おすすめ記事

おすすめ記事一覧

【ブログ運営者必見】サイトにCTAを設置できる「HelloBar」をご紹介!

記事作成

「Web集客は2ステップマーケティングが基本だと聞いたことがあるが、メールアドレスを集めるための設定はどうすればいいのだろうか?」

ブログなどサイトを運営する皆さんだったら、一度はこのように感じたことがあるのではないでしょうか?この記事では、そんな悩みを持つ、特に個人で活躍するブログ運営者の方々のために、WordPressなどで作成したWebサイトにCTAを設置できる「HelloBar」というサービスを紹介したいと思います。是非最後まで拝見してみてくださいね!

ブログ運営者の悩み

ブログ型サイトを利用したWebマーケティングでは、CTA(Call To Action)の設置が必須です。せっかくのアクセスを有効活用できません。

CTAは日本語で「Call To Action」と呼ばれ、訪問者に資料請求を促したり、業種によっては無料相談などに利用することができます。メルマガ登録をCTAにしている人も多いですが、無料とはいえ、最近では純粋にメルマガ登録をしてもらうのは、業界での権威やインフルエンサーのような影響力がないと難しいですよね。無料商品である無料オファーを作って、登録ページであるオプトインページに誘導するのがセオリーだと思います。

ところで、Webサイトを訪問した際にフォローしてくれるCTAを見たことはありますか?それらは様々な形で登場しますが、多くは画面の上部や下部にツールバーを設置してトラッキングCTAを表示させたり、数秒後にポップアップを表示させたりするものです。

通常、この仕組みを設定するのは難しく、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語の知識が必要です。これらの知識がない人にとっては、理解するのが難しいですよね。JavaScriptは本格的なプログラミングの知識が必要になるのです。

そこで、これらの専門的なプログラミング言語を一切使わずにツールバーを作成できる「Hello Bar」というサービスについて解説していきます。一種のノーコードと言えるかもしませんね!

Web集客の基本

自分あるいは他の方々の商品を販売していくことがWebで集客するゴールになります。そんな中で、Webサイトなどを単体で作成しただけでは集客は残念ながら難しいです。サイトのお問い合わせは、文章を考えて項目を入力することになるので、かなりハードルが高く、影響力がなければ、それだけの行動を起こしてくれる人はかなり少なくなるからです。また、ブログ運営では現在SEOは難易度が高めになっているためです。

そんな時は、いかに見込み客を集めるかが重要になります。自分の商品等がある場合に、見込み客を集めるためには、仕組み化する必要があります。具体的には、

1.無料コンテンツに誘導するページにアクセスを集める
2.興味のあるユーザーはメールアドレスを登録する
3.そのメールアドレスにメールを送信して情報を提供する
4.ランディングページで販売する

という流れになります。このように、ブログなどサイトと組み合わせていくことで、Web集客で商品をより効率良く販売できるようになります。

よって、資料請求や無料相談、メルマガの登録などCTA(行動喚起)が必須になってくるのです。「Hello Bar」の意義がより明確化されてきたところで、次回からいよいよ「Hello Bar」の魅力を解説していきます。

プロダクト紹介

概要

アメリカのカリフォルニア州ラミラダに本社があるHello Barが提供する「Hello Bar」は、ツールバーで簡単にCTAを設定できるとサービスになります。ツールバーとは、画面の上部や下部に固定され、サイトへの訪問者をフォローしてくれるバーのことです。このツールバーでは

・メルマガ登録などのメールアドレスの取得
・特定のサイトへの誘導
・ソーシャルアカウントをフォローする
などを簡単に設定することができます。

いずれもWebマーケティングには非常に有効です。プログラミングの専門的な知識は必要ありません。画面操作に沿ってクリックするだけなので、Web初心者でも簡単に設置することができます。現在流行っているノーコードツールの一種と言えるでしょう。しかも、無料とはいえ、機能的には十二分に充実しています。有料のPro版もありますが、月額12ドル(約1,200円)とそこまで高くはありません。設定画面は英語ですが、Googleの日本語訳が使えます。日本語は少しごちゃごちゃしていますが、ニュアンスはわかると思います。

ツールバーの作り方

公式サイトへログイン

公式サイト:https://www.hellobar.com/

まずは公式サイトにアクセスしてみましょう。

Hello Barにユーザー登録

「Hello Bar」にユーザー登録をします。その際、Googleアカウントが必要になります。Googleアカウントでログインしていることを確認し、「お客様のホームページURL」にHelloBarを設置したいホームページやブログのURLを入力します。URLを入力したら、「Googleでログイン」をクリックします。次の画面で「新しいアカウントを作成」をクリックし、HelloBarに登録したいアカウントを任意に選択します。最後に、リクエストを許可しましょう!

ゴールの設定

これから設定するツールバーの目標を設定します。

  • Promote a Sale/Discount→商品の販売の促進
  • Talk to Your Visitors →サイト訪問者からのお問い合わせ
  • Grow Your Mailing List→メルマガやニュースレターの登録
  • Get Facebook Likes→ソーシャルアカウントのフォロー
  • Other→その他

バーの作成

まずは、メアドや名前の情報を入力します。次に、送信ボタンをクリックした後に表示されるメッセージの設定ができます。(デフォルト以外のメッセージを設定するには、有料のPro版に申し込む必要があります。Pro版は月に12ドル(約1200円)になります。)

表示させるバーの形式を選択

まずBar、Modal、Slider、Page Takeoverを選びます。

次に、詳細設定になります。

・Hello Bar branding→ハローバーのロゴを表示・非表示にすることができます。ロゴを非表示にするには、有料会員になる必要があります。

・Animations→この設定では、バーにアニメーションを追加するかどうかを設定することができます。アニメーションは訪問者の注意を惹きつけますが、お好みで。

・Placement→バーを表示する位置を設定できます。右下、右上、左上、左下のいずれかに設定できます。

・When does it display?→バーを表示するタイミングを設定することができます。

デザイン・色・テキストの設定

・Theme→Hello Barには様々なテーマ(デザイン)が用意されています。プレビュー画面を参考に、お好みのテーマを設定してください。

・COLORS→背景色、文字色、ボタン色、ボタン文字色を任意に設定することができます。

・IMAGE→ご自身のパソコンから画像をアップロードして、お好きなように設定することができます。

・TEXT→テキストを設定できます。見出し、キャプション、フォームプレースホルダー、ボタンテキスト、フォントを設定できます。

誰に見せるかの設定

ここではデフォルトの「Everyone」のままでも構いません。最後に「保存」ボタンをクリックします。

WordPressへの設置の仕方

1.プラグインをダウンロード

Hello Barからプラグインをダウンロードします。解凍しないで、zip形式のままにしておきましょう。

2.WordPressにプラグインをインストール

手順は「WordPressの管理画面>新規追加>プラグイン」からプラグインをアップロードします。必ず「zip形式」でアップロードしてください。インストール後に有効化」を忘れずに。これでWordPressへのインストールは完了です。

良い口コミ

私はここ数ヶ月の間に私のブログでHello Barを使用してきましたが、いくつかの理由でかなり便利だと感じました。最も重要なのは、あなたのオーディエンスの構築を開始したり、バイラルに行きやすいようにすることで、あなたのコンテンツの共有性を向上させるCTAを追加することができるという事実です。それは、その柔軟性、シンプルさとあなたが効果的にテストの多くを行うことができるという事実のための素晴らしいツールです。(出典:https://wordpress.org/support/topic/great-tool-682/)

Hello Barは、デジタルマーケティングの開発のためのツールを使用している人や探している人のための非常によく開発された便利なプラグインです。このプラグインを使用すると、シンプルで美しい電子メールのキャプチャボックス(電子メールのオプトイン)を取得することが可能になります。

美しい作品を作ってくれた開発者の皆さん、ありがとうございます!(出典:https://wordpress.org/support/topic/awesome-wordpress-plugin-maravilhoso-plugin/)

ハローバーはあなたのサイトにインストールするのは本当に簡単です。利用可能なテンプレートがあるので、それらを作成するために時間を無駄にする必要はありませんでした。これは、Neil Patelによって作成された製品であり、そのWebサイトは月に数百万回の視聴とコンバージョンを生み出しています。私は本当にうまくいく方法を使うのが好きです。ハローバーは私のビジネスを助けてくれました。(出典:https://www.growthmarketingpro.com/software-reviews/hello-bar/)

Hello Barは、ポップアップを表示するための優れたアプリケーションです。それは私たちのニーズにうまく応えてきました。それは非常に簡単で使いやすいです。セットアップも簡単で、まったく難しくありません。簡単に更新でき、さまざまな方法でカスタマイズできます。有料版は、さらに多くのカスタマイズと機能を提供します。Mailchimpや同様のソフトウェアとうまく統合できます。(出典:https://www.growthmarketingpro.com/software-reviews/hello-bar/)

Hello Barは、訪問者を捕らえ、行きたい場所にキュレートするのに役立ちます。ハローバーは、当サイトの訪問者が最初に訪れる場所の1つであり、顧客として引き込むのに非常に役立ちます。ハローバーは非常に扱いやすく、複雑すぎないので便利です。デザインはシンプルでありながら魅力的です。ツール自体は、構成と管理が簡単です。オプションとして、お客様を惹きつけやすくなっています。それは非常に効果的で役に立ちます。私が本当に気に入っている機能の1つは、A / Bテストです。これは非常に役立ち、使いやすいことが証明されています。(出典:https://www.growthmarketingpro.com/software-reviews/hello-bar/)

悪い口コミ

ハローバーには少し不便があります。たとえば、Zapierを使用してOntraportで構成する必要があります。一部の統合はサポートされていないか、ラウンドアバウト手順が必要です。もっと統合したいです。ただし、改善が行われています。(出典:https://www.growthmarketingpro.com/software-reviews/hello-bar/)

ハローバーは少し高額です。しかし、それは非常に便利であり、それだけの価値があります。反対に、彼らのサブスクリプションは非常に積極的であり、直接オプトアウトするのは簡単ではありません。(出典:https://www.growthmarketingpro.com/software-reviews/hello-bar/)

この製品の欠点は、投稿への追加などで多少制限されます。他のポップアッププラグインとは異なり、制限されている他の小さな個別の機能があります。私が抱えていた大きな問題の1つは、カスタマーサポートです。私は彼らの助けを得るのに本当に苦労しました。彼らはイライラする電話番号を持っていません。ライブチャットは応答に1時間以上かかる場合がありますが、これは特に迅速な支援が必要な場合にはクールではありません。もっとカスタマーサポートに力を入れてもらいたいです。しかし、私はあまり問題に遭遇していないので、通常はサポートは必要ありません。(出典:https://www.growthmarketingpro.com/software-reviews/hello-bar/)

まとめ

この記事では、サイトにCTAを設置できる「HelloBar」について解説しました。こんな機能を簡単に実装できるサービスを探しているみると、優秀なプログラマーが作ったWebサービスが今ではたくさんあります。最新のサービスにフォーカスした情報収集は、あなた自身のWebマーケティングの実践に役立つでしょう。これらの記事を知っているのと知らないのとでは、格差がかなり広がることになりかねませんね!

特に今回は、フリーランスなど個人で活躍するブログ運営者の方々のために書かせて頂きました。皆さんの今後の活躍に期待しています。最後までご覧頂き、ありがとうございました!!

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. Adalo Resource・キーボードショートカットの使い方、動画や音声の埋め込み方法(YouTu…

  2. Adalo Resource・マジックテキスト(スクリーンとコンポーネントセクション)について

  3. Adalo Resource・スライダー(音量調節)とオーディオプレーヤー(スクリーンとコンポーネン…

  4. 記事画像

    【2020年確定版】BtoB型のオンラインマーケットプレイス制作向けノーコードツールを紹介!

  5. 記事画像

    不動産もテレワーク!おすすめタスク管理ツール3選

  6. 記事作成

    ベンチャー向けの最強メールマーケティングサービス【Aweber】とは!?

  7. 記事作成

    【不動産業界必見】ノーコードツール「Landbot」をご紹介!

  8. 記事画像

    【2020年】事務時間激減だけじゃない!プロジェクト効率化ツール【導入事例】

  9. 記事作成

    Bubble・API使用ケース&APIを使う

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. 特集記事
  4. top_image

おすすめ記事一覧

  1. 記事画像
  2. Productivity
  3. 記事画像
  4. top_image
  5. 記事画像
PAGE TOP