば、月額15ドルという低価格でメールマーケティングを始めることができます。他社のメールマーケティングツールが1,000円~30,000円程度で提供されていることを考えれば、決して高いとは言えません。安くて機能の少ないサービスと比較すると、必要に応じてアップグレードすることでランディングページやウェビナーまで管理できることを考えると、月額15ドルから始めるのは妥当だと思います。

良い口コミ

GetResponseは、マーケティングメールのデザインと配信において非常に信頼性の高い高品質のプラットフォームです。メールが配信されたときの外観と、プラットフォーム内でこれを制御できるレベルが本当に気に入っています。ユーザーインターフェイスはMailChimpほど直感的ではないと思いますが、品質は同じくらい良く、価格はより競争力があり、カスタマーサービスは素晴らしいです。質問があるときはいつでも、ライブチャットのGetResponseチームのメンバーに案内してもらうことができます。(出典:https://www.getapp.com/marketing-software/a/getresponse/reviews/)

 

私は過去3年間このソフトウェアを使用してきましたが、その費用で利用できるオプションの量に満足することはできませんでした。このソフトウェアのすべてをカスタマイズする余地はたくさんあります。オプトインフォームを完全にカスタマイズして、思いつく限りのサイズやデザインにできるのが好きです。それはあなたのウェブサイトのデザインとの一貫性を保ち、ブランディングするのに本当に素晴らしいです。私も持っていランディングページを使用しました。ランディングページは、フォーマットと作成が非常に簡単で、短時間で完了します。それらは完全にカスタマイズ可能であり、Webサイト全体を作成せずにオプチンをすばやく設定したい場合に最適です。私は彼らのプラットフォームを使用して毎週メールを送信しています。このプロセスは私にとって非常に迅速でシームレスなので、過去に送信したメールをテンプレートに変えることができます。各メールの内容を変更して、すぐに送信できます。また、このソフトウェアに非常に多くのツールが統合されていることも気に入っています。オプトインを作成して自動メールを送信したり、サブスクライバーをメインのメールリストにフィルターしたりできます。すべてを1つにまとめることができてうれしいです。(出典:https://www.getapp.com/marketing-software/a/getresponse/reviews/)

 

長所このプラットフォームの使いやすさは、初心者にとっても熟練したユーザーにとっても驚異的です。すぐに立ち上げて実行するのに役立つトレーニングガイドやビデオもあります。プラットフォームには非常に多くの自動化機能があるため、オンボーディングプロセスを自動化するように設定できますが、これらの設定がいかに簡単であるかは信じられません。セットアップを完全にする非常に強力なワークフローエディタがありますメールマーケティングキャンペーンは簡単で、テンプレートは合理的にレイアウトされているため、テンプレートを使用してキャンペーン全体を効率的かつ迅速に構築できます。より複雑な設定が必要な場合は、最初から構築できます。最後に、レポートと統計ツールは非常に堅牢であり、ビジネスに最適なものと、再考が必要なキャンペーンを理解するのに役立ちます。さらに、プロプランはウェビナーマーケティングへのアクセスを提供します。すべてのプランには30日間の無料トライアルが付属しているため、先行投資なしで開始できます。(出典:https://www.getapp.com/marketing-software/a/getresponse/reviews/)

悪い口コミ

プラットフォームの安定性に問題が発生することがあります(PHPエラー)。エンタープライズアカウントのカスタマーサポートは、少し頻繁に変更されています。(出典:https://www.getapp.com/marketing-software/a/getresponse/reviews/)

 

(1)目標到達プロセスの品質と自動保存モードが改善されることを望んでいます(2)GetResponseから送信された電子メールはスパム/プロモーションフォルダに送信される傾向があります(3)サポートが改善される可能性があります(出典:https://www.getapp.com/marketing-software/a/getresponse/reviews/)

まとめ

以上より、「GetResponse」を徹底解説してきました。「GetResponse」は、誰でも簡単にメールマーケティングやランディングページを作成できるオンラインマーケティングプラットフォームです。これを使えば、ビジネスの立ち上げから認知拡大まで、インターネット上での可能性は無限大です。ブランディングやマーケティングをどんどん活用して、Web上での売上を伸ばしていきましょう。メールアドレスと電話認証だけで無料アカウントが作成でき、30日間ダッシュボードを利用できます。メールアドレスと電話認証だけで無料アカウントを作成することができ、30日間ダッシュボードを利用することができます。無料アカウントで全ての機能が利用できるわけではありませんが、基本的な機能は利用できるので、興味のある方は一度登録しておくと良いでしょう。

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. 記事画像

    【2020年最終確定版】最強のMAツールはこれだ!

  2. 記事画像

    Web製作が誰でもできるノーコードツール8選をご紹介

  3. Getresponse

  4. SaaSロゴ

    SocialPilot

  5. SaaSロゴ

    Flipdesk

  6. 特集記事

    強力MAツール×ノーコード!Moosendをご紹介!

  7. 記事作成

    【2020年確定版】ノーコードツールWebflowの最強説を唱える

  8. プロジェクト管理で不動産業の事務をスピードアップ

  9. 特集記事

    【2020年】Microstrategyとは?世界の企業に導入されているBIツール!

人気記事

  1. 記事画像
  2. topimage
  3. 特集記事
  4. canva_log

    4位

    Canva
  5. top_image

おすすめ記事一覧

  1. タスク
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP