おすすめ記事

おすすめ記事一覧

SEO対策バッチリ!キーワード検索ツール「Long tail pro」の正体とは?

最終更新日:2021.01.13
記事作成

Webサイト構築において、キーワード攻略を徹底することで、SEOに強いコンテンツが出来上がります。現在では、Googleで検索上位を勝ち取っていくことが徐々に難しくなりつつありますが、今回は徹底したキーワード検索の攻略ができるツールである「Long tail pro」の正体について明かしていきたいと思います。是非最後までご覧になってください!!

運営者の方々の悩み

ブログやコンテンツを運営されている方々は、キーワードの選び方はどうしていますか?Google検索の上位に位置し、トラフィックを増やすためには、質の高いコンテンツを持つことが非常に重要ですが、効果的で検索される頻度の高いキーワードを選ぶことも非常に重要です。しかし、毎日のようにコンテンツを作成していると、日々のキーワード選定に苦労しますよね。また、キーワードの検索ボリュームという指標があり、検索数の多い人気ワードの場合、当然ながら競合が多くなりがちなので、上位表示は難しいです。この場合、競合は少ないものの、意外と検索されているキーワードを探したいと思うのではないでしょうか。

そのような状況の中で、日本には数多くのキーワード検索ツールがあり、その多くは無料で利用できるものが多いです。しかし、本格的なキーワード戦略を目指す企業や事業者にとって、測定値がやや曖昧で具体的な対策が難しいのが現状ですが、「LongtailPro」はキーワードの競争力を詳細に数値化してくれるので、具体的な対策がしやすいのが特徴です。また、

・最高のロングテールキーワードを見つけることができてない方
・競合他社に勝ってGoogleからのトラフィックを増やしたい方
・検索エンジンで上位にランクインするために、SEOに適したコンテンツを作成したい方

におすすめになっています。特に今回は、個人やフリーランスで活躍するサイト運営者の方々に向けて書かせて頂きます。しかし、SEO対策をしっかりしていきたい方々も勿論、是非参考にして見てください!

SEO対策の重要性

ここで、一度なぜSEO対策をするのか?その重要性について掘り下げていきたいと思います。

1.アクセス数の拡大

SEO対策とは、BtoBマーケティングにおける上流のリードジェネレーション(見込み客の獲得)施策の一つで、その第一段階である自社サイトへのアクセス数を増やすことで、自社サイトへの問い合わせや資料請求などのアクションを増やすために行われます。

企業のホームページの検索結果が上位であればあるほど、企業のホームページへのアクセス数は増えていきます。
特にBtoBの場合は、全体の検索結果の2倍近い5位以内にランクインする必要があるため、SEO対策が重要になってきます。

2.ターゲットへのアプローチ

SEOは、ウェブサイトへのアクセス数を増やすためだけでなく、サービスやソリューションのターゲット層にリーチするためにも非常に重要です。ターゲットには大きく分けて3つのタイプがあります。

1)見込み客(BtoBマーケティングにおけるリードジェネレーション
(2) 見込み客(BtoBマーケティングプロセスにおけるリードナーチャリング
(3) 既存顧客(マーケティングフェーズではなくCRMフェーズに対応

新規顧客の獲得は、(1)見込み客と(2)見込み客をいかにしてBtoBマーケティングのプロセスに持ち込み、最終的には(3)既存顧客に少しでも多くリーチするかに焦点が当てられています。しかし、(1)見込み客と(2)見込み客が求める情報(コンテンツ)は、(1)から(2)へ、(2)から(3)へと移行していく中で異なってくるのは当然のことです。

現在のSEO対策は、「コンテンツマーケティング」が効果的と言われるほどコンテンツ重視(=ユーザーがまず情報を求めている)なので、マーケティングのプロセスごとに最適なキーワードを選定し、ターゲット層に最適なコンテンツを提供するために、SEOを活用することが重要になります。これがSEOが重要な理由です。

プロダクト紹介

概要

LONG TAIL MEDIAが提供するLongtailPro(ロングテール・プロ)は、Googleなどの検索エンジンで効果的なロングテールキーワードを取得できるマーケティングツールです。キーワードを入力するだけで数百個のロングテールキーワードを導き出し、効率よくSEO対策を進めることができます。検索したキーワードは3段階の難易度で表示され、色分けされています。必要なキーワードを選択し、競合他社と比較したり、検索ボリュームや平均クリック単価などのフィルターを作成したりすることができるので、SEO対策やインターネットマーケティングを有利に進めることができます。有料ツールではありますが、7日間の無料トライアルが用意されています。利用価格はプラン制で、フリーミアムになっています。

主要機能

・ロングテールキーワードが数秒で見つかる
・おすすめキーワードを表示する
・キーワードの難易度を測定できる
・競合分析を行う
・1クリックあたりの平均コストがわかる
・月間の検索ボリュームを調べることができる
・キーワードランキングの傾向をグラフでチェックできる
・フィルターを使った作成と検索

特徴

1) 収益性の高いロングテールキーワードを逃さないようにする

優れたコンテンツを作成して順位を上げてくれます。

2) ロングテールキーワードはメインキーワード1つで取得可能

最大400個のロングテールキーワードを数秒で取得できるので、探しているキーワードをすぐに見つけることができます。また、ランク付けをしてわかりやすくすることもできます。

3)競合のキーワード戦略を分析する

競合他社のURLページにアクセスし、キーワード調査ツールに接続することで、簡単に競合他社を分析することができます。

Long Tail Proクラウドバージョンの新機能

デスクトップバージョンのサポートは継続していますが、ソフトウェアの安定性と持続可能性を高めるために、新しいクラウドバージョンに移行しました。

Long Tail Pro Cloudのさまざまな機能の概要を説明するために、いくつかの短いビデオチュートリアルをまとめました。ここでそれらをチェックしてください:www.longtailpro.com/demo-videos

速度

Long Tail Pro Cloudは、デスクトップバージョンよりも50倍以上高速です。クリックしてKCの一括計算を何時間も待つ必要がなく、キーワードのKC結果を30〜60秒で自動的に取得できるようになりました。

場所の独立性

Long Tail Pro CloudはWebベースのアプリなので、どこでも使用できます。古いデスクトップバージョンでは、Long TailProのインストールは3つしか使用できませんでした。これで、いつでも、どこでも、どのデバイスからでもすべてのプロジェクトにアクセスできます。

正確な検索ボリューム

過去2か月間、私たち全員にとって最も苛立たしいことの1つは、Long Tail ProまたはGoogleキーワードプランナーを開いて、恐ろしい「1K-10K」の検索ボリュームの結果を確認したことです。これらのボリューム範囲は、キーワードリサーチの効果を実際に制限します。そのため、AdWordsアカウントの提供を要求する代わりに、LTPクラウドに外部データプロバイダーを使用することを選択しました。

LTP CloudはAdWordsアカウントに依存していないため、アカウントの制限やAdWordsへの費用について心配する必要はありません。LTPは、データサービスプロバイダーのすべての費用を支払い、正確な月間ローカル検索ボリュームを提供します。

ランクトラッカー

Long Tail Pro Cloudには、新しいランクトラッカーのベータ版が含まれています。これをLTPクラウドユーザーに無料で提供できることをうれしく思います。さまざまなキーワードのページランキングを追跡する機能は非常に強力です。それはあなたが最大の成功のためにあなたのウェブサイトのどの部分に焦点を合わせるかを決めるのを助けます。

パーソナルドメイン分析

Long Tail Pro Cloudはドメインを分析し、特定のWebサイトでターゲットにする必要のあるキーワード競争力スコアに関する洞察を提供します。この分析は、検索エンジンがドメインに与える権限に基づいています。ターゲットとする適切なキーワードの選択を支援するだけでなく、ドメインのマジェスティックトラストフローと引用フローのスコアとバックリンクの数も提供するため、キーワードの調査を行うときにドメインの強さを追跡できます。

収入の可能性を評価する:ランク値の紹介

キーワードの収益性を評価するのに役立つランク値と呼ばれる新しい指標を導入しました。ランク値は、特定のキーワードの1位にランク付けされた場合の推定金額です。

言い換えれば、それはあなたが与えられたキーワードのためにあなたのウェブサイトをナンバーワンの場所にランク付けすることができればあなたがどれだけのお金を稼ぐかを推定します。AdWordsとAmazonのアフィリエイトの収入を計算するアルゴリズムと、eコマースサイトのカスタム計算が含まれています。

良い口コミ

始めたばかりの人に良い

Longtail Proは、オンラインで始めたばかりの場合、手頃なSEOツールです。プラットフォームには、キーワード調査と被リンク分析を行うために必要な機能があります。

エントリーティアプランは素晴らしいです。私はまた、彼らが利用できる生涯取引が限られているという事実が好きです。(出典:https://launchspace.net/software/review/longtail-pro/)

ブロガーや中小企業の所有者のための素晴らしいツール

私は自分のサイトのブロガーです。ahrefsやその他の主要なSEOツールの1つに月額99ドルを費やす予算がありません。ロングテールプロは私の予算に合っています。

Longtail Proは、キーワードおよび競合他社の調査を実施するために必要なデータを提供してくれます。それは私が私のウェブサイトへのより多くのトラフィックを得るのを助けるために重要でした、そしてそれは銀行のお金に変換されます。(出典:https://launchspace.net/software/review/longtail-pro/)

優れたオールラウンドSEOツール

クライアントのSEOキャンペーンにLongtailProを使用しています。使い方は簡単で、インターフェースはすっきりしていて、非常に効果的で強力です。ほとんどのマーケターは、ロングテールプロが周りの最高のキーワード研究ツールの1つであることに同意すると思います。必要なものすべてをカバーします。(出典:https://launchspace.net/software/review/longtail-pro/)

Longtail Proは、ブロガー向けの強力なSEOツールです。

私はLongtailProを2年以上使用していますが、それはどんどん良くなっています。それは私と私のVAがより高いランキングを達成するのを助け、その結果私の会社のより多くの収入をもたらしました。

ソフトウェアは使いやすいと思います。ウェブサイトの統計をすばやく確認し、コンテンツに役立つキーワードを特定できます。サポートも本当に良いです。(出典:https://launchspace.net/software/review/longtail-pro/)

驚くべきオールインワンSEOソリューション

Longtail Proは私のお気に入りのSEO武器であり、検索ランキングを上げるのに役立ちました。ここにいくつかの利点があります:

1)キーワード研究を速くすること。キーワードエクスプローラーには多くのデータがあります。検索ボリュームを表示し、信頼できるキーワード難易度インジケーターを備えています。
2)ランクトラッカー。選択した競合他社のランキングが時間の経過とともにどのように変化しているかを示します。これは私が行動できる洞察を私に与えます。(出典:https://launchspace.net/software/review/longtail-pro/)

悪い口コミ

信頼フローの追跡に使用するMajesticSEOや、トラフィック量とDRのahrefなどの他のSEOツールと組み合わせて使用​​する必要があります。(出典:https://launchspace.net/software/review/longtail-pro/)

SEOの全体像を把握するには、他のツールを使用する必要があります。しかし、最初はロングテールプロで十分でした。(出典:https://launchspace.net/software/review/longtail-pro/)

インターフェースはナビゲートしやすいですが、それは彼らが改善できるものです。また、SEOに真剣に取り組んでいる場合は、セカンダリツールで提供されるデータを再確認することをお勧めします。しかし、これらは大きな問題ではありません。(出典:https://launchspace.net/software/review/longtail-pro/)

まとめ

このように、「Long tail pro」について徹底解説していきました。やはり、口コミでもあったように、SEO対策をしたいブロガーに非常に高い評価を得ていることが分かります。様々なキーワード検索ツールがある中で、徹底したキーワード検索ができるという意味で、非常に役立つツールだと思うので、是非検討してみてください!!

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. 記事画像

    【導入事例】顧客データおよそ8万社を管理するためのSaaS選びとは? インタビュー先:株式会社ジェイ…

  2. SaaSロゴ

    Moosend

  3. 特集記事

    【編集・加工】画像編集ソフト Luminar4をご紹介!

  4. 記事画像

    不動産もテレワーク!おすすめタスク管理ツール3選

  5. 特集記事

    インスタやTwitterのフォロー整理に最適!SNS管理ツール「Crowdfire」をご紹介

  6. 特集記事

    爆速でスマホアプリ開発!Adaloとは?

  7. 記事画像

    Glide、Adalo、bubbleとは?アプリケーション開発向けノーコードツール3つを比較

  8. 特集記事

    NordVPNをご紹介!Netflixユーザーにもおすすめ!

  9. topimage

    bubbleとAdalo徹底比較!Webサービスやネイティブアプリを簡単に作れるおすすめノーコードツ…

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. 勤怠管理
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 記事画像
  5. 記事画像
PAGE TOP