おすすめ記事

おすすめ記事一覧

BubbleのDNSレコードの設定を徹底解説!!

記事作成

皆さん、ごきげんよう!!

今回の記事では、前半パートにBubbleにおけるDNSレコードの設定方法の概要について、後半パートではDNSレコードの設定方法のよくある質問について解説していきます。特に後半パートでは、前半パートを実践的により細かく掘り下げたFAQ形式になっているので、是非参考にしてください。

DNSレコードの設定

概要

2019年10月以前にBubbleアプリにカスタムドメイン名を割り当てていた場合は、レガシーカスタマーとみなされます。

これまでにバブルアプリにカスタムドメインを割り当てたことがない場合は、「レガシーカスタマー」と記載されている指示を無視してください。

カスタムドメインを設定するには、3つの要素があります。

1.NameCheapやDreamHostなどのレジストラで独自ドメインを購入する

2.独自ドメインとSSLでカバーされているBubbleで独自ドメインを登録する

3.ネームサーバーを設定する

ドメインには主に2つの種類があり、app.example.comという形式のサブドメインと www.example.com/example.comになります。

(app.example.com)

カスタムドメインがapp.example.comの形式の場合、Bubbleアプリの「設定」→「ドメイン」でカスタムドメインを登録できます

Bubbleは、レジストラで2つのレコードを作成するように指示します。レコードは以下の形式になります。

Type: A Name: app Value: 104.xxx.xxx.xxx
Type: A Name: app Value: 104.xxx.xxx.xxx

これらは冗長性のために提供されていますが、ほとんどの場合、カスタムドメインはどちらか一方または両方と同じように動作します。

これらはレジストラで入力することができます。

BubbleとCloudflareがあなたのドメインが更新されたことを確認すると、カスタムドメインが動作します。

(example.com) または (www.example.com)

あなたのユーザーは、一般的にexample.comwww.example.comでドメインをロードできることでしょう。SEOの目的のために、これらのうちの1つだけを他のアドレスにリダイレクトします。

例えば、カスタムドメインとしてexample.comを入力すると、www.example.comは自動的にexample.comにリダイレクトされます。

カスタムドメインを選択すると、Bubbleはレジストラで4つのレコードを作成するように指示します。レコードは次のような形式になります。

Type: A Name: Value: 104.xxx.xxx.xxx
Type: A Name: Value: 104.xxx.xxx.xxx
Type: A Name: www Value: 104.xxx.xxx.xxx

これらは冗長性のために提供されていますが、ほとんどの場合、カスタムドメインはどちらのドメインでも同じように動作し、ベアドメイン用に少なくとも1つ、www用に少なくとも1つのレコードを持っていれば大丈夫です。

次のパートの、DNSレコードに関するよくある質問の内容も参照してくださいね

DNSレコードの設定に関するよくある質問(FAQ)

Q. ドメインをCloudflareに移行するにはどのくらいの期間がかかりますか?

A. DNSレコードの更新にかかる時間にもよりますが、2分から数時間かかります。

カスタムドメインを BubbleとCloudflare に登録した時点で、ドメインは両方のサービスに登録されています。正しく動作するためには、CloudflareがDNSエントリが自社のサーバーを指していることを確認する必要があります。

DNSレコードを更新(レコードの追加、削除、または名前の変更)すると、レコードが利用可能な状態になるまでの時間は、レコードのTTL(TIME TO LIVE)値によって決定されます。

レジストラでレコードを変更し、そのレコードのTTLが1時間であるとします。1時間後には、そのサーバーがあなたの新しいレコードをインターネットに報告していると確信することができます。しかし、インターネット上には多くのネームサーバーがあり、そのすべてが最新のレコードを持っている必要があります。平均的には、あなたの記録はTTLの2倍の長さでインターネット上にブロードキャストされることが期待できます。あなたのTTLが1時間の場合、2時間後にあなたのレコードがどこにでもあることを期待してください。

記録がすべての場所で更新されると、Cloudflare はお客様がドメインを所有していることを確認し、アプリがアクティブになります。

Q. 私はレガシーカスタマーです。Cloudflare を一時的に無効にするにはどうすればいいですか?

A. DNSレコードを以前使用していたAレコードに戻してください。

Cloudflareが原因と思われる問題が発生している場合は、DNSレコードをA 104.xxx.xxx.xxxから以前割り当てられていたAレコードに変更することで、一時的にCloudflareを無効にすることができます。

問題の原因を特定し、Cloudflareを元に戻す準備ができたら、Aレコードを削除し、Bubbleが提供してくれたAレコードと交換してください。

Q. 「この接続は安全ではありません」というエラーが表示されるのはなぜですか?

A. Cloudflareはまだドメインを検証していません。

「詳細設定」をクリックしてから証明書の詳細を見て、証明書の形式が ssl123456.cloudflare.net である場合、DNS エントリは正しい場所を指していますが、Cloudflare はまだお客様のドメインを検証していません。1時間ほどお待ちいただき、再度ご確認ください。

Q. 自分のサイトがCloudflareで動作していることをどうやって知ることができますか?

A. いくつかのツールがあります。

まずは、ドメインレコードが伝播したかどうかを確認するためのGoogle DNSルックアップツールです。ドメインレコードを変更したら、Aレコードタブに移動して、Aレコードが伝播したかどうかを確認することができます。

mywebpage.us. 299 IN A 104.19.241.93
mywebpage.us. 299 IN A 104.19.240.93

What’s my DNSのようなサービスを利用することもできます。このページでは、いくつかの空のエントリが表示されていることは珍しくありません。

Cloudflare は、/cdn-cgi/trace にあるドメインでホストされているすべてのサイトの特定のルート上にページを提供しています。bubble.io/cdn-cgi/trace で bubble のページを見ることができます。’bubble.io’ を独自のカスタムドメインに置き換えて(ロードされたら)、動作しているかどうかを確認してください。

出力は以下のようになります。

fl=xxxxx
h=bubble.io
ip=xxx.xxx.xxx.xxx
ts=1572657558.41
visit_scheme=http
uag=Mozilla/5.0 […]
colo=EWR
http=http/1.1
loc=US
tls=off
sni=off
warp=off

Q. ここにあるすべての指示に従ったのですが、「この接続は安全ではありません」と表示されます。何が原因ですか?

A. お客様のドメインでSSL証明書を発行できない可能性があります。CAAレコードを削除して、再度お試しください。
Google DNSルックアップツールのCAAタブにアクセスして、あなたの裸のドメイン(例:example.com)にCAAレコードがあるかどうかを確認してください。CAAレコードは、どの証明書プロバイダがドメインの証明書を発行できるかを制限します。(Bubbleアプリのうち、CAAレコードを持っているのは約1%だけです)。

例えば、このツールでgoogle.comを調べると、以下のようなレコードが表示されます。

id 61662
opcode QUERY
rcode NOERROR
flags QR RD RA
;QUESTION
google.com. IN CAA
;ANSWER
google.com. 21599 IN CAA 0 issue “pki.goog”
;AUTHORITY
;ADDITIONAL

つまり、google.comドメインにまたがるサイトの証明書発行は、pki.googのみが許可されているということです。

SSL証明書の発行は、あなたのサイトをBubbleとCloudflareで動作させるための重要な部分なので、CAAのレコードを見つけたら、それを削除してください。あなたのサイトは数分で動作を開始するはずです。

Q. Cloudflareをオンにしたばかりなのに、525件のエラーが出てしまいました。何が起こっているのでしょうか?

A. 1時間ほど待ってから再度確認してください。
Cloudflareに切り替える前にSSLを使用していなかったレガシーカスタマーの場合、一部のバブルのサーバーでは更新された証明書を利用できない場合があります。お客様のアプリがBubbleでホストされているOriginサーバーが、安全でないコンテンツ(http)を安全なコンテンツ(https)を期待しているサーバーに提供すると、525エラーが発生します。すべてのサーバーのSSLと証明書の設定は1時間に1回更新されますので、最近設定を変更された場合は、しばらく待ってから再度お試しください。

Q. 1001エラーが出た場合はどうすればいいですか?

A. Aレコードを確認し、2時間ほど待ってから再度確認してください。
Cloudflareは、AレコードがバブルのIPを指しているかどうかを確認する必要があります。A レコードが正しいと確信した場合、Cloudflare は数日間にわたってレコードの再チェックを予定しています (1 分間隔で開始し、チェック間の時間を最大 2 時間に増やします)。2時間経っても1001のエラーが表示される場合は、Bubbleにアクセスしてカスタムドメインを削除し、1分待ってから再作成してください。

Q. 私のサイトで1014のエラーが発生しています。

A. DNSにCloudflareを使用している場合は、プロキシをオフにしてください。
1014エラーが発生する一番の原因は、Cloudflare for DNSを使用していて、「オレンジクラウド」(プロキシ)の設定をしている場合です。オレンジ色の雲をクリックするとプロキシをオフにすることができます(結果的にグレーの雲になります)。

Q. Cloudflare移行後に別の問題が発生していますが、ここでは答えられていません。どうすればいいですか?

A. 状況によります。
フォーラムを検索して、他の人があなたと同じ問題を抱えていないかどうかを確認することができます。
ここやあちこちで答えが見つからない場合は、バグレポートを提出してください。

まとめ

今回は、Bubbleにおいて、独自ドメインを使用する際のDNS設定について詳しく解説していきました。特に後半パートの部分は、実際に困った時により参考になるのではないでしょうか。それぞれの状況に合わせて、Bubbleアプリに独自ドメインを使用してみてはいかがでしょうか。

ここまでご覧頂き、ありがとうございました!!

臼井 崇

臼井 崇

テコンドー学生チャンピオン|2010年(H22年)に野村證券入社 ⇒ 5年半ザ・野菜を経験 |2015年10月からみずほFGにて金融商品のリスク管理業務に従事|2020年7月からファウンダーズに|金融からIT 、大手からベンチャーとそれぞれの観点からお役に立ちそうな情報を発信します!
日本に限らず海外のSaaSの紹介や、SaaS特集記事を取り上げていきます!
ご相談・お問い合わせは下記ボタンよりお願いします。







関連記事

  1. topimage

    bubbleとAdalo徹底比較!Webサービスやネイティブアプリを簡単に作れるおすすめノーコードツ…

  2. 記事画像

    Web製作が誰でもできるノーコードツール8選をご紹介

  3. canva_log

    Canva

  4. tribe

    Tribe

  5. Adalo Resource・スライダー(音量調節)とオーディオプレーヤー(スクリーンとコンポーネン…

  6. 特集記事

    強力MAツール×ノーコード!Moosendをご紹介!

  7. 記事作成

    Bubbleのバルク操作・コメント・コラボレーションを紹介!!

  8. SaaSロゴ

    Yappli

  9. Adalo Resource・キーボードショートカットの使い方、動画や音声の埋め込み方法(YouTu…

人気記事

  1. topimage
  2. 記事画像
  3. top_image
  4. 特集記事

おすすめ記事一覧

  1. Bubble
  2. top_image
  3. 記事画像
  4. Productivity
  5. タスク
PAGE TOP